加戸守行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
加戸守行
かと もりゆき
生年月日 (1934-09-18) 1934年9月18日(83歳)
出生地 関東州大連市
出身校 東京大学法学部
愛媛県立八幡浜高等学校
前職 日本音楽著作権協会理事長
所属政党 無所属
称号 旭日重光章
法学士東京大学1957年

愛媛県の旗 民選第14~16代 愛媛県知事
当選回数 3回
在任期間 1999年1月28日 - 2010年11月30日
テンプレートを表示

加戸 守行(かと もりゆき、1934年9月18日 - )は、日本政治家。元愛媛県知事(第14~16代)、元文部官僚、「美しい日本の憲法をつくる愛媛県民の会」実行委員長、日本会議愛媛県支部相談役[1]

経歴[編集]

知事就任前

関東州大連市に生まれる。愛媛県八幡浜市愛媛県立八幡浜高等学校を卒業。東京大学法学部1957年に卒業し、文部省(現文部科学省)に入省[要出典]

その後、1970年7月から1974年6月まで文化庁著作権課長として著作権法施行令及び同法施行規則を制定、ベルヌ万国両条約パリ改正会議など著作権関係国際会議に8回出席している。1983年6月、文化庁文化部長。1983年10月、文化庁次長として著作権法一部改正など5本の法案を担当・成立させた。現行の著作権法の草稿執筆者としても知られる。1988年に同省の大臣官房長に就任。1989年4月12日、西岡武夫文部大臣の下、阿部充夫事務次官を残して、省内主流の加戸・吉村澄一初等中等教育局長・斎藤諦淳生涯学習局長らがリクルート事件に連座して辞職。その後日本芸術文化振興会理事長、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事長などを歴任[要出典]

知事就任後

1999年に愛媛県知事選に出馬。現職の伊賀貞雪知事を破り、初当選。2010年まで3期12年務めた。全国の都道府県知事で唯一の文部省出身であった。

2010年5月26日に任期満了前の引退の意向を示し[2]、同年9月14日の県議会で任期満了前に退任することを正式に表明した[3]。任期を2ヶ月残して退任することは「正月明けの選挙を避け、来年度予算や人事を新知事に委ねるため」[4]としていた。2010年11月30日に退任。退任会見では、12年間で氏だからこそできた施策として愛媛県武道館の建設、後悔の残ることとして義務教育費国庫負担の国の負担率引き下げを挙げた[5]

知事退任後

2011年度より大阪国際大学客員教授を務める。2012年、秋の叙勲において旭日重光章を受章。2013年1月より教育再生実行会議の委員を務める。

加戸県政[編集]

前任の伊賀県政が閉塞的な状況に陥っていたため、知事の交代は県民や県職員に歓迎された。ものも言えない雰囲気といわれ沈滞を極めていた状況が一変した[要出典]県民の目線で施策を進めるべしというのが信条[要出典]

財政状況はかんばしくなく、大型の「箱物」の整備は無理な状況であり、さまざまな「箱物」を手がけ、県債の山を残した伊賀県政とは明暗を分けている[要出典]

全国唯一の文部科学省出身知事として、義務教育費国庫負担堅持が持論。だが、全国知事会の中では少数派[要出典]

主要な施策[編集]

(順不同)

スポーツ政策は、伊賀前知事の時代は優先順位が低く、老朽化していた愛媛県武道館の新築・移転が一気に実現したことは関係者には歓迎された。だが、手抜き工事の発覚によって皮肉にも看板施策に泥を塗られる結果となった[要出典]
県と県内主要企業の出資によるえひめ映画製作委員会を設立し、全編愛媛ロケによる映画「船を降りたら彼女の島」(監督・磯村一路、主演・木村佳乃)を製作した[要出典]
県内に5箇所あった地方出先機関「地方局」を、その機能を見直したうえ、2008年より、東予中予南予の3箇所に集約した[要出典]

歴史教科書採択問題[編集]

2001年、2002年の県立中学(中高一貫校)、県立学校の教科書採択に際し、注目された歴史教科書について、賛否両論があるなか、「扶桑社版がベスト」と発言。県教育委員会は扶桑社版(いわゆる「つくる会」教科書)を採用。当時の県教育長も知事の意向を汲んだとの発言をしており、一部では知事の教育への介入ではないかと議論を呼んだ[6][7]。採択理由について当時の土居教育委員会委員長は記者会見で「自国の文化と伝統の特色を広い立場から考えさせ、国民としての自覚を育てるという(学習指導要領の)教育目標に最も沿った教科書と判断した」と述べた。[8]

2005年8月の採択でも、県立学校では扶桑社版を引き続き採用した。

2009年8月の採択では、県教育委員会による県立学校の扶桑社版歴史教科書採用に続き、今治市越智郡上島町の教育委員会でも、2010年度から管内の公立中学校で扶桑社版の歴史および公民教科書を採用することを決めた[9][10]

発言[編集]

