三反園訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三反園訓
みたぞの さとし
SatoshiMitazono.jpg
三反園訓
生年月日 (1958-02-13) 1958年2月13日(60歳)
出生地 日本の旗 鹿児島県指宿市
出身校 早稲田大学教育学部
前職 テレビ朝日解説委員
所属政党 無所属
公式サイト 鹿児島県/ようこそ知事室へ

鹿児島県の旗 公選第19代 鹿児島県知事
当選回数 1回
在任期間 2016年7月28日 - 現職
テンプレートを表示

三反園 訓(みたぞの さとし、1958年2月13日[1] - )は、日本ジャーナリスト(元テレビ朝日記者)、政治家鹿児島県知事(公選第19代)。

来歴[編集]

鹿児島県指宿市生まれ。鹿児島県立指宿高等学校早稲田大学教育学部卒業。1980年、テレビ朝日に入社し、政治部に配属される。日本社会党担当を皮切りに首相官邸自由民主党を担当し、自民党担当時代は金丸信安倍晋太郎の番記者を務めていた。その後は首相官邸や自民党、大蔵省外務省防衛庁担当のキャップを歴任し[2]、その後はテレビ朝日コメンテーター(解説委員)に就任。1990年代はニュースステーションの政治担当キャスターを務め、連日国会記者会館からリポートしていた。一時期はスポーツ部に所属し、テレビ朝日で放送されていた大相撲ダイジェストを担当して、水戸泉双羽黒ら人気力士の取材に駆け回っていた[3]

2015年12月31日、翌年7月の鹿児島県知事選挙に出馬する意向を表明し[4]2016年2月26日、正式に記者会見を開いて鹿児島県知事選への立候補を発表した[5]。三反園の出馬表明により、先んじて鹿児島県知事選への出馬を表明していた九州電力川内原子力発電所薩摩川内市)の再稼働に反対する市民団体「ストップ川内原発!3・11鹿児島実行委員会」メンバーの候補は、自身の立候補を取り下げ、三反園の支援に回った。

第24回参議院議員通常選挙と同日選挙となった7月10日投開票の鹿児島県知事選では、川内原発の再稼働を推し進めた現職知事の伊藤祐一郎による県政を批判し、「原発のない社会を作ろう」「ドイツにならい、鹿児島を自然再生エネルギー県に」等、脱原発を訴える選挙戦を展開[6]民進党社会民主党の県組織、反原発を訴える市民団体をはじめ、伊藤県政に批判的な保守系の鹿児島県議会議員の支持も受け、伊藤知事を破り初当選した[7]7月28日、鹿児島県庁に初登庁し、九州電力に対して川内原発の停止を求める考えを改めて表明した[8][9]

三反園は知事就任後、九州電力に対して川内原発の停止を求めたが、九州電力は断っている [10]

しかし、その後は原発に対する発言を徐々にトーンダウンさせ、原発の安全性について問われると、「知事になる前の立場と、今の立場はちがう。もう一度、これまでの経緯を聞いて私の考え方をまとめたい」と公約を大幅に修正。12月1日には、「私に原発を稼働させるか稼働させないかの権限はない」とした上で、九州電力川内原発1号機の再稼働を容認する姿勢に転じた[11][12]

2016年12月20日、川内原発の安全性を評価する県独自の第三者組織「原子力安全・避難計画等防災専門委員会」を設置。三反園の選挙戦を支援した反原発派の活動家が推薦する人物らは含まれず、また国や規制委員会にものを言う機関ではなく「原発の稼働・停止を判断しない」機関であるとしている[13]。委員会設置のための補正予算案の審議においては原発を「ベースロード電源」であると位置づけた[14]。選挙戦では、政策協定を結び、出馬を見送った脱原発市民団体の平良行雄と「反対派も入れてバランスを取る」と約束していたが、12月5日の県議会において「記憶は定かではない」と答弁[15]。原発再稼動を容認したことや、脱原発活動家らと約束したにも関わらず、専門委員会に反原発派が入らなかったことについて毎日新聞は、「看過できない変節ぶり」と猛反発した[16]

2017年4月1日、県の地方創生担当特別顧問に元総務相増田寛也を任命した[17]

不祥事[編集]

審議中のSNS投稿[編集]

2016年12月9日、県議会の自身が提案した議案の審議中に公式フェイスブックに投稿。県議会本会議で説明を求められると「他意はない」とのみ述べ、議会側から「県議会軽視」との批判を浴びた[18]

