伊東喜八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊東喜八郎

伊東 喜八郎(いとう きはちろう、1882年明治15年)7月15日 - 1977年昭和52年)3月30日[1])は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

大分県出身。伊東孝市の二男として生まれる[1]第五高等学校を卒業。1907年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し埼玉県属となる[1][2]

以後、埼玉県警部富山県事務官福井県警察部長、宮崎県警察部長、静岡県警察部長、滋賀県内務部長などを経て、福岡県内務部長に就任[1]

1922年9月、信太時尚前知事の死去に伴い富山県知事に就任。伏木港第二期築港工事、東岩瀬港第一期改修工事、氷見漁港修築工事などを推進[1]1924年7月、静岡県知事に転任。伊豆・天竜沿岸開発事業、行政整理、事務の刷新などに尽力[3]1926年9月、茨城県知事に転任。茨城炭鉱が破産したため苦境に陥った従業員を、炭鉱が大倉鉱業に譲渡されるまで生活支援を行った[4]1927年5月、福島県知事に転任。小名浜港築港、道路改修事業などを推進[5]1928年5月、長崎県知事に転任。1930年8月、知事を辞職[6]。同年に退官した[2]

逸話[編集]

官舎に大神棚をまつり、赴任先の著名な神仏だけではなく、出張先の小さな神社なども必ず拝礼して国運の隆盛を祈願し、「敬神知事」として知られていた[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』431頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』190頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』568頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』248頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』221頁。
  6. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1022頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。