高田勇 (長崎県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 勇(たかだいさむ、1926年7月8日 - 2018年9月8日)は日本の政治家。公選制度下5人目の長崎県知事である(在任1982年3月2日 - 1998年3月1日)。

来歴・人物[編集]

東京都出身。自治省総務省の前身の一つ)の官僚から長崎県総務部長、副知事を歴任して、1982年の知事選で引退した前任者久保勘一の後継者として立候補し当選、以後4期16年にわたり知事を務めた。

在職中は長崎大水害雲仙普賢岳噴火等といった長崎県を襲った大型災害の対策を指揮し、また諫早湾干拓事業の見直し等の対応にあたった。

1998年の知事選に立候補せず知事を引退した後、長崎空港ビルディング社長、長崎県国際交流協会理事長を務めた。

2018年9月8日、心不全のため、長崎市の病院で死去[1]。92歳没。

経歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “訃報 高田勇さん92歳=元長崎県知事”. 毎日新聞. (2018年9月10日). https://mainichi.jp/articles/20180910/k00/00e/060/138000c 2018年9月10日閲覧。 
  2. ^ 自治省名鑑』時評社、1988年発行、219ページ
  3. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年9月29日朝刊