吉田治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 治
よしだ おさむ
生年月日 (1962-03-16) 1962年3月16日(56歳)
出生地 日本の旗大阪府大阪市
出身校 早稲田大学法学部卒業
京都大学大学院退学
前職 大学院生
大阪薫英女子短期大学教授
所属政党無所属→)
民社党→)
新進党→)
新党友愛→)
民主党→)
民進党→)
希望の党
称号 学士
公式サイト 吉田おさむのホームページ

選挙区旧大阪2区→)
比例近畿ブロック→)
大阪4区
当選回数 4回
在任期間 1993年 - 2000年
2003年 - 2005年
2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

吉田 治(よしだ おさむ、1962年3月16日 ‐ )は、日本政治家

衆議院議員(4期)、国土交通副大臣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)などを歴任。

概要[編集]

大阪市城東区出身。実家は電気部品工場で四人兄弟の三男。大阪府立旭高等学校を経て早稲田大学法学部卒業。京都大学大学院法学研究科修士課程中退(衆院選当選のため)。松下政経塾6期生[1]

1993年第40回衆議院議員総選挙民社党日本新党推薦で初当選。2000年第42回衆議院議員総選挙では野党候補乱立により落選したが、2003年第43回衆議院議員総選挙小選挙区初当選し国会に復帰。しかし2005年第44回衆議院議員総選挙では小泉旋風の下で落選し、大阪薫英女子短期大学教授となる。2009年第45回衆議院議員総選挙において中山泰秀を破って4選し、国会に返り咲いた。同年10月、民主党副幹事長に就任。2011年衆議院経済産業委員長に就任。

2012年1月16日に発足した野田第1次改造内閣国土交通副大臣に就任。

2012年の第46回衆議院議員総選挙において大阪4区から出馬するも落選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では民主党と維新の党の選挙区調整のため公認が下りず[2]、無所属で大阪4区から出馬するも落選。2015年12月22日の民主党常任幹事会で大阪4区支部長に復帰[3]

2017年の第48回衆議院議員総選挙では希望の党に公認申請を行ったが、希望の党の小池百合子代表が大阪府内での日本維新の会との候補者の棲み分けに応じたため[4]比例北陸信越ブロックで比例単独12位での立候補となり[5]、落選。

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

  • 焼肉を考える議員連盟 会長[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
田中慶秋
日本の旗 衆議院経済産業委員長
2011年 - 2012年
次代:
中山義活
先代:
五十嵐文彦
日本の旗 衆議院災害対策特別委員長
2010年 - 2011年
次代:
村井宗明
公職
先代:
奥田建
松原仁
日本の旗 国土交通副大臣
奥田建と共同
2012年
次代:
伴野豊
長安豊