東洋紡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東洋紡株式会社
TOYOBO CO., LTD.
Toyobo company logo.svg
Toyobo Headoffice.JPG
種類 株式会社
市場情報
略称 TOYOBO
本社所在地 日本の旗 日本
530-8230
大阪市北区梅田1丁目13番1号
大阪梅田ツインタワーズ・サウス
設立 1914年大正3年)6月26日
(東洋紡績株式会社)
業種 繊維製品
法人番号 2120001059666 ウィキデータを編集
事業内容 繊維、化成品・溶剤、バイオ・メディカル・機能材、他
代表者 竹内郁夫代表取締役社長兼社長執行役員
森重地加男(代表取締役兼専務執行役員)
資本金 517億3000万円(2020年3月31日現在)
発行済株式総数 8,904万8,792株
売上高 連結:3396億700万円
単独:1990億8600万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:227億9400万円
単独:155億8200万円
(2020年3月期)
総資産 連結:4888億7400万円
単独:4216億2500万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:9,688名、単体:3,189名
(2020年3月31日現在)
決算期 3月
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.88%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 6.42%
全国共済農業協同組合連合会 2.61%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 東洋紡STC
御幸毛織 など
関係する人物 渋沢栄一(創業者)
山辺丈夫(初代社長)
十代目伊藤伝七(第2代社長)
十一代目伊藤伝七(元会長)
藤田伝三郎
松本重太郎
阿部市郎兵衛 (7代)
阿部周吉
阿部房次郎
阿部孝次郎
関桂三
宇野収
坂元龍三(元社長・会長)
楢原誠慈(元社長、現取締役会長)
渡邉賢(元専務)
外部リンク https://www.toyobo.co.jp/
テンプレートを表示

東洋紡株式会社(とうようぼう、:TOYOBO CO., LTD.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く、。日本の大手化学企業。繊維を中心に化成バイオ医薬など高機能製品の開発・製造を行う企業日経平均株価の構成銘柄の一つ[1]

概要[編集]

1882年明治15年)創業の日本の紡績業界の名門である。かつての「六大紡(東洋紡・日紡鐘紡富士紡日清紡日東紡)」の筆頭としてその名を知られているが、現在では繊維以外の部門が高い割合を占める。

旧商号は東洋紡績株式会社(とうようぼうせき)だが、2012年平成24年)に従来の通称を用いた商号変更を実施した。一時期は「ゆたかな未来のパートナー」「生活創造企業」「Ideas & Chemistry」のスローガンを掲げていたが、2022年3月以降は「未来が、今日はじまる」をスローガンとしている。

社史[編集]

沿革[編集]

