宮田光雄 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮田光雄の肖像写真
警視総監在任中の宮田光雄

宮田 光雄(みやた みつお、1878年明治11年)11月25日 - 1956年昭和31年)3月8日[1])は、日本の官僚政治家内閣書記官長衆議院議員貴族院議員

貴族院議員時代の宮田光雄
宮田光雄と妻ツヤの宮中正装
警視総監在任中の宮田光雄

来歴・人物[編集]

三重県一志郡出身。村長宮田宇吉の長男として生まれる。愛知一中三高帝国大学法科大学卒(のちの東京帝国大学法学部)。

貴族院官僚として奉職するも、衆議院議員として三重県より立候補、その後は勅撰貴族院議員として活躍。原敬首相の目にとまり福島県知事として赴任。1922年(大正11年)6月12日加藤友三郎内閣で内閣書記官長として抜擢され、大腸癌を患う加藤友三郎首相にかわり国政を取り仕切る。

1927年(昭和2年)4月20日警視総監1928年(昭和3年)12月28日従三位勲一等瑞宝章受章。

大政翼賛会興亜総本部長を経て、終戦時の陸軍参謀総長梅津美治郎東京裁判での弁護人も勤める。戦後公職追放となる。

1936年にプロ野球の大東京軍が発足した際には、球団の出資元の國民新聞からの依頼を受けて、取締役会長に就任した。

1938年2月21日大日本運動の結成式で、発起人として式辞を述べる。

1946年(昭和21年)5月14日、貴族院議員を辞職した[2]

親族[編集]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『日本近現代人物履歴事典』509頁。
  2. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  3. ^ 『官報』第1299号「叙任及辞令」1916年11月30日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。