持永和見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

持永 和見(もちなが かずみ、1927年7月1日 - 2017年9月3日)は、日本の官僚政治家自由民主党宏池会所属の衆議院議員で5期務めた。宮崎県都城市出身。弟は元自治事務次官持永堯民。子は持永哲志

略歴[編集]

衆議院議員時代[編集]

政界引退後[編集]

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界から引退。地盤宮崎2区には、子で元経産官僚の持永哲志を自身の後継者として擁立。自民党公認争いで古川禎久との調整がつかず、双方が無所属で立候補したが、古川に敗れて落選。2005年第44回衆議院議員総選挙では、哲志が自民党公認として立候補したが、再び落選。その後、2008年6月に哲久は旅行中の沖縄で急死した。

2017年9月3日、心不全のため、東京都渋谷区の自宅で死去。90歳没[1]

脚注[編集]

  1. ^ 持永和見氏が死去 元衆院議員 日本経済新聞 2017年9月4日

関連項目[編集]

議会
先代:
衛藤征士郎
日本の旗 衆議院決算行政監視委員長
2001年 - 2002年
次代:
渡海紀三朗
先代:
奥田幹生
日本の旗 衆議院環境委員長
1994年 - 1995年
次代:
阿部昭吾