藤岡長和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤岡長和

藤岡 長和(ふじおか ながかず、1888年明治21年)5月13日[1] - 1966年3月6日[2])は、奈良県宇智郡北宇智村近内(現五條市)出身の内務官僚、俳人(俳号:玉骨)。奈良県宇智郡北宇智村初代村長の藤岡長二郎の長男[3]

略歴[編集]

藤岡家住宅[編集]

自宅「藤岡家住宅」(奈良県五條市)は2006年(平成18年)、国の登録有形文化財に登録された。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『長野県警百年の歴史』199頁。
  2. ^ a b NPO法人うちのの館ホームページ 俳人藤岡玉骨の家 登録有形文化財「 藤岡家住宅 」
  3. ^ a b 『奈良県現代人物誌 第一編』371-372頁。
  4. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛支部事務局長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、56頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 奥田信義『奈良県現代人物誌 第一編』奈良新報社、1924年。
  • 永井誠吉著、サンケイ新聞編『長野県警百年の歴史』サンケイ新聞、1976年。

外部リンク[編集]