飲酒運転で摘発された県議[編集]

2004年1月18日、愛媛県警・松山南署が行った飲酒検問で西条市選出の渡部浩自民党県議が飲酒運転の疑いで現行犯逮捕された。議会からは「自発的な辞職を求めるべきだ」との声が上がったが、知事は22日の会見で「適切ではなく、大変残念だ」と表明しながら、議会が求めている議員辞職については「県議としての活動が継続出来なくなるような重大な事態とまでは思っていない。進退は御本人が判断されること」とコメントした。

加計学園問題[編集]

「ゆがめられた行政が正された」「報道しない自由」[編集]

前愛媛県知事として、今治市の特区申請に関して役所への事前相談を行っていたことから[11]、2017年7月10日、24-25日の閉会中審査に呼ばれて加計学園問題に関する発言をしたが、一部メディアにしか報道されず、報道しない自由が行使されたと批判している[12]

  • 2017年7月10日の閉会中審査で加戸が「愛媛県にとっては、12年間加計ありきだった。今さら1、2年の間で加計ありきじゃない」、「10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられてきた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」などと述べる[12]。この発言を朝日新聞毎日新聞は報じなかった[12][13]
  • 2017年7月24日閉会中審査で、加戸守行が「安倍首相にかけられた、あらぬ濡れ衣を晴らす役に立ちたい」と発言[14]夕刊フジは、この発言を朝日新聞毎日新聞は報じなかったとしている[15]
  • 7月25日の閉会中審査で、青山繁晴が7月10日の閉会中審査の報道について、「加戸参考人が経緯を含めて、とても分かりやすくお話しいただいたが、ほとんど報道されなかった。ちなみに、僕という国会議員は、この世にいないかのような扱いになっていたが、それは、有権者には申し訳ないけど、はっきり言ってどうでもよいこと。問題は、当事者の前川参考人と並んで、一方の当事者の加戸参考人が、まるでいなかったがごとく扱われたということ」とメディアを批判し、加戸に「今回のメディアの様子を含めて、社会の様子を、どのようにお考えか」と質問、加戸は「私も霞が関で30数年生活し、私の知る限り今まで、メディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いないだろうと思っているし、ここで何を申し上げてもせんないことかなと感じている」[16]、「報道しない自由があるのも有力な手段、印象操作も有力な手段。マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかない」と発言している[17][注 1]。J-CASTによると、この発言を紙面で報じたのは毎日新聞のみ、産経新聞はウェブサイトのみ、朝日新聞読売新聞は報じなかった[16]
  • 同日の閉会中審査で、加戸が取材時にテレビ局に見せられた前川のインタビュー映像で、加戸が第1次安倍内閣教育再生実行会議の委員になった理由を、前川が「あれは安倍首相が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を会議で発言してもらうために頼んだんですよ」と述べた映像を見たため、その場で記者に否定し「安倍首相が加戸氏に頼んだ」という部分は全国放送されなかったと主張している[18]。加戸は、「(前川氏は)安倍首相をたたくために、全国に流れるテレビの取材に応じた。私の取材ができていなければ、流れていたかもしれない」とし、「なぜ虚構の話をするのか。作り話をしなければならない彼の心情が理解できない」と前川を批判している[18][17][19][注 2]産経新聞によると、この発言を朝日新聞は一切報じず、直後に前川が答弁した「誤解だ。『総理に頼まれてその発言をした』と言った覚えはない[18]」という発言のみを報じた[21]

「NHKは朝日や毎日よりも偏向がひどい」[編集]

加計学園問題の報道について、会長が代わってからのNHKの報道姿勢は朝日新聞毎日新聞よりも偏向がひどく、TBSと変わらないほどだと批判している[22]

TBSなどが、前川喜平によるものとされる「安倍晋三首相が加戸に教育再生会議の委員を頼んで獣医学部の話をした」という証言[注 3]を報じた後、加戸はNHKのインタビューを受け「加戸さんは頼まれて、教育再生会議で獣医学部の話をしたんですか[注 4]」と聞かれたという[22]。加戸は否定したが、NHKはその後も同じ質問を繰り返し、結局4回も同じことを聞かれその度に否定することになった[22]。このインタビュー内容が一切報じられなかったため、加戸は「暗に自分の主張に沿わない意見を述べた加戸氏の発言をNHKが封殺したのではないか」と疑問を呈している[22]

著作[編集]

  • 『著作権法逐条講義』(社団法人著作権情報センター
  • 『我が流儀は「加戸流」』(愛媛ジャーナル、2001年)・・・放送でのインタビューをまとめたもの

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 阿比留瑠比は、7月10日の加戸の発言を朝日新聞毎日新聞では報じなかったとしている[12]
  2. ^ 第1次安倍内閣でも、獣医学部の申請は一切認められていない[20]
  3. ^ 前川は発言を否定している[18]
  4. ^ 教育再生会議で加計学園の話題が出たことは全くない[要出典]

