千葉貞幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉 貞幹(ちば ていかん、1852年 2月29日(嘉永5年2月10日[1])- 1913年大正2年)3月26日[2])は、明治から大正にかけての裁判官官僚県知事

経歴[編集]

十津川郷士・千葉清宗の長男として生まれる[1]高野山三宝院で学ぶ[1]慶応3年12月1868年1月)、鷲尾隆聚高野山挙兵に参加[1]

1873年1月、宮内省に出仕し雑掌に就任。1874年8月、司法省に転じ十一等出仕となる。1875年8月、四級判事補に任官。以後、長崎上等裁判所、名古屋裁判所、山田区裁判所(所長)、大阪上等裁判所で勤務。1881年5月、検事に任官。以後、大阪上等裁判所、和歌山支庁、和歌山始審裁判所、大津始審裁判所で勤務[1]

1987年12月、司法省参事官に発令され、翌年1月から刑事局に配属された。1890年11月、判事に任官。以後、東京控訴院判事、大津地方裁判所長、大阪控訴院部長、岡山地方裁判所長、神戸地方裁判所長、裁判所書記登用試験委員長、行政裁判所評定官を歴任した[1]

1906年7月、大分県知事に就任。大分港の築港を推進し、また、県下の産業振興を図った[3]

1911年7月、長野県知事に転任。1913年3月26日、長野師範学校卒業式で式辞を述べ、その後、知事公邸で心臓麻痺のため死去した[2]。なお、『官報』では翌日の27日に薨去と発表している[4]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「長野県知事正四位勲二等千葉貞幹」
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』522頁。
  3. ^ 『新編日本の歴代知事』1062頁。
  4. ^ 『官報』第199号、大正2年4月1日。
  5. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 内閣「長野県知事正四位勲二等千葉貞幹」大正2年、アジア歴史資料センター レファレンスコード: A10112762300