中田幸吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中田 幸吉(なかだ こうきち、1915年大正4年)12月7日[1] - 1980年昭和55年)9月18日[2])は、日本の農林技官政治家富山県知事(3期)。

来歴[編集]

富山県富山市出身。薬種商・中田清兵衛の五男[3][注 1]として生まれる。富山高等学校を経て、1940年(昭和15年)、東京帝国大学農学部林学科を卒業。農林省に入り山林局に勤務[2]

1952年(昭和27年)、沼田営林署長に就任。長野県林産課長、同林業課長、同林務部長を歴任。1963年(昭和38年)、林野庁林道課長となる。1966年(昭和41年)、富山県に派遣され農地林務部長を務める[2]

1969年(昭和44年)12月、自由民主党の支援を受けて富山県知事選に出馬。激しい選挙戦を制して初当選を果たした。「愛と繁栄の県政」を掲げ、公害対策、産業振興に尽力した。連続3期務めるが、1980年(昭和55年)在職中に死去した[2][4]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『新編日本の歴代知事』441頁では四男。

出典[編集]

  1. ^ 『歴代知事三〇〇人』167頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』441頁。
  3. ^ a b 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、1934年、ナ54頁。
  4. ^ 『歴代知事三〇〇人』170-171頁。
  5. ^ 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年、な28頁。

参考文献[編集]

  • 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』編集・発行 - 日外アソシエーツ、2003年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 八幡和郎『歴代知事三〇〇人 : 日本全国「現代の殿さま」列伝』光文社新書、2007年。