出典[編集]

  1. ^ “加計問題のキーパーソン? 加戸前愛媛県知事の研究”. 東京新聞. (2017年7月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017071502000175.html 2017年7月31日閲覧。 
  2. ^ “加戸・愛媛県知事、今秋引退へ”. 読売新聞. (2010年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100526-OYT1T00953.htm 2010年5月26日閲覧。 
  3. ^ “75歳の愛媛県・加戸知事、退任を正式表明 県議会初日「最善と決断」”. 産経新聞 (msn産経ニュース). (2010年9月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100914/lcl1009141233002-n1.htm 2010年10月25日閲覧。 
  4. ^ “知力、体力、気力の限界…愛媛知事が退任表明”. 読売新聞. (2010年9月14日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20100914-OYT1T00442.htm 2010年10月25日閲覧。 
  5. ^ 愛媛県庁 (2010年11月30日). “平成22年度11月知事定例記者会見(退任会見)の要旨について”. 2011年9月8日閲覧。
  6. ^ 「愛媛県教育委員会『つくる会の歴史教科書』を採択」『朝日新聞』2002年8月15日付。
  7. ^ 「扶桑社より東京書籍評価 愛媛県教委の審議会答申」『京都新聞』2002年8月16日付。
  8. ^ 『愛媛県「つくる会」採択 歴史教科書、公立2例目 養護学校一部などで』 読売新聞 東京朝刊 二面 2001年8月9日
  9. ^ 『「新しい歴史教科書」今治市教委が採択 来年度から中学校=愛媛』 読売新聞 大阪朝刊 愛南予 2009年8月28日
  10. ^ 『扶桑社の歴史教科書、上島町教委が採択=愛媛』読売新聞 大阪朝刊 愛南予 2009年8月29日
  11. ^ “加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」”. 産経新聞. (2017年7月30日). http://www.sankei.com/politics/news/170730/plt1707300005-n1.html 2017年8月1日閲覧。 
  12. ^ a b c d 阿比留瑠比 (2017年7月18日). “行政がゆがめられた実例とは 朝日・毎日の紙面では“存在しなかった”加戸氏証言 論説委員兼政治部編集委員・阿比留瑠比”. 産経ニュース (産経新聞社). http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180003-n1.html 2017年7月29日閲覧。 
  13. ^ “朝日&毎日新聞は「加戸証言」どう報じる? 「加計問題」で問われるメディアの報道姿勢”. 夕刊フジ (産経新聞社). (2017年7月24日). http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170724/soc1707240025-n2.html 2017年7月29日閲覧。 
  14. ^ “崩れた「加計ありき」 揺れる前川喜平前次官証言、論拠示せず 加戸守行前愛媛県知事は「濡れ衣晴らす」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月24日). http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240064-n1.html 2017年7月27日閲覧。 
  15. ^ “朝日&毎日、やっと報じた加戸氏証言 両紙ともに「濡れ衣」部分は触れず”. iza (産経デジタル). (2017年7月26日). http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170726/plt17072621100012-n1.html?utm_source=yahoo%20news%20feed&utm_medium=referral&utm_campaign=related_link 2017年7月27日閲覧。 
  16. ^ a b “加戸氏の「報道しない自由」「印象操作」指摘 新聞各紙ほぼ報じず”. J-CASTニュース. (2017年7月25日). https://www.j-cast.com/2017/07/26304265.html?p=all 2017年7月27日閲覧。 
  17. ^ a b “<速報>加戸守行前愛媛県知事がスバリ指摘 「前川喜平氏は想像を全部事実のように発言している。精神構造を疑う」「メディアは報道しない自由、印象操作は有力な手段」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250038-n1.html 2017年7月25日閲覧。 
  18. ^ a b c d “文科省OB批判の応酬…加戸前知事と前川前次官”. 読売新聞. (2017年7月25日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170725-OYT1T50081.html 2017年7月26日閲覧。 
  19. ^ “加戸vs前川「前川の精神構造を疑う」「加戸先輩が捏造するとは思わないから誤解だ」 文科省の先輩と後輩の対決再び”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/170725/plt1707250038-n1.html 2017年7月25日閲覧。 
  20. ^ 門田隆将 (2017年6月16日). “森友問題から加計問題 駄々っ子の喧嘩のような低レベルな「国会」 印象操作に興じる「新聞」はもはや社会の木鐸ではない! 作家・ジャーナリスト・門田隆将”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/column/news/170618/clm1706180006-n1.html 
  21. ^ “加計問題 朝日「前川証言ありき」 加戸氏発言また無視”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月27日) 
  22. ^ a b c d “加戸守行前愛媛県知事「NHKはTBS並みになってきた」「同じ質問を4回も…」意に沿わぬ回答は一切使わず「一定の方向性持って報道している」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月30日). http://www.sankei.com/politics/news/170730/plt1707300008-n1.html 2017年8月1日閲覧。