畑山四男美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
畑山四男美

畑山 四男美(はたやま しおみ、1884年明治17年)7月13日 - 1971年昭和46年)8月8日)は、日本の内務官僚政治家弁護士県知事福岡市長。

経歴[編集]

高知県出身。畑山亀喜代の四男として生まれる。第四高等学校を経て、1915年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1916年内務省に入り宮城県属となる。

以後、宮城県亘理郡長、佐賀県岩手県長野県の各理事官岐阜県書記官熊本県書記官・学務部長[1]鹿児島県書記官・警察部長、同内務部長、大分県書記官・内務部長、北海道庁部長・土木部長などを歴任。

1933年7月、福島県知事に就任。1934年10月、福岡県知事に転任。1937年11月、同県知事を辞し退官した。その後、東京市教育局長を経て、1939年1月から1946年5月まで福岡市長を務めた。その後、公職追放となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第429号、昭和3年6月4日。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛福岡市」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、101頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』日外アソシエーツ、1983年。


公職
先代:
河内卯兵衛
Flag of Fukuoka City.svg 福岡市長
第15-16代:1939 - 1946
次代:
三好弥六