須賀龍郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
須賀 龍郎
すが たつろう
生年月日 (1924-09-29) 1924年9月29日
出生地 鹿児島県指宿市
没年月日 (2015-01-16) 2015年1月16日(90歳没)
死没地 鹿児島県鹿児島市
出身校 天理語学専門学校(現・天理大学) 卒業
前職 鹿児島県副知事
所属政党 無所属
称号 旭日重光章

Flag of Kagoshima Prefecture.svg 民選第14-15代 鹿児島県知事
当選回数 2回
在任期間 1996年7月31日 - 2004年7月27日
テンプレートを表示

須賀 龍郎(すが たつろう、1924年9月29日 - 2015年1月16日)は日本の政治家鹿児島県知事を2期8年務めた。

来歴[編集]

1924(大正13)年、鹿児島県指宿市出身。1944年に天理語学専門学校(現・天理大学)を卒業。1948年に鹿児島県庁に入庁し、東京事務所長や企画部長、総務部長を歴任した。1983年に退職して県開発公社(現 公益財団法人鹿児島県地域振興公社)副理事長となり、翌1984年に県の出納長に就任。その後副知事に就任。

1996年1月に脳梗塞で倒れ、執務不能となった土屋佳照知事(1996年6月26日辞職)の職務代理者を、同年5月15日から知事選立候補のため副知事を辞職した7月6日まで務めた[1]。その後、土屋の後任を選ぶ知事選挙に自民党新進党社会党新党さきがけ公明党の推薦を得て出馬して当選を果たす。初の鹿児島県庁職員生え抜きの知事となった[2]

1999年には胃癌で入院したが、翌年の県知事選挙に出馬し、自民党、民主党、公明党、自由連合の推薦を得て再選。2004年の知事選には出馬せず、当時の現職知事では最高齢、最後の大正生まれの知事[3]として退任した。

県庁在任中から九州新幹線鹿児島ルート(2004年鹿児島中央 - 新八代部分開業)の整備に尽力したほか、県知事在任中にはマリンポートかごしまの建設を進めた[4]2002年就航鹿児島 - 上海間の定期航空路線の誘致活動にも尽くし、2003年には九州電力川内原子力発電所3号機の増設を巡って、「調査と増設は別」として、環境影響調査の受け入れを表明した[5]

知事退任後の2004年(80歳)に鹿児島空港ビルディングの社長に就任。尚、前任者は高齢(80歳)を理由に退職している。2005年旭日重光章を受章。2015年1月16日、脳梗塞のため鹿児島市医師会病院で死去した[6]。90歳没。

人物[編集]

座右の銘は「誠心誠意」。在任中に西千石町山下小学校前の鹿児島県住宅供給公社再開発マンション最上階のフロアを抽選無しで購入したため権力の濫用との声もあった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鹿児島県告示第902号の2(知事の職務代理、平成8年5月14日発行「鹿児島県公報号外」所収、Wikisource-logo.svg 原文
  2. ^ 前鹿児島県知事 須賀龍郎さん死去”. 2015年1月17日閲覧。]鹿児島読売テレビ
  3. ^ 【おくやみ】須賀龍郎氏 前鹿児島県知事”. 2015年1月18日閲覧。TOKYO Web 東京新聞
  4. ^ 元県知事の須賀龍郎さん死去”. 2015年1月17日閲覧。KTS鹿児島テレビニュース
  5. ^ 「県民に尽くした人生」 前知事・須賀龍郎さん死去”. 2015年1月25日閲覧。YOMIURI ONLINE 読売新聞
  6. ^ 須賀龍郎前鹿児島県知事が死去”. 2015年1月17日閲覧。373news.com 南日本新聞社
  7. ^ 「地方を殺すのは誰か」岩崎芳太郎 PHP出版 2009年