東海大学総合農学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
学校法人東海大学 > 東海大学総合農学研究所
東海大学総合農学研究所
正式名称 東海大学総合農学研究所
組織形態 大学附置研究所
所在地 日本の旗 日本
869-1404
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽
北緯35度21分39秒東経139度16分20.9秒座標: 北緯35度21分39秒 東経139度16分20.9秒
設立年月日 1985年
テンプレートを表示

東海大学総合農学研究所(とうかいだいがくそうごうのうがくけんきゅうじょ)は、東海大学の附置研究所の一つで、1985年昭和60年)に設立。

概要[編集]

日本の食料生産を支える九州の熊本を基点に、アジアに開かれた大学の一員として食料農業農村をめぐる様々な問題を取り上げ、それらの解決方策を探りながら研究活動を展開している。また、昨今の生命科学をはじめとした先端技術の進展は目覚しいことから、バイオテクノロジーの食料生産への活用等についても積極的に取り入れている[1]

沿革[編集]

  • 1985年
    • 総合農学研究所を開設。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]