原田昇左右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原田昇左右
はらだ しょうぞう
生年月日 1923年7月15日
出生地 静岡県焼津市
没年月日 (2006-07-02) 2006年7月2日(82歳没)
死没地 東京都目黒区
出身校 東京帝国大学
(現・東京大学
前職 農林省官僚
運輸省官僚
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
親族 長男・原田令嗣

日本の旗 第54代 建設大臣
内閣 第1次海部内閣
在任期間 1989年8月10日 - 1990年2月28日

選挙区 旧静岡1区→)
静岡2区
当選回数 9回
在任期間 1976年12月10日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

原田 昇左右(はらだ しょうぞう、1923年7月15日 - 2006年7月2日)は、日本政治家、元自由民主党衆議院議員静岡県焼津市出身。愛称は「ハラショー」。元衆議院議員の原田令嗣は長男。正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

静岡中学静岡高校を経て、1946年東京帝国大学第二工学部卒業後、農林省現農水省)に入省。後に運輸省に転じる。1974年に運輸大臣官房審議官を最後に退官、1976年の衆院選に西村直己の後継者として旧静岡1区から出馬し初当選(当選同期に愛知和男鳩山邦夫中村喜四郎中島衛西田司池田行彦堀内光雄相澤英之津島雄二鹿野道彦塚原俊平中西啓介与謝野馨渡辺秀央中川秀直甘利正など)。以後連続当選9回。自民党では宏池会に所属。通産政務次官を経て、1989年第1次海部内閣建設大臣として初入閣。衆議院予算委員長なども務めた。

2000年に派閥領袖である加藤紘一が起こした「加藤の乱」では、大半の宏池会幹部が加藤に反発する中、数少ない加藤の同調者となる。2002年春の叙勲で勲一等旭日大綬章を授けられた。2003年くも膜下出血で倒れ、同年の総選挙には出馬せず政界を引退した。

2006年7月2日、急性腎不全のため東京都目黒区内の病院で死去。82歳。死後、正三位に叙された。

関連人物[編集]


議会
先代:
島村宜伸
日本の旗 衆議院予算委員長
2000年
次代:
野呂田芳成
先代:
粕谷茂
日本の旗 衆議院決算行政監視委員長
1998年 - 1999年
次代:
中村正三郎
先代:
小杉隆
日本の旗 衆議院環境委員長
1993年
次代:
奥田幹生
先代:
大久保直彦
日本の旗 衆議院科学技術委員長
1986年 - 1987年
次代:
大坪健一郎
公職
先代:
野田毅
日本の旗 建設大臣
第54代:1989年 - 1990年
次代:
綿貫民輔