  • 1879年(明治12年) - 山辺丈夫(初代社長)が渋沢栄一藤田伝三郎松本重太郎等財界人の援助により、紡績事業計画を策定する。
  • 1882年(明治15年) - 東洋紡の基盤となる大阪紡績株式会社を設立する。日本初の本格的な紡績会社として操業を開始する。三重紡績所運転開始[2]
  • 1886年(明治19年) - 三重紡績株式会社を設立する。三重紡績所を主力工場にして企業合併で繊維工場設備を吸収する[2]
  • 1888年(明治21年) - 金巾製織株式会社を設立する。
  • 1906年(明治39年) - 金巾製織と大阪紡績が合併する。
  • 1914年(大正3年) - 大阪紡績と三重紡績が合併して東洋紡績株式会社が設立される。
  • 1923年(大正12年) - 伊勢紡織を合併する。
  • 1926年(昭和元年)- 名古屋絹紡を合併する。
  • 1927年(昭和2年) - レーヨン事業に進出する。
  • 1931年(昭和6年) - 大阪合同紡績(1900年1月設立)を合併する[3]
  • 1932年(昭和7年) - 井波工場操業開始[3]
  • 1935年(昭和10年) - 入善工場操業開始[3]
  • 1936年(昭和11年) - 和泉紡績を合併する。
  • 1941年(昭和16年) - 吉見紡織、和泉織物、内外紡績、琴浦紡績を合併する。
  • 1942年(昭和17年) - 福島人絹、東洋毛絲紡績、東洋毛織工業、日本毛絲紡績を合併する。
  • 1949年(昭和24年) - 株式を公開する。東洋染色を合併する。
  • 1951年(昭和26年) - 東洋紡ニューヨーク事務所を設立、海外進出の強化を図る。
  • 1955年(昭和30年) - 戦後日本の海外進出の先駆け、「東洋紡ブラジル」を設立。
  • 1956年(昭和31年) - 合繊事業への進出。
  • 1958年(昭和33年) - アクリル繊維の生産を開始。
  • 1963年(昭和38年) - フイルム事業へ進出。コーポレートロゴを導入。
  • 1966年(昭和41年) - 呉羽紡績(1929年7月設立)を合併する。
  • 1970年(昭和45年) - プラスチック事業に進出。
  • 1972年(昭和37年) - バイオ事業に進出。
  • 1975年(昭和51年) - ポリエステルスパンボンドの生産を開始。
  • 1978年(昭和53年) - 機能膜事業へ進出。
  • 1982年(昭和57年) - 創立100周年を迎える。東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団を設立。遺伝子工学用酵素の研究開発を開始。
  • 1983年(昭和58年) - 電子材料の開発を本格化。
  • 1988年(昭和63年) - 東洋紡ペットコードを合併する。
  • 2001年(平成13年) - 日本マグファンを合併する。
  • 2010年(平成22年) - 3月1日に東洋化成工業を合併する。同社の精密化学品事業本部となる。
  • 2012年(平成24年) - 創立130周年を機に商号を東洋紡株式会社に変更。
  • 2013年(平成25年) - ポリエステル繊維を使ったタイヤコード事業から撤退[4]
  • 2015年(平成27年) - 中国や韓国企業による低価格品との競争で利益が見込めず、ペットボトル用樹脂の製造中止とポリエステル樹脂原料事業から撤退。[5]
  • 2016年(平成28年) - ブラジル現地法人の繊維事業及び香港事業所について、事業収益の改善にメドが立たず休止を発表[6][7]
  • 2017年(平成29年) - 岩国事業所から薬液(メチルエチルケトン)流出。排水路を通じて海に最大で108リットル流出した。[8]
  • 2018年(平成30年) - 敦賀事業所第二事業所内の敦賀機能材工場で火災事故。[9]
  • 2018年(平成30年) - 敦賀事業所・敦賀バイオ工場の酵素製造工程で、酵母を含む水性液体が流出する事故が発生。流出した酵母は、遺伝子組換えをした酵母。[10]
  • 2019年(平成31年) - 旧三重工場の敷地内にある倉庫で火災事故。[11]
  • 2019年(令和元年) - 大阪府警は6月4日、医療機器事業部長を詐欺容疑で逮捕した。[12]
  • 2020年(令和2年) - 東洋紡工場で火災。男性社員3人が病院に搬送され、うち2人が死亡。
  • 2021年(令和3年) - 電子部品に使われる樹脂部品「プラナック」「バイロペット」「グラマイド」「ペルプレン」の安全認証を意図的に不正取得したとして、品質管理の国際認証(ISO9001)及び、安全試験を手掛ける米アンダーライターズ・ラボラトリーズ(UL)からの安全認証計217品目を、全て取り消された。[13][14]
  • 2022年(令和4年) - 創業140周年を機に、1963年から使用しているコーポレートロゴを約60年ぶりに変更。
  • 2022年(令和4年)3月 - 富山事業所が所管する井波工場と入善工場を廃止して庄川工場に集約[3]
  • 2022年(令和4年)5月9日 - 本社を大阪市北区堂島浜東洋紡ビルディングから同区梅田大阪梅田ツインタワーズ・サウスに移転[15]

合併沿革[編集]

