赤星典太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤星典太

赤星 典太(あかほし[1] / あかぼし[2] てんた、1868年10月22日(慶応4年9月7日[2] - 1958年昭和33年)6月13日[1])は、日本の内務官僚実業家。官選県知事錦鶏間祗候

経歴[編集]

肥後国熊本城下手取本町(現熊本市)出身[3]熊本藩士・赤星晋作の長男として生まれる[2]第五高等学校を卒業。1896年帝国大学法科大学を卒業。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格。大蔵省に入省し主税局属となる[2][4]

1897年、司税官・金沢税務管理局在勤となる。以後、根室税務管理局長、札幌税務管理局長、会計検査官補、司法省参事官兼司法書記官、同書記官・総務局会計課長、農商務書記官、行政裁判所評定官などを歴任[2]

1913年6月、熊本県知事に就任。白川水利権日本窒素肥料に譲渡することを決定した[2]1914年4月、山口県知事に転任。道路の調査整理、組合立周陽中学校の県立移管、副業奨励費交付規則の制定などを進めた[5]1915年8月、長野県知事に転任。松本高等学校の設置、千曲川治水問題の解決、県立中学校の設置などに尽力[6]1921年5月、長崎県知事に転任。医療、教育の施策を推進した。1922年10月、休職となる[7]1923年2月10日に退官[8]。同年5月7日、錦鶏間祗候となる[9]

その後、肥後農工銀行取締役、熊本電気社長、熊本県教育会長などを務めた[3][6]。熊本電気では、急死した上田万平の後任として1935年(昭和10年)9月28日付で第5代社長に就任し、1939年(昭和14年)3月29日まで在職している[10]。赤星と前任の上田、同時に会長となった林市蔵の3人はいずれも官選県知事を歴任した熊本県出身の元官僚である[11]終戦後に公職追放となった[4]

栄典[編集]

伝記[編集]

  • 山口白陽著、赤星典太編『赤星典太先生』大日本教育会熊本県支部、1946年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』14頁。
  2. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』1039頁。
  3. ^ a b 『長野県姓氏歴史人物大辞典』445頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』177頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』855頁。
  6. ^ a b 『新編日本の歴代知事』523頁。
  7. ^ 『新編日本の歴代知事』1019頁。
  8. ^ 『官報』第3158号、大正12年2月12日。
  9. ^ 『官報』第3229号、大正12年5月8日。
  10. ^ 『九州地方電気事業史』297・766頁
  11. ^ 『人的事業大系』2 電力篇289-291頁
  12. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『長野県姓氏歴史人物大辞典』角川日本姓氏歴史人物大辞典20、角川書店、1996年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 九州電力(編) 『九州地方電気事業史』 九州電力、2007年
  • 松下伝吉 『人的事業大系』2 電力篇、中外産業調査、1939年