清棲家教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清棲家教

清棲 家教(きよす いえのり、文久2年5月22日1862年6月19日) - 大正12年(1923年7月13日[1][2]は、皇族伏見宮家)出身の日本の華族伯爵)。佛光寺第26代管長を務めたあと還俗し、貴族院議員、官選県知事などを務めた。

経歴[編集]

文久2年(1862年)、伏見宮邦家親王の第15王子[1]として江戸で[2]生まれる。幼称は六十宮[2][3]慶応2年(1866年)に臣籍降下して真宗仏光寺第25代管長教応(法名は真達、鷹司政通三男)の養子となる。明治元年(1868年)、仏光寺を相続[1][4][5]、仏光寺第26代管長となった。明治5年(1872年)には華族に列し、寺の所在地から取った渋谷(しぶたに)を家号として[1][4]渋谷 家教(しぶたに かきょう)と称した[4]。明治13年(1880年)、大教正[2]

明治21年(1888年)6月28日に渋谷家を離籍[4]、いったん伏見宮家に復帰したのち[1]、再度臣籍降下して新たに清棲の姓を賜り、伯爵清棲家教となった[1][6]貴族院伯爵議員宮中顧問官のほか、山梨茨城和歌山新潟の各県知事を務めた。

妻は倉橋泰顕の長女、満子[1]。子の隆教は渋谷家を継いだため(明治29年に男爵となる[4])、清棲伯爵家は真田伯爵家から養子に入った幸保が相続した[1]。なお、幸保は後に、家教の甥に当たる伏見宮博恭王の第2王女、敦子女王と結婚している[1]

栄典[編集]

血縁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上(霞会館、1996年)、p.529
  2. ^ a b c d 清棲家教”. 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年3月16日閲覧。
  3. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上(霞会館、1996年)、p.47
  4. ^ a b c d e 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上(霞会館、1996年)、p.727
  5. ^ 『コトバンク』所収デジタル版 日本人名大辞典+Plusによれば、明治6年(1873年)に出家して仏光寺住職となる、とある。
  6. ^ a b 『官報』第1499号、明治21年6月29日。
  7. ^ 『官報』第4799号「叙任及辞令」1899年7月1日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  9. ^ 『官報』第7209号「叙任及辞令」1907年7月11日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員の異動
  12. ^ 『官報』第1192号「叙任及辞令」1916年7月21日。
  13. ^ 『帝国議会会議録』貴族院議員異動
  14. ^ 『官報』第3287号「叙任及辞令」1923年7月14日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
清棲家初代
1888年 - 1923年
次代:
清棲幸保