松平正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松平正直(1899年)

松平 正直(まつだいら まさなお、天保15年2月26日1844年4月13日) - 大正4年(1915年4月20日)は、幕末福井藩士明治期の内務官僚政治家実業家内務次官県知事貴族院議員枢密顧問官錦鶏間祗候男爵。幼名・源太郎。字は子大。稲香、松坪と号す。

生涯[編集]

福井藩士・松平正泰の次男として生まれる。安政5年(1858年)に家督を相続。大番頭を務める。慶応3年(1867年)、坂本龍馬が福井を訪れ、三岡八郎(後の由利公正)と面談した際は、当時、八郎が幽閉中であったことから、用人であった正直(当時は源太郎と称した)と、目付の出淵伝之丞が立ち会った[1]戊辰戦争に会津征討越後口軍監として従軍。明治2年(1869年)、福井藩少参事となる。

明治3年9月1870年9 - 10月)、明治政府民部省に出仕。明治6年(1873年)11月、内務省が新設され内務少丞に就任。内務権大書記官を経て、明治11年(1878年)7月、宮城県権令となる。同県令を経て、明治19年(1886年)7月、初代宮城県知事に就任。宮城県知事としては、産業振興、土木、教育施策の推進に努めた。産業を振興するために交通整備の必要性を認識し、野蒜築港と関連する道路の改修、水路の開削に着手し、道路整備に当たって旧慣人足使役法を適用した。教育面では、明治19年(1886年)に、富田鐵之助(のち日銀総裁)とともに東華学校を設立した。明治24年(1891年)4月、熊本県知事に発令された。明治25年(1892年)2月の第2回衆議院議員総選挙において選挙干渉を行い死傷者が出ている。

明治29年(1896年)11月、内務次官に就任し明治30年(1897年)1月まで在任。同年12月、貴族院勅選議員に任じられ、明治43年(1910年)10月19日[2]まで務めた。明治31年(1898年)11月、錦鶏間祗候に任じられ[3]、また内務次官に再任され明治32年(1899年)4月まで在任。

明治33年(1900年)5月、男爵を叙爵した。その後、日本教育生命会社社長などを務めた。明治39年(1906年4月1日勲一等旭日大綬章を受章。明治43年(1910年)10月、枢密顧問官に就任した。

大正4年(1915年)、胃癌のため死去[4]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 養嗣子 松平正存(中川中之長男)[10]
  • 長女 松平芳子(正存の妻)[10]
  • 松平外与麿(内務官僚、貴族院男爵議員、正存長男)[10]

脚注[編集]

  1. ^ 三岡丈夫 編『由利公正伝』126 - 127頁 光融館出版、1916年
  2. ^ 『官報』第8200号、明治43年10月20日。
  3. ^ 『官報』第4604号、明治31年11月2日。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁。
  5. ^ 『官報』第1172号「叙任及辞令」1887年5月28日。
  6. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  7. ^ 『官報』第4081号「叙任及辞令」1897年2月12日。
  8. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  9. ^ 『官報』第813号「叙任及辞令」1915年4月21日。
  10. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、637頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 国史大辞典編集委員会編『国史大辞典』第13巻、吉川弘文館、1992年。
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 近代史究明会編『日本歴代知事総覧』政策調査研究会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
松岡康毅
鈴木充美
日本の旗 内務次官
第6代:1896年 - 1897年
第10代:1898年 - 1899年
次代:
中村元雄
小松原英太郎
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
松平(正直)家初代
1900年 - 1915年
次代:
松平外与麿