道岡秀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
道岡秀彦

道岡 秀彦(みちおか ひでひこ、1876年明治9年)11月15日[1] - 1924年大正13年)11月15日[2])は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

後の鹿児島県薩摩郡隈之城村西手(現薩摩川内市)出身[1]。道岡要介の長男として生まれる[3]第一高等学校を卒業。1903年京都帝国大学法科大学を卒業。司法官試補となるが、1905年逓信省に転じ鉄道局属となる。1906年11月、文官高等試験行政科試験に合格した[3][4]

以後、臨時鉄道国有準備局事務官兼逓信省書記官青森県事務官・警察部長、千葉県事務官・警察部長、岡山県警察部長、大阪府警察部長、警察講習所長などを歴任[3]

1919年4月、青森県知事に就任。学校教育の向上などに尽力。また、初めて県庁に自動車を導入した[1]1921年3月、静岡県知事に転任。県立図書館の設置、土木事業の実施、産業振興などに尽力。関東大震災時の県内被災者の救済対策にも万全を期して臨んだ。人情味厚い人柄から県民の信頼を得る。1924年6月に休職となる[3]。その後、夫婦で欧州に旅行するが、同年11月にロンドンで病死した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』102頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1924年11月22日朝刊、7面の死亡広告より。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』567頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』188頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。