池田清 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田清

池田 清(いけだ きよし、1885年2月15日 - 1966年1月13日)は、日本の内務官僚政治家貴族院議員衆議院議員海軍司政長官

経歴[ソースを編集]

鹿児島県出身。池田直助の長男として上野家から養子として池田家に入る。鹿児島一中五高を経て、1913年大正2年)7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験に合格し内務省に入省。警視庁警部に任官し神田錦町警察署に配属された。

小松川警察署長を経て、1916年(大正5年)3月、警視庁警視に昇進し本所向島警察署長に就任。以後、下谷上野警察署長、監察官・第二方面担当、第一方面担当、総監官房外事課長を歴任。1922年(大正11年)10月、岐阜県警察部長に就任。

1923年(大正12年)10月、内務省本省勤務となり、内務書記官・神社局第1課長となる。以後、兼衛生局保健課長、神社局総務課長を歴任。1928年昭和3年)1月、京都府書記官警察部長に転じ、大阪府書記官・警察部長、兵庫県書記官・内務部長を歴任。1931年(昭和6年)6月、朝鮮総督府警務局長に発令され、北海道庁長官大阪府知事を経て、1939年(昭和14年)9月、警視総監に就任した。1940年(昭和15年)1月、依願免本官。

太平洋戦争を迎え、1942年(昭和17年)1月、海軍司政長官・海南海軍特務部総監に就任した。1944年(昭和19年)8月、大阪府知事に再任され1945年(昭和20年)4月まで在任した。同年8月15日に貴族院勅選議員に任じられたが、15日間の在任で同月30日に辞任。その後、公職追放となり、1951年(昭和26年)8月に解除された。

1952年(昭和27年)、第25回衆議院議員総選挙鹿児島県第1区から自由党公認で立候補し当選。二期務めたが、1955年(昭和30年)2月の第27回衆議院議員総選挙で落選した。

親族[ソースを編集]

池田直助には実子がおらず、上野家から養子として池田家に迎えられた。由来は鹿児島県薩摩藩)。血縁上の池田家は消失した。池田清の晩年は鎌倉市大町にて過ごすが 1966年死去。葬儀は大町の自宅にて行われ上野家からは上野忠昌、上野すみ子、上野克典が参列する。

参考文献[ソースを編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。


公職
先代:
森岡二朗
日本の旗 朝鮮総督府警務局長
第7代:1931 - 1936
次代:
田中武雄