小斉平敏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小斉平 敏文(こせひら としふみ、1949年9月30日 - 2015年7月9日[1])は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(1期)。宮崎県小林市出身。

略歴[編集]

1968年鹿児島県立甲南高等学校卒業。1974年、衆議院議員・小山長規の秘書となる。

1979年、小林市議会議員に初当選。以後連続3期務める。1991年宮崎県議会議員に当選。以後連続3期務める。

2001年7月の参議院議員通常選挙に自民党公認で宮崎県選挙区から出馬。現職の長峯基らを破り初当選。2005年11月2日、農林水産大臣政務官に就任。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙では再選を目指したが、無所属の新人・外山斎に敗れた。

2010年4月の小林市長選挙に出馬するも落選。

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
加治屋義人大口善徳
日本の旗 農林水産大臣政務官
金子恭之と共同

2005年 - 2006年
次代:
永岡桂子福井照