石井忠亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井忠亮

石井 忠亮(いしい ただあきら / ただすけ[1]天保11年7月7日[1]1840年8月4日) - 1901年明治34年)1月1日)は、幕末佐賀藩士明治時代の政府高官。位階勲等は従三位勲二等。日本国営電話事業の創始者。旧逓信省初代電信局長、錦鶏間祗候。鉄道の井上勝、郵便の前島密、電信の石丸安世と並ぶ「逓信四天王」の一人。通称・貞之進[1]

経歴[編集]

元佐賀藩士で、中牟田倉之助らとともに藩営三重津海軍所の教官として勤務した。明治元年(1868年)3月に開催された、日本初の観艦式では、旗艦電流丸(佐賀藩)に座乗し、5隻とフランス海軍から派遣された1隻の計6隻からなる受閲艦隊の総指揮官を務めた。戊辰戦争では、政府軍に属して佐賀藩海軍の陽春丸船将として箱館に出征。その戦功を明治天皇より賞され、戦功禄50石を下賜される。

海軍中佐のとき、軍務を去り、工部省に移籍する。土木・電信の事業に関わり、1875年(明治8年)には、ヨーロッパ各国の電信事情を視察する。1880年(明治13年)には電信局長に就任する。1883年(明治16年)には上海に出張し、現地の電話交換局を視察した。日本においても早急なる電話事業開設の必要性を感じ、帰国後、工部卿佐々木高行に対し、国営電話事業の開設を建言する。この結果、国営の電話事業が始まり、忠亮は日本で最初に電話通話を行なった。

1885年(明治18年)、ドイツで開催された万国電信会議には、日本政府代表として出席した。1887年(明治20年)には逓信省電信局長から元老院議官に抜擢された。1889年(明治22年)には和歌山県知事に転任する。1891年(明治24年)に非職、1892年(明治25年)4月28日、依願免本官となり退官した[2]1896年(明治29年)1月16日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[3]。晩年は和歌山県で余生を送った。1901年(明治34年)死去。

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』39頁。
  2. ^ 『官報』第2649号、明治25年4月30日。
  3. ^ 『官報』第3763号、明治29年1月17日。
  4. ^ 『官報』第7号「叙任及辞令」1883年7月9日。
  5. ^ a b 『官報』第5251号「叙任及辞令」1901年1月7日。
  6. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

参考文献[編集]

  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』柏書房、1995年。