松本学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本学

松本 学(まつもと がく[1] / まなぶ、1887年11月20日(ただし、戸籍上は同年12月28日) - 1974年3月27日)は、大正昭和期の内務官僚。旧姓は片岡(断絶した外祖父の松本家を再興した際に改姓した)。

経歴[編集]

岡山県出身。片岡房太の長男として生まれる[1]1910年、祖父松本礼造の跡を承け家督を相続した[2]

関西中学校第六高等学校東京帝国大学法科大学を経て、1911年高等文官試験に合格して同年の大学卒業とともに内務省に入省する。神社局長を経て1926年静岡県知事に任ぜられる[2]1927年立憲民政党系とみなされて、立憲政友会政権が行った地方官人事で鹿児島県知事に転任。1928年1月10日に休職が命じられた[3]1929年福岡県知事に任じられる。1932年国維会結成に参加して「新官僚」の1人として認知され、同年五・一五事件直後に警保局長に任じられ、共産主義弾圧と日本主義普及を推進、「邦人一如」を合言葉に日本文化連盟を結成した。1933年ゴーストップ事件では軍部に対抗し一歩も譲らなかった。

退官後は貴族院勅撰議員に任じられたが、同郷で親交の厚い宇垣一成内閣総理大臣に擁立しようとして軍部に阻まれた。

戦後は1947年に中央警察学校(現在の警察大学校)校長を2年間務めたあと官職から離れるが、以降は日本の貿易振興に務めることになり、日本港湾協会会長や社団法人世界貿易センター会長などを歴任する。また1954年より競輪を統括する当時の自転車振興会連合会会長に就任し、1957年に改組された特殊法人日本自転車振興会の初代会長として競輪の運営確立および中央集権化にあたった。

大変筆まめな人物で10歳の時から63年間にわたってつづられた日記をはじめ、内務官僚・貴族院議員・戦後期にわたる多くの資料を保存していた。特に1930年代の日本の国家主義や軍部の台頭にまつわる資料を多く残しており、国立国会図書館憲政資料室・岡山県立記録資料館などに保存されている。

著書[編集]

  • 『衛生行政法』帝国地方行政学会 1920
  • 『経済及社会問題』清水書店 1920
  • 『「邦人主義」と世界の反響』邦人社 邦人類集 1936
  • 『文化と政治』刀江書院 1939
  • 『松本学日記』伊藤隆,広瀬順晧編 山川出版社 近代日本史料選書 1995
  • 『現代史を語る 4 松本学 内政史研究会談話速記録』現代史料出版 2006

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本近現代人物履歴事典』484頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』569頁。
  3. ^ 『官報』第308号、昭和3年1月11日。

参考文献[編集]

  • 小田部雄二「松本学/松本学関係文書」『国史大辞典 13』、吉川弘文館、1992年、 ISBN 978-4-642-00513-5
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。

外部リンク[編集]