平生釟三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平生 釟三郎
ひらお はちさぶろう
HIRAO Hachisaburo.jpg
1945年
生年月日 1866年7月4日
出生地 美濃国厚見郡加納
没年月日 (1945-11-27) 1945年11月27日(79歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都目黒区洗足
出身校 高等商業学校卒業
岐阜県第一中学校中退
前職 実業家
称号 従三位
勲一等旭日大綬章
配偶者 平生すす
子女 長男:平生太郎山武常務)
三男:平生三郎東洋紡績副社長)

大日本帝国の旗 第45代 文部大臣
内閣 廣田内閣
在任期間 1936年3月25日 - 1937年2月2日

在任期間 1943年4月28日 - 1945年11月27日

選挙区勅選議員
在任期間 1935年 - 1943年
テンプレートを表示

平生 釟三郎(ひらお はちさぶろう、慶応2年5月22日1866年7月4日) - 1945年昭和20年)11月27日)は、日本実業家教育者甲南学園創立者)、政治家廣田内閣文部大臣貴族院勅選議員枢密顧問官)。住吉村 (兵庫県)(現在は甲南大学・平生記念セミナーハウス)に住まう。

人物[編集]

明治大正、及び昭和初期に活躍し、移民制限を始めたブラジルに対し経済的貢献により移住を確保しようと海外移住組合連合会長だった平生が訪伯経済使節団長としてブラジルに渡るなどした。その功績により、1935年ブラジルコメンダトール勲章。灘購買組合(日本初の生協)の設立、大阪ロータリークラブの設立にも尽力。政治家の床次竹二郎を後援し、献金をした。甲南大学甲南高等学校・中学校の創立者でもある。 東京商業学校第三部露語科の同級生に二葉亭四迷がいる。二人は首席を争った。

経歴[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等

家族[編集]

  • 実父:田中時言 - 加納藩士
  • 実母:田中徳
  • 養父:平生忠辰 - 岸和田藩士
  • 養母:平生多満
  • 妻:平生すす
  • 長男:平生太郎 - 山武常務
  • 三男:平生三郎 - 東洋紡績副社長

カナモジ論[編集]

平生釟三郎はカナモジカイの会員であった。1930年に講演を行い、その講演をもとに『漢字廃止論』という本を出していた。

1936年3月25日広田弘毅内閣の文部大臣となった。5月の貴族院本会議において、『漢字廃止論』について質問されて、現在でも漢字廃止を信念としていることをあきらかにした[6]

邸宅[編集]

住吉村 (兵庫県)にあった[7](「住吉村 (兵庫県)#出身・ゆかりのある人物」参照)

脚注[編集]

  1. ^ 甲南学園(2010年)、65頁
  2. ^ 甲南学園(2010年)、65頁
  3. ^ 日本の発展に尽くした実業家 平生釟三郎 / 平生釟三郎と甲南病院”. kobecco.hpg.co.jp. 2018年10月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 平生釟三郎』 アジア歴史資料センター Ref.A06051182100 
  5. ^ 『官報』第5677号「叙任及辞令」1945年12月13日。
  6. ^ 『官報』号外1936年5月10日「第六十九回帝国議会貴族院議事速記録第四号」の30から36頁、『官報』号外1936年5月12日「第六十九回帝国議会貴族院議事速記録第五号」の46頁。
  7. ^ 創立者 平生釟三郎 理想教育の実現に向かって - 甲南小学校同窓会

参考文献[編集]

  • 平生釟三郎『漢字廃止論』第4版、カナモジカイ、1936年
  • 平生釟三郎『平生釟三郎自伝』名古屋大学出版会、1996年
  • 『新 平生釟三郎のことば』甲南学園平生釟三郎研究会編、甲南学園、2010年

関連[編集]

外部リンク[編集]