吉永時次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉永時次

吉永 時次(よしなが ときじ、1892年2月8日 - 1976年3月25日)は、日本の内務警察官僚。官選県知事警視総監。旧姓・岸本。

来歴・人物[編集]

岡山県上道郡幡多村(現:岡山市中区)出身。岸本栄三郎の二男として生まれる。1928年、吉永光野の入夫となり改姓。

第六高等学校首席卒業を経て、1919年東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。1917年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1919年、内務省に入り、警視庁警部となる。

以後、地方事務官宮崎県書記官警察部長、茨城県書記官・警察部長、広島県書記官・警察部長、愛知県書記官・警察部長、兵庫県書記官・警察部長などを歴任。

1936年4月、和歌山県知事に就任。さらに、茨城県知事、広島県知事を務める。1942年6月、警視総監に就任。戦時下において都民の食糧供給に尽力し「台所総監」と呼ばれた[1]1943年4月、警視総監を辞任し退官。戦後公職追放となった。

1976年3月25日死去。享年84。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『新編日本の歴代知事』841頁。

参考文献[編集]