三反園訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三反園 訓
みたぞの さとし
生年月日 (1958-02-13) 1958年2月13日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県指宿市
出身校 早稲田大学教育学部
前職 テレビ朝日解説委員
鹿児島県知事
所属政党 無所属自由民主党無所属の会(自民党二階派))
公式サイト 三反園 訓|みたぞのさとし後援会事務所

選挙区 鹿児島2区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月3日[1] - 現職

当選回数 1回
在任期間 2016年7月28日 - 2020年7月27日
テンプレートを表示

三反園 訓(みたぞの さとし、1958年昭和33年〉2月13日[2] - )は、日本ジャーナリスト政治家無所属衆議院議員(1期)、元鹿児島県知事(第19代)。元テレビ朝日記者兼解説委員。

来歴[編集]

鹿児島県指宿市生まれ。鹿児島県立指宿高等学校早稲田大学教育学部卒業。1980年、全国朝日放送(2003年、テレビ朝日に改名)に入社し、政治部に配属。日本社会党担当を皮切りに首相官邸自由民主党を担当し、自民党担当時代は金丸信安倍晋太郎の番記者を務めた。その後は首相官邸や自民党、大蔵省外務省防衛庁担当のキャップを歴任し[3]、その後はテレビ朝日コメンテーター(解説委員)に就任。1990年代はニュースステーションの政治担当キャスターを務め、連日国会記者会館からリポートしていた。一時期はスポーツ部に所属し、テレビ朝日で放送されていた大相撲ダイジェストを担当して、水戸泉双羽黒ら人気力士の取材に駆け回っていた[4]

2015年12月31日、翌年7月の鹿児島県知事選挙に出馬する意向を表明し[5]2016年2月26日、正式に記者会見を開いて鹿児島県知事選への立候補を発表した[6]。三反園の出馬表明により、先んじて鹿児島県知事選への出馬を表明していた九州電力川内原子力発電所薩摩川内市)の再稼働に反対する市民団体「ストップ川内原発!3・11鹿児島実行委員会」メンバーの候補は、自身の立候補を取り下げ、三反園の支援に回った。

第24回参議院議員通常選挙と同日選挙となった2016年7月10日投開票の鹿児島県知事選では、川内原発の再稼働を推し進めた現職知事の伊藤祐一郎による県政を批判し、「原発のない社会を作ろう」「ドイツにならい、鹿児島を自然再生エネルギー県に」等、脱原発を訴える選挙戦を展開[7]民進党社会民主党の県組織、反原発を訴える市民団体をはじめ、伊藤県政に批判的な保守系の鹿児島県議会議員の支持も受け、伊藤知事を破り初当選した[8]。戦後初の私立大学卒かつ民間企業出身の鹿児島県知事となった[注 1]

2016年7月28日、鹿児島県庁に初登庁し、九州電力に対して川内原発の停止を求める考えを改めて表明[9][10]し、就任直後には川内原発の停止を九電に申し入れるも拒否され[11]、その後は原発に対する発言を徐々にトーンダウン。原発の安全性について問われると「知事になる前の立場と、今の立場はちがう。もう一度、これまでの経緯を聞いて私の考え方をまとめたい」と公約を大幅に修正。12月1日には「私に原発を稼働させるか稼働させないかの権限はない」とした上で、九州電力川内原発1号機の再稼働容認に転じた[12][13]

2016年12月20日、川内原発の安全性を評価する県独自の第三者組織「原子力安全・避難計画等防災専門委員会」を設置。三反園の選挙戦を支援した反原発派の活動家が推薦する人物らは含まれず、また国や規制委員会にものを言う機関ではなく「原発の稼働・停止を判断しない」機関であるとしている[14]。委員会設置のための補正予算案の審議においては原発を「ベースロード電源」であると位置づけた[15]。選挙戦では、政策協定を結び、出馬を見送った脱原発市民団体の平良行雄と「反対派も入れてバランスを取る」と約束していたが、同年12月5日の県議会において「記憶は定かではない」と答弁[16]。原発再稼動を容認したことや、脱原発活動家らと約束したにもかかわらず、専門委員会に反原発派が入らなかったことについて毎日新聞は、「看過できない変節ぶり」と批判した[17]

2017年4月1日、県の地方創生担当特別顧問に元総務大臣増田寛也を任命した[18]

