寺園勝志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺園 勝志
てらぞの かつし
生年月日 (1901-07-25) 1901年7月25日
出生地 鹿児島県姶良郡栗野村[1]
没年月日 (1998-02-11) 1998年2月11日(96歳没)
出身校 東京帝国大学
前職 鹿児島県副知事
現職 鹿児島県社会福祉協議会会長
所属政党 無所属
称号 勲二等旭日重光章

Flag of Kagoshima Prefecture.svg 民選第3-5代 鹿児島県知事
当選回数 2回
在任期間 1955年4月30日 - 1967年4月29日
テンプレートを表示

寺園 勝志(てらぞの かつし、1901年7月25日 - 1998年2月11日)は日本の政治家鹿児島県知事南日本放送会長を務めた。

来歴・人物[編集]

1901年姶良郡栗野村(のちの栗野町、現在の湧水町栗野地域)[1]出身。旧制鹿児島県立第一鹿児島中学校を経て東京帝國大学(現・東京大学)を卒業。

厚生省部長、鹿児島県経済部長、同県副知事などを経て1955年から鹿児島県知事を3期12年務めた。在任中は大隅半島笠野原台地の土地改良事業などに尽力した。退任後は南日本放送会長を1996年まで務めた。

また、右目の視力がほとんどなく左耳も難聴という障害を抱えてていたこともあって福祉に関心が高く、鹿児島県社会福祉協議会の会長を24年間務めた。1998年2月11日、肺炎のため96歳で逝去。

脚注[編集]

[ヘルプ]