江藤拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 江藤 拓
生年月日 (1960-07-01) 1960年7月1日(56歳)
出生地 日本の旗宮崎県門川町
出身校 成城大学経済学部
前職 江藤隆美総務庁長官秘書官
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
自由民主党(無派閥)
称号 経済学士
国会議員政策担当秘書
公式サイト 江藤拓 オフィシャルWEBサイト
選挙区 宮崎2区
当選回数 5回
テンプレートを表示

江藤 拓(えとう たく、1960年7月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。農林水産副大臣第2次安倍内閣)を歴任した。

来歴・人物[編集]

宮崎県門川町出身。父は、建設大臣、運輸大臣、総務庁長官を歴任した元衆議院議員の江藤隆美

宮崎県立宮崎西高等学校を経て、1985年成城大学経済学部を卒業。ハーバード大学国際問題研究所客員研究員、江藤隆美秘書などを経て、2003年第43回衆議院議員総選挙に、父の地盤を引き継いで宮崎2区から無所属で立候補し、初当選。当選後の追加公認自由民主党に入党、亀井派に所属する[要出典]

2005年7月5日郵政民営化法案衆議院本会議採決で反対票を投じたため、同年9月11日第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、無所属で宮崎2区から出馬。自民党公認候補の上杉光弘らを破って再選されたが、当選後の特別国会に再提出された郵政法案の採決では、一転して賛成票を投じた。その後、同年10月28日に党紀委員会からの離党勧告を受け、自民党を離党した。

2006年11月27日、自民党に復党届と誓約書を提出。同年12月4日に党紀委員会で復党が認められ、自民党に復帰した(郵政造反組復党問題)。復党後は無派閥となっていたが、2007年10月に、かつて所属していた亀井派の流れを汲む伊吹派に再入会した[要出典]

2008年8月、福田康夫改造内閣において農林水産大臣政務官に就任。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に自民党から出馬し3選。公明党の推薦も受けた[1]

2010年6月、所属していた伊吹派を再び退会した[2]。以降は無派閥で活動している。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で4選。同月発足した第2次安倍内閣において農林水産副大臣に就任。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で5選。

政策[編集]

宮崎県で流行した口蹄疫問題への対応[編集]

2010年4月に発生した宮崎県の口蹄疫問題について、5月11日の衆議院農林水産委員会において、「民主党に現場の本当の苦しみをわかってほしい」「地元では赤松農相の解任を求める声が上がっているが、今は一丸となって取り組むべきだ」と述べた[5][6][7]

選挙運動[編集]

  • 2014年、江藤が支部長を務める自民党支部が、支援者にカレンダー約2万部を無料で配っていたことが報じられた[8]公職選挙法は、政治家が選挙区内の人へ現金や物品などの「財産上の利益」を贈る「寄付」を禁じている[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)。
  2. ^ 決断 : 江藤拓 日常活動報告2010年6月8日
  3. ^ 歴史事実委員会の全面広告画像
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  5. ^ 【口蹄疫】20100511 農水委員会 江藤拓(自民質疑1/5)【政権野党】
  6. ^ 【口蹄疫】20100511 農水委員会 江藤拓(自民質疑2/5)【政権野党】
  7. ^ 【口蹄疫】20100511 農水委員会 江藤拓・長島忠美(自民質疑3/5)【政権野党】
  8. ^ a b 「江藤拓氏、支援者にカレンダー2万部を無料配布」、朝日新聞、2014年11月1日

外部リンク[編集]

議会
先代:
坂本哲志
日本の旗 衆議院農林水産委員長
2014年 - 2016年
次代:
小里泰弘
公職
先代:
吉田公一
佐々木隆博
日本の旗 農林水産副大臣
加治屋義人吉川貴盛と共同
2013年 - 2014年
次代:
阿部俊子
小泉昭男
先代:
谷川弥一
澤雄二
日本の旗 農林水産大臣政務官
野村哲郎と共同

2008年 - 2009年
次代:
佐々木隆博
舟山康江