藤野恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤野恵
藤野恵
藤野恵

藤野 恵(ふじの めぐむ、1894年明治27年)4月16日 - 1949年昭和24年)10月9日[1])は、日本の内務文部官僚。官選県知事文部次官

経歴[編集]

広島県出身。藤野玖三の四男として生まれる。広島県立福山中学校第六高等学校を卒業。1919年7月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。内務省に入省し群馬県属となる。同年10月、高等試験行政科試験に合格[1]

1920年10月、群馬県多野郡長に就任。以後、静岡県理事官・内務部社会課長兼調査課長、臨時震災救護事務局事務官、内務省社会局事務官、兼社会局書記官・社会部福利課長、同部保護課長などを歴任[1]

1935年1月、香川県知事に就任[2]1936年6月、文部省実業学務局長に転じ、さらに同普通学務局長を務めた[1]1939年4月、鹿児島県知事となる。『鹿児島県史』の編纂、戦時体制の整備などを推進した[3]1940年8月、文部省教学局長官に転じ、同省総務局長を経て、1944年7月から1945年6月まで文部次官を務めた[1]。1945年に退官し、戦後、公職追放となった[4]

著作[編集]

  • 『公益質屋法要論』良書普及会、1927年。
  • 『児童虐待防止法要義』松華堂、1933年。
  • 『融和対策としての教育』〈融和問題叢書;第14編〉中央融和事業協会、1939年。
  • 持永義夫共著『社会行政』〈自治行政叢書;第11巻〉常磐書房、1937年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本近現代人物履歴事典』447頁。
  2. ^ 『新編日本の歴代知事』903頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』1111頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』225頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。