大迫貞清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大迫 貞清(おおさこ さだきよ、1825年6月22日文政8年5月7日) - 1896年4月27日)は、幕末薩摩藩士明治官僚政治家元老院議官貴族院議員子爵

経歴[編集]

薩摩国鹿児島城平之町に薩摩藩士・山之内立幹の四男として生まれ、大迫貞邦の養子となる。万延元年(1860年)から京都警備に従事。戊辰戦争では、二番遊撃隊隊長、そして東山道先鋒総督本営付として従軍した。

明治に入り薩摩藩の藩政改革に参政、権大参事として取り組む。明治5年1872年)に陸軍少佐に任官し、中佐まで進み第1経営部司令官に就任。1874年(明治7年)1月に静岡県令に転じ、以後、文官として歩んだ。

1883年(明治16年)12月、警視総監に就任し、1885年(明治18年)12月、元老院議官を兼務した。1886年(明治19年)4月、初代の沖縄県知事(官選)となる。1887年(明治20年)4月に沖縄県知事を退任し、元老院議官に再任された。同年5月、戊辰戦争の功により子爵を叙爵した。

1890年 (明治23年)7月、貴族院子爵議員に選出され死去するまで在任した。1890年10月20日、錦鶏間祗候となる[1]1892年 (明治25年)11月、鹿児島県知事に就任し、1894年 (明治27年)1月に退任した。同年2月1日に再び錦鶏間祗候に任ぜられる[2]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  2. ^ 『官報』第3176号、明治27年2月2日。
  3. ^ 『官報』第1911号「叙任及辞令」1889年11月9日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ a b 『官報』第3846号「叙任及辞令」1896年4月28日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。