2019年12月3日、再選を目指し2020年の知事選に立候補する意向を表明した[19]。前回と異なり自由民主党・公明党の推薦を受け立候補したが、県内自治体の複数の首長に集票依頼疑惑をはじめとする在職中の下記のようなふるまいや自身の主張が変わってきたこと[20]、新型コロナウィルスの感染拡大や豪雨災害への対応などで満足に選挙活動が出来なかった事などが響き、2020年7月12日の投開票の結果、元九州経済産業局局長の塩田康一に敗れて落選。鹿児島県知事としては初の1期限りで[21]、マニフェストにあった県民ドーム球場の建設や、検討委員会を経てそれより優先するとした県総合体育館の建設、アウトレットモールの誘致など、いずれも進展のないまま退任となった[22][23][24]

2021年6月16日、年内に行われる第49回衆議院議員総選挙鹿児島2区から無所属で出馬することを正式に表明[25][26]。鹿児島2区では、自民党現職だった金子万寿夫も立候補を予定していたことから、前年の知事選で三反園を推薦した自民党鹿児島県連からは疑問の声が上がった[27]

2021年10月31日の投開票の結果、自民党前職の金子らを破り初当選を果たした[28]

2022年3月10日、自民党派閥の二階派(志帥会)への入会が了承された[29]。採決においても与党寄りの姿勢を見せ、同年10月に召集された臨時会では、慣例上議長席から見て無所属議員が置かれることが多い最左翼の席から、与党会派の提案により最右翼の最大会派・自民党議員席の最前列に移動した[30]2023年2月13日に自民党会派に入会した[31]

批判を受けた行動[編集]

審議中のSNS投稿[編集]

2016年12月9日、県議会の自身が提案した議案の審議中にFacebookへ投稿。県議会本会議で説明を求められると「他意はない」とのみ述べ、議会側から「県議会軽視」との批判を浴びた[32]

県知事選収支報告書の虚偽記載[編集]

2016年7月の選挙運動費用収支報告書において、単純な誤字脱字を除いて、少なくとも135カ所事実と異なる記載がなされていたことが判明。責任者は「選挙費用に計上すべきではない後援会の収支なども誤って記載してしまった。杜撰と言われても仕方がないが、悪質なことはしていない」と説明した[33]

海外訪問先で添乗員の一般女性を怒鳴りつける[編集]

2018年7月22日、ブラジルサンパウロで開かれたブラジル鹿児島県人会の夕食懇談会場で三反園が離席中に閉会していたことに立腹して、訪問団の世話役を務める旅行会社の女性社員を名指しして怒鳴りつけた。出席者によると、三反園は会場でワインなどを飲んでいた。県議らは三反園を批判し、三反園は翌日に議長に謝罪したが、女性への謝罪はなかったと日本テレビや西日本新聞は報じている[34]

政策合意を結んだ反原発の元候補に再三の面会拒絶[編集]

2016年の知事選で、告示1週間を切った段階で三反園と市民団体代表の平良行雄が「川内原発を廃炉にする方向で取り組む」などとする政策合意を交わし、平良は立候補を見送り、三反園に一本化した。三反園は当選後、既出のように合意事項が守られない政策が続いた上、面会を求める平良からの要請を再三拒絶。平良は2019年の鹿児島県議会議員選挙に出馬し当選(日本共産党公認)。県議として議会の場でこれらについて直接公開質問をしたが答弁は噛み合わなかった[35][36]

記者を知事室に呼び、BPOを引き合いに出し番組の内容に意見[編集]

県域局の鹿児島讀賣テレビ記者に、放送した内容に対し「BPO(放送倫理・番組向上機構)に訴えてもいいんだぞ」と発言し、圧力とも捉えられるやり取りがあったと報じられた。その後議会でも取り上げられたが、答弁は噛み合わず、定例記者会見で当該記者と直接質疑を行うことになったが、ここでも最後まで質問に答えることはなかった[37]

コロナで来県自粛を呼びかけ中、自身の選挙事務所開きに東京から国会議員[編集]

