足立篤郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立 篤郎(あだち とくろう、1910年7月22日 - 1988年8月14日)は、昭和期の日本政治家自由民主党衆議院議員

来歴・人物[編集]

静岡県周智郡山梨村(現・袋井市)生まれ。掛川中学校(現・静岡県立掛川西高等学校)、静岡高等学校 (旧制)を経て、1934年京都帝国大学法学部を卒業。南満州鉄道に入社する。戦後は静岡県農業共済組合連合会会長などを経て、1949年第24回衆議院議員総選挙吉田茂率いる民主自由党公認で旧静岡3区から立候補し、初当選。以後当選12回。

自民党では佐藤栄作派-田中角栄派に所属。大蔵政務次官、衆議院大蔵委員長、衆議院農林水産委員長などを経て1972年第1次田中角栄内閣農林大臣1974年には第2次田中角栄内閣第2次改造内閣科学技術庁長官として入閣する。

大柄な体形から「殿様ガエル」のあだ名が付けられ、気さくかつ大らかな人柄で知られた。1972年角福戦争で大荒れとなった自民党総裁選で選挙管理委員を務めた際は、田中の勝利を確信するや否や、壇上からおもむろに右手でOKサインを掲げてみせ、テレビ中継を観ていた視聴者をも驚かせた。1984年勲一等旭日大綬章受章。

1985年竹下登田中派内部で「創政会」(のちの経世会)を旗揚げすると、田中派長老で唯一、最高顧問として参加。既に次期総選挙での引退を表明していたが、「(田中のプレッシャーに負けず)この運動を成し遂げよう」と会合に参加した後輩たちを激励したと言われる。ちなみに、1983年に足立と同じ旧静岡3区から衆議院議員に初当選していた熊谷弘は、足立の引退表明により田中派入りが叶い、事実上足立の後継者となった。1986年政界を引退。1988年8月14日死去。78歳没。故人の意志により遺体は医学発展のために献体された。

当選同期[編集]

池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など。

公職
先代:
森山欽司
日本の旗 科学技術庁長官
第28代:1974年 -1985年
次代:
佐々木義武