内海忠勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
内海忠勝
Tadakatsu Utsumi.JPG
生年月日 (1843-09-12) 1843年9月12日
出生地 周防国吉敷郡吉敷村
没年月日 (1905-01-20) 1905年1月20日(61歳没)

貴族院議員
在任期間 1899年11月29日 - 1900年3月19日

在任期間 1900年3月19日 - 1901年6月2日
元首 明治天皇

在任期間 1901年6月2日 - 1903年7月15日
テンプレートを表示

内海 忠勝(うつみ ただかつ、天保14年8月19日1843年9月12日) - 明治38年(1905年1月20日)は、日本武士官僚政治家内務大臣(第20代)、長崎県令、三重県令、兵庫県知事長野県知事(第2代)、神奈川県知事(第3代)、大阪府知事(第8代)、京都府知事(第8代)、会計検査院長貴族院議員などを歴任。吉田治助の四男。長州藩士である。従三位勲三等、死後に従二位勲一等旭日大綬章。男爵

生涯[編集]

周防国吉敷郡吉敷村(現在の山口県山口市)出身。長州藩士として禁門の変に参加。維新後新政府に登用され、岩倉使節団に大使随行員として参加。地方官として長崎三重兵庫長野神奈川大阪京都の各県令知事を歴任。1901年第1次桂内閣で内務大臣に就任し初入閣を果たした。山口市に「内海忠勝顕彰碑」が建立されている。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6467号「叙任及辞令」1905年1月23日。
  2. ^ 『官報』第544号「賞勲叙任」1885年4月28日。
  3. ^ 『官報』第1476号「叙任及辞令」1888年6月2日。
  4. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  6. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  7. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  8. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。


公職
先代:
末松謙澄
大日本帝国の旗 内務大臣
第20代:1901 - 1903
次代:
児玉源太郎
先代:
山田信道
大日本帝国の旗 会計検査院長
第5代:1900 - 1901
次代:
田尻稲次郎
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
内海(忠勝)家初代
1900年 - 1905年
次代:
内海勝二