2020年5月9日、7月の県知事選挙を前に、三反園が行った後援会の事務所開きに、自由民主党県連会長の森山裕衆院議員と選挙対策委員長の野村哲郎参院議員が東京から参加した。終了後、報道陣の問いかけに森山氏は「党として推薦している立場もある。(自民県選出の国会議員のうち)2人だけ帰ってこさせてもらった」と説明していた。新型コロナウイルスに対応する緊急事態宣言下で、県が「不要不急の来県自粛」を呼びかけていたさなかで批判を浴びることとなり、三反園は14日の記者会見で「配慮が足りなかった。反省している」と陳謝した[38][39]

複数の自治体首長に集票依頼報道[編集]

2020年6月21日、県内自治体の複数の首長が三反園が地元が県に要望した事業を挙げながら、票の取りまとめなど選挙協力を依頼したと南日本新聞が報じた[40]。三反園は20日、取材に対し「電話も依頼もしていない」と事実関係を否定した。後日、電話したことを認め「誤解を持って受け止めたのであれば、心からおわびしたい」と釈明した。

選挙[編集]

当落 選挙 執行日 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
2016年鹿児島県知事選挙 2016年7月10日 ―― 無所属 42万6471票 55.48% 1 1/2 /
2020年鹿児島県知事選挙 2020年7月12日 ―― 無所属 19万5941票 29.80% 1 2/7 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 鹿児島県第2区 無所属 9万2614票 47.70% 1 1/3 /

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 戦後の鹿児島県知事は、早大卒の三反園と専門学校卒の須賀龍郎を除くと全員が東京大学(前身の東京帝国大学含む)の卒業生である。また、須賀は元鹿児島県庁職員で、その他の県知事経験者は全員が元官僚であることから、三反園は唯一の民間企業の出身者である。

出典[編集]

