川崎寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 寛治(かわさき かんじ、1922年大正11年)4月18日 - 2005年平成17年)12月3日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員

来歴・人物[編集]

日本統治時代の台湾台南市生まれ。台北高等学校 (旧制)を経て、京都帝国大学法学部へ進む。1943年(昭和18年)から学徒動員で従軍し、台湾最南端の地で終戦を迎える。1946年(昭和21年)春に鹿児島県川辺町に引き揚げて、大学に復学し卒業。[1]

高校教諭、参議院議員秘書などを経て、1963年(昭和38年)の衆議院議員総選挙で社会党公認で旧鹿児島1区に立候補し当選する。以後当選通算9回。1970年(昭和45年)から1977年(昭和52年)まで社会党国際局長に就任し、アジアアフリカ諸国との党外交を推進した。また1976年(昭和51年)のロッキード事件では社会党党調査団長として訪米している。衆議院予算委員会などに長く所属し、リクルート事件などで政府与党に対して、党を代表をして質問した論客の一人であった。 当時自民党のヤジ将軍だった鈴木宗男野次を飛ばされ「鈴木君黙れ」と一喝した。

1993年(平成5年)の総選挙で落選、引退した。2005年(平成17年)12月3日、間質性肺炎のため死去。享年83。

政策[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南日本新聞社『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)206頁
  2. ^ 第123回 - 衆議院 - 法務委員会 - 15号 平成04年06月19日