清岡公張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清岡公張(1898年)

清岡 公張(きよおか ともはる、1841年8月26日天保12年7月10日) - 1901年明治34年)2月25日)は、日本武士土佐藩士)、官僚従二位勲一等子爵。通称は半四郎、号は東望。

略歴[編集]

1841年、土佐藩郷士の子弟として土佐国安芸郡田野浦に生まれる。伊勢へ遊学し、のちに上洛して諸藩の勤王の志士と交わった。文久年間に上京し、藩命により三条実美の衛士となる。八月十八日の政変による七卿落ちの際には、七卿に同行して長州藩に亡命する。禁門の変では長州藩と共に参戦するが敗北し、再び長州へ逃れている。

乾退助に脱藩を提案[編集]

慶応3年9月9日(1867年10月6日)、土佐藩お抱えの刀鍛冶・左行秀(豊永久左衛門)は、乾退助が江戸の土佐藩邸に勤王派浪士を隠匿し、薩摩藩が京都で挙兵した場合、退助らの一党が東国で挙兵する計画を立てていると、寺村左膳に対し密告を行った。行秀は乾退助が水戸浪士・中村勇吉に宛た書簡の写しを証拠として所有しており、退助の失脚を狙って左膳に密告したものである[1]。「この事が容堂公の耳に入れば、退助の命はとても助からないであろう」と言う話を漏れ聞いた清岡公張(半四郎)は、退助の身を心配し土佐勤王党の一員であった島村寿太郎(武市瑞山の妻・富子の弟で、瑞山の義弟)に乾退助を脱藩させることを提案。島村が退助に面会して脱藩を勧めた。しかし、退助は容堂の御側御用役・西野友保(彦四郎)に対し、水戸浪士を藩邸に隠匿していることは、既に5月(薩土討幕の密約締結を報告の際)に自ら容堂公へ申し上げている事であるため、既に覚悟は出来ており御沙汰を俟つのみであると返答している。果たしてこれに対して容堂は、

退助は暴激の擧(きょ)多けれど、毫(すこし)も邪心なく私事の爲に動かず、群下(みな)が假令(たとへ)之(これ)を争ふも余(容堂)は彼(退助)を殺すに忍びず[2] — 山内容堂

と答えたため退助は命拾いをしたという[3]

維新以降[編集]

維新後は新政府に出仕し、地方官を皮切りに、1883年(明治16年)からは元老院議官宮内省図書頭、貴族院子爵議員[4]などを歴任した。1887年(明治20年)には維新の功により子爵を授けられた。1890年(明治23年)10月20日、錦鶏間祗候となる[5]1891年(明治24年)、勲一等瑞宝章1897年(明治30年)ロシア皇帝ニコラス載冠式に参列後、欧米巡遊を行う。1898年(明治31年)枢密顧問官に就任する。

1901年2月、死去。享年60。墓所は、東京都文京区護国寺

栄典[編集]

勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『土佐維新史料』書翰篇(1)
  2. ^ 『明治功臣録』
  3. ^ 『維新前後経歴談』
  4. ^ 1891年5月28日辞任。『官報』第2374号、明治24年6月1日。
  5. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 清岡公張」 アジア歴史資料センター Ref.A06051168500 
  7. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  8. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。
  9. ^ 『官報』第1156号「叙任及辞令」1887年5月10日。
  10. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  11. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  12. ^ 清岡公張 - 国立公文書館デジタルアーカイブ
  13. ^ 『官報』第2322号「叙任及辞令」1891年3月31日。
  14. ^ 千家尊統『現代華族譜要』 維新史料編纂会編、日本史籍協会、1929

関連項目[編集]

公職
先代:
田中光顕(→欠員)
日本の旗 図書
1898年 - 1900年
次代:
勝間田稔
先代:
真木長義
日本の旗 伏見宮別当
1894年 - 1898年
次代:
真木長義
先代:
山崎直胤
日本の旗 山階宮別当
1891年 - 1894年
次代:
真木長義
先代:
股野琢
日本の旗 久邇宮別当
1891年
次代:
(廃止)
先代:
小畑美稲
大阪上等裁判所長心得
日本の旗 大阪控訴裁判所
1881年 - 1883年
次代:
児島惟謙
先代:
(新設)
福島県権知事
1869年
次代:
林兼善
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
清岡(公張)家初代
1887年 - 1901年
次代:
清岡龍