県知事選収支報告書の虚偽記載[編集]

2016年7月の選挙運動費用収支報告書において、単純な誤字脱字を除いて、少なくとも135カ所に上る事実と異なる記載がなされていたことが判明。責任者は「選挙費用に計上すべきではない後援会の収支なども誤って記載してしまった。杜撰と言われても仕方がないが、悪質なことはしていない」と説明した[19]

海外訪問先で添乗員の一般女性を怒鳴りつける[編集]

2018年7月22日、ブラジル・サンパウロで開かれたブラジル鹿児島県人会の夕食懇談会場にて、三反園が訪問団の世話役を務める旅行会社の女性社員を名指しして怒鳴りつけた[20]。県議らは三反園を批判し、三反園は翌日に議長に謝罪したが、女性への謝罪はなかったと日本テレビや西日本新聞は報じている[20]

著書[編集]

  • 『ニュースステーション政治記者奮闘記』 ダイヤモンド社、2003年12月。ISBN 9784478702895
  • 『総理大臣の器』 講談社、2006年8月23日。ISBN 9784062723947

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年7月10日執行鹿児島県知事選挙候補者 平成28年7月10日執行鹿児島県知事選挙立候補届出一覧
  2. ^ プロフィール - みたぞのさとし後援会
  3. ^ 対談 水戸泉メモリーブログ 2007年5月30日。
  4. ^ “テレ朝の三反園訓氏、鹿児島知事選への立候補表明”. 朝日新聞. (2015年12月31日). http://www.asahi.com/articles/ASHD052X8HD0TLTB00G.html 2016年7月28日閲覧。 
  5. ^ “知事選 三反園氏が出馬を正式表明 「県民と歩む県政に」/鹿児島”. 毎日新聞. (2016年2月27日). http://mainichi.jp/articles/20160227/ddl/k46/010/318000c 2016年7月28日閲覧。 
  6. ^ “【鹿児島県知事選】保守派と反原発派、異例の相乗りで三反園訓氏が初当選”. THE PAGE. (2016年7月11日). http://news.infoseek.co.jp/election2012/article/thepage_20160705-00000002-wordleaf 2016年7月28日閲覧。 
  7. ^ “鹿児島知事に三反園氏 「原発いったん停止し再検査を」”. 朝日新聞. (2016年7月10日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7B63QTJ7BTLTB00K.html 2016年7月28日閲覧。 
  8. ^ 南日本新聞』 2016年7月29日付第1面(三反園鹿県知事40年超運転認めず)
  9. ^ “川内原発停止、来月にも申し入れ 三反園知事が初登庁”. 朝日新聞. (2016年7月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7X3HYXJ7XTIPE008.html 2016年7月28日閲覧。 
  10. ^ “九電「即時停止せず」回答 川内原発、鹿児島知事「極めて遺憾」”. 西日本新聞. (2016年9月5日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/272412 2016年9月7日閲覧。 
  11. ^ 川内原発1号機、8日にも再稼働 鹿児島知事が容認日本経済新聞 2016年12月1日
  12. ^ 三反園知事が〝公約〟翻す? 川内原発の運転再開容認 「権限ない」と起動前検討委にこだわらず産経新聞 2016年12月1日
  13. ^ 川内原発の第三者委、12人の委員公表 鹿児島県朝日新聞 2016年12月19日
  14. ^ 三反園氏提案の原発検討委ようやく設置 鹿児島県議会が予算案可決産経新聞 2016年12月17日
  15. ^ 原発検討委への反対派参加約束、鹿児島県知事「記憶定かでない」南日本新聞 2016年12月6日
  16. ^ 社説 三反園知事 看過できない変節ぶり毎日新聞 2016年12月11日
  17. ^ “鹿児島県顧問に増田寛也氏、地方創生を担当”. 産経WEST. (2017年4月4日). http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040083-n1.html 2017年12月22日閲覧。 
  18. ^ 審議中にSNS投稿 「他意はない」議会側は反発 三反園知事西日本新聞 2016/12/17
  19. ^ 三反園氏陣営、135カ所訂正・削除 知事選の収支報告朝日新聞 2016年12月15日
  20. ^ a b 三反園知事、女性添乗員を怒鳴る ブラジル訪問中の懇談会 「あるまじき行為」県議らは非難 西日本新聞

外部リンク[編集]