  1. ^ 令和3年11月3日鹿児島県選挙管理委員会告示第51号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 平成28年7月10日執行鹿児島県知事選挙候補者 平成28年7月10日執行鹿児島県知事選挙立候補届出一覧
  3. ^ プロフィール - みたぞのさとし後援会
  4. ^ 対談 水戸泉メモリーブログ 2007年5月30日。
  5. ^ “テレ朝の三反園訓氏、鹿児島知事選への立候補表明”. 朝日新聞. (2015年12月31日). http://www.asahi.com/articles/ASHD052X8HD0TLTB00G.html 2016年7月28日閲覧。 
  6. ^ “知事選 三反園氏が出馬を正式表明 「県民と歩む県政に」/鹿児島”. 毎日新聞. (2016年2月27日). http://mainichi.jp/articles/20160227/ddl/k46/010/318000c 2016年7月28日閲覧。 
  7. ^ 木野千尋 (2016年7月11日). “【鹿児島県知事選】保守派と反原発派、異例の相乗りで三反園訓氏が初当選”. THE PAGE: p. 1. https://news.yahoo.co.jp/articles/5e6824e97f23bf25d6c23d476fc0c9ab83a8e350 2021年8月18日閲覧。 
  8. ^ “鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」”. 朝日新聞. (2016年7月10日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7B63QTJ7BTLTB00K.html 2016年7月28日閲覧。 
  9. ^ 南日本新聞』 2016年7月29日付第1面(三反園鹿県知事40年超運転認めず)
  10. ^ “川内原発停止、来月にも申し入れ 三反園知事が初登庁”. 朝日新聞. (2016年7月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7X3HYXJ7XTIPE008.html 2016年7月28日閲覧。 
  11. ^ “九電「即時停止せず」回答 川内原発、鹿児島知事「極めて遺憾」”. 西日本新聞. (2016年9月5日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/272412 2016年9月7日閲覧。 
  12. ^ 川内原発1号機、8日にも再稼働 鹿児島知事が容認 日本経済新聞 2016年12月1日
  13. ^ 三反園知事が〝公約〟翻す? 川内原発の運転再開容認 「権限ない」と起動前検討委にこだわらず 産経新聞 2016年12月1日
  14. ^ 川内原発の第三者委、12人の委員公表 鹿児島県朝日新聞 2016年12月19日
  15. ^ 三反園氏提案の原発検討委ようやく設置 鹿児島県議会が予算案可決 産経新聞 2016年12月17日
  16. ^ 原発検討委への反対派参加約束、鹿児島県知事「記憶定かでない」南日本新聞 2016年12月6日
  17. ^ 社説 三反園知事 看過できない変節ぶり 毎日新聞 2016年12月11日
  18. ^ “鹿児島県顧問に増田寛也氏、地方創生を担当”. 産経WEST. (2017年4月4日). http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040083-n1.html 2017年12月22日閲覧。 
  19. ^ “鹿児島県の三反園知事が無所属で再選出馬表明 自民・公明に推薦要請へ”. 毎日新聞. (2019年12月3日). https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/010/226000c.amp 2019年12月7日閲覧。 
  20. ^ 日本放送協会. “三反園知事は、なぜ変わったのか | 特集記事”. NHK政治マガジン. 2021年5月27日閲覧。
  21. ^ 鹿児島知事に塩田氏初当選 現職ら6人破る - 2020年7月13日
  22. ^ 8月8日(月)前園真聖、三反園新知事を直撃!”. KTS鹿児島テレビ Kagoshima Television for Smile. 2021年6月9日閲覧。
  23. ^ 鹿児島)総合体育館の議論優先へ 県スポーツ施設検討委:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年6月9日閲覧。
  24. ^ 三反園知事:ドーム球場建設/アウトレットモール誘致 強い意欲示す 経済波及、雇用呼び込む? /鹿児島”. 毎日新聞. 2021年6月9日閲覧。
  25. ^ MBCニュース | 前知事の三反園氏が次期衆院選2区での出馬表明”. www.mbc.co.jp. 2021年6月17日閲覧。
  26. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月16日). “三反園前知事が立候補表明 衆院鹿児島2区”. 産経ニュース. 2021年6月17日閲覧。
  27. ^ 鹿児島県前知事の三反園氏、衆院鹿児島2区に立候補へ”. 朝日新聞デジタル (2021年6月6日). 2022年5月13日閲覧。
  28. ^ 衆院選2021 小選挙区 鹿児島県 : 【衆院選2021】衆議院議員総選挙 10月31日投開票 : 選挙・世論調査(選挙) : 読売新聞オンライン”. 2021年11月2日閲覧。
  29. ^ “無所属の三反園氏が二階派入り”. 産経新聞. (2022年3月10日). https://www.sankei.com/article/20220310-6GTJNNVGIZPLXHL5XIXOWODNIU/ 2022年3月10日閲覧。 
  30. ^ “自民入りの前兆? 元県知事の三反園訓氏(衆院鹿児島2区)、野党から与党寄りに席替え 近くには18歳女性に飲酒疑惑の吉川赳氏”. 南日本新聞. (2022年10月6日). https://373news.com/_news/storyid/163942/ 2022年10月6日閲覧。 
  31. ^ “三反園氏が自民会派入り”. 時事ドットコム. (2023年2月13日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2023021300856&g=pol 2023年2月13日閲覧。 
  32. ^ 審議中にSNS投稿 「他意はない」議会側は反発 三反園知事 西日本新聞 2016/12/17
  33. ^ 三反園氏陣営、135カ所訂正・削除 知事選の収支報告朝日新聞 2016年12月15日
  34. ^ 三反園知事、女性添乗員を怒鳴る ブラジル訪問中の懇談会 「あるまじき行為」県議らは非難 西日本新聞
  35. ^ 鹿児島)原発政策 三反園知事と平良氏、議論かみ合わず:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年5月27日閲覧。
  36. ^ 反原発県議、三反園知事と「対決」 3年前の知事選で共闘 鹿児島”. 西日本新聞me. 2021年5月27日閲覧。
  37. ^ 鹿児島県. “平成29年8月17日定例知事記者会見”. 鹿児島県. 2021年5月27日閲覧。
  38. ^ 来県自粛中、事務所開きに国会議員 鹿児島知事「反省」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年5月27日閲覧。
  39. ^ 鹿児島知事選の事務所開きに国会議員出席 三反園氏「反省。要請していない」”. 毎日新聞. 2021年5月27日閲覧。
  40. ^ “〈鹿児島県知事選〉「三反園知事が集票依頼」 県内複数首長が証言 県事業便宜も示唆”. 南日本新聞. (2020年6月21日). https://373news.com/_news/?storyid=121294 2020年7月9日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代
伊藤祐一郎
鹿児島県の旗鹿児島県知事
公選第19代:2016年 - 2020年
次代
塩田康一