黒金泰義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒金 泰義
くろがね やすよし
Kurogane Yasuyoshi.jpg
黒金泰義
生年月日 (1867-08-12) 1867年8月12日慶応3年7月13日
没年月日 (1941-03-24) 1941年3月24日(73歳没)
出身校 東京帝国大学
所属政党 憲政会
立憲民政党
親族 黒金泰美(子息)
テンプレートを表示

黒金 泰義(くろがね やすよし、1867年8月12日慶応3年7月13日)- 1941年昭和16年)3月24日)は、日本内務官僚政治家憲政会系官選県知事衆議院議員函館区長

経歴[編集]

米沢藩士・黒金泰乗の長男として生まれる。第一高等学校を経て、1896年東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。内務省に入り警視庁属となる。1897年12月、文官高等試験行政科試験に合格。

以後、警視庁警部・第二部第二課長、警視・小石川警察署長、京橋警察署本所警察署深川警察署神田警察署品川警察署の各署長、山口県警部長栃木県警部長、警視庁第二部長などを歴任。1907年1月、北海道庁に転じ、事務官・第五部長、拓殖部長、庶務部長などを歴任。

1912年12月、群馬県知事に就任するが、五ヵ月後の1913年6月に休職となる。1914年4月、第2次大隈内閣が成立し大分県知事として復帰。 佐賀関製錬所について、鉱毒問題で地元の強い反対運動があったが、その設置を決定した。1915年8月、山口県知事に転じた。県内の道路整備、警察官増員などを推進した。1917年1月、寺内内閣により休職となる。同年3月13日、依願免本官となり退官[1]1919年9月、函館区長に就任した[2]

1920年5月、第14回衆議院議員総選挙で山形県第2区に憲政会公認で出馬して当選し[3]、そのため同年6月に函館区長を辞職した[2]1924年5月、第15回総選挙では落選[4]1925年9月、内閣拓殖局長に就任し、1927年5月まで在任し退官した。1928年2月、第16回総選挙で山形県第1区に立憲民政党公認で出馬し当選[5]第17回総選挙でも当選し[6]、衆議院議員を通算3期務めた。1932年2月の第18回総選挙で落選し引退した[7]

衆議院議員としては、濱口内閣鉄道政務次官、憲政会政務調査会長、立憲民政党総務などを歴任した。

1941年3月24日、73歳で死亡。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1383号、大正6年3月14日。
  2. ^ a b 『函館市史 通説編 第3巻』33-35頁。
  3. ^ 第14回衆議院議員選挙 山形2区 - ザ選挙 - 株式会社VoiceJapanが運営するサイト・ザ選挙内のページ(但し会員限定公開ページに変更されたためインターネットアーカイブ内のページにリンク)。
  4. ^ 第15回衆議院議員選挙 山形2区 - ザ選挙 - 同上。
  5. ^ 第16回衆議院議員選挙 山形1区 - ザ選挙 - 同上。
  6. ^ 第17回衆議院議員選挙 山形1区 - ザ選挙 - 同上。
  7. ^ 第18回衆議院議員選挙 山形1区 - ザ選挙 - 同上。
  8. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 函館市史編さん室編『函館市史 通説編 第3巻』函館市、1990年。