松前仰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松前 仰(まつまえ あおぐ、1935年8月11日 - 2006年6月5日)は、政治家工学者工学博士。専門は海洋工学。元日本社会党衆議院議員(連続当選4回)。東海大学創立者・松前重義の三男。日本対外文化協会常務理事を務めた。

来歴[編集]

東京都武蔵野市出身。早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。1957年、NHKに入局。放送技術研究に従事、実験用放送衛星やビデオテープ自動編集方式などの開発に取り組み、のち主任研究員[1]。1982年に退局して東海大学教授に就任。

1983年、旧静岡1区より社会党公認で衆院議員に当選し、4期つとめる。衆議院議員時代は、社会党シャドーキャビネット官房副長官、細川内閣郵政政務次官などを歴任し、1996年に政界を引退。

2005年、旭日中綬章[2]

略歴[編集]

政策[編集]

著書[編集]

  • 海洋立国をめざして 「科学」から「産業」への道 松前仰, 竹内宏 1986年03月発売 東海大学出版部
  • 技術摩擦 松前仰 1988年06月発売 東海大学出版部

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 第136回国会 法務委員会請願1650号
議会
先代:
鉢呂吉雄(代理)
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1996年
次代:
石橋大吉
学職
先代:
光澤舜明
北海道東海大学学長
第5代:2005年 ‐ 2006年
次代:
西村弘行