市村慶三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
市村慶三

市村 慶三(いちむら けいぞう、1884年明治17年)2月 - 1959年昭和34年)1月8日)は、日本の内務官僚政治家県知事京都市長。旧姓・古川。

経歴[編集]

京都府出身。古川専太郎の三男として生まれ、市村貞蔵の養子となる。第三高等学校を経て、1910年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入り北海道庁属となる。

以後、北海道庁警視神奈川県橘樹郡長、千葉県兵庫県の各理事官奈良県警察部長、皇宮警察長、内務省参事官宮内事務官神奈川県書記官・内務部長、警視庁書記官官房主事などを歴任。

1926年8月、福井県知事に就任。以後、愛媛県三重県の各知事を経て、1931年11月、鹿児島県知事に就任。鹿児島飛行場建設や、大島郡産業振興計画の推進に尽力。足立内務部長との対立により、1935年1月、両者とも休職となり[1]、市村は同年に退官した。

1936年6月に京都市長に就任し、1940年6月まで在任した。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『新編日本の歴代知事』1109頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。