大阪紡績の歴史(明治15年5月創設~大正3年6月に三重紡績と対等合併して東洋紡績株式会社になる)
  • 大阪織布(大阪府内に明治20年5月に創設される~明治23年10月に大阪紡績に吸収合併される)
  • 伏見紡績(京都府内に明治28年12月に創設される~明治33年5月に平安紡績に吸収合併される)
  • 平安紡績(京都府内に明治28年9月に創設される~明治37年2月に神戸紡績に改称する)
  • 神戸紡績(兵庫県神戸市に明治37年に創設された会社~明治38年5月に大阪紡績に吸収合併される)
  • 金巾製織(明治21年8月に創設される~明治30年2月に神戸紡績に吸収合併される)
  • 宇和紡績(明治21年6月に創設される~明治38年4月に白石紡績所に改称する)
  • 白石紡績所(明治38年4月に創設される~明治40年4月に大阪紡績に吸収合併される)
三重紡績の歴史(明治19年6月創設~大正3年6月に大阪紡績と対等合併して東洋紡績株式会社になる)
  • 三重紡績所(三重県で明治13年4月に創設された最初の東洋紡の紡績工場~明治19年7月に三重紡績会社として吸収合併する)
  • 伊勢中央紡績(明治29年2月に創設される~明治30年2月に三重紡績に吸収合併)
  • 伊勢紡績(明治27年9月に創設される~明治34年2月に三重紡績に吸収合併される)
  • 尾張紡績(愛知県内に明治20年3月に創設される~明治38年10月に三重紡績に吸収合併される)
  • 津島紡績(愛知県内に明治27年3月に創設される~明治39年9月に三重紡績に吸収合併される)
  • 浪華紡績(大阪府内に明治20年4月に創設される~明治32年6月に西成紡績所に改称する)
  • 西成紡績所(大阪府内に明治32年6月に創設される~明治39年12月に三重紡績に吸収合併される)
  • 知多紡績(愛知内に明治29年8月に創設される~明治40年8月に三重紡績に吸収合併される)
  • 桑名紡績(三重県の桑名に明治29年1月に創設される~明治40年8月に三重紡績に吸収合併される)
  • 下野紡績所(栃木県に明治18年1月に創設される~明治20年6月に下野紡績に改称される)

事業内容[編集]

繊維事業を出発点に、化成品、機能材、バイオ・メディカルへと事業領域を拡大してきた歴史があり、2001年(平成13年度)以降は非繊維部門の売上高が50%を超えている。

  • 各種繊維工業品、合成樹脂およびその成形品、各種科学工業品ならびに生化学品、医薬品および関連商品製造・加工・販売、電子機器、理科学機器、医療用具およびその関連機器。
  • 各種プラントおよび機器の設計・製作・販売。
  • 各種技術・情報の販売。
  • 不動産事業(東洋紡績富田工場東洋紡績伊勢工場など工場跡地の不動産賃貸事業)

事業所[編集]

  • 本社:530-8230 大阪市北区堂島浜2-2-8 東洋紡本社ビル
  • 東京支社:〒104-8345 東京都中央区京橋1-17-10 住友商事京橋ビル
  • 名古屋支社:〒452-0805 名古屋市西区市場木町390 ミユキビル
  • 九州営業所:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-17-5 A.R.K.ビル
  • 事業所
  • 総合研究所:滋賀県大津市堅田2-1-1
  • 敦賀バイオ研究所:福井県敦賀市
  • 工場:大規模な繊維製造をする主力工場と東洋紡の専門工場がある。
    • 主力工場:敦賀工場(福井県敦賀市で東洋紡の本社工場の機能がある)・岩国工場(山口県岩国市の大規模紡績工場)・犬山工場(愛知県犬山市)の3つの大規模工場が主力工場となっている。
    • 専門工場
      • 北陸地方の3工場(東洋紡入善工場(富山県入善町)、東洋紡井波工場(富山県南砺市)、東洋紡庄川工場(富山県射水市))
        • 富山事業所が所管しており入善工場と井波工場で糸を生産し、庄川工場で織布や加工を行っていたが、2022年(令和4年)3月に井波工場と入善工場を廃止して庄川工場に集約する予定[3]
      • 三重紡績の発祥地(東洋紡三重工場(三重県四日市市に立地する工場。現在は御幸毛織株式会社及びトーヨーニットの四日市工場となっている)
        • 東洋紡績テクノウール管轄の三重県四日市楠地区に立地する工場(東洋紡績楠工場
      • 東洋紡績の発祥地の関西地方の紡績工場(東洋紡高砂工場(兵庫県高砂市
      • 大津医薬工場(滋賀県大津市)
  • 主要海外拠点
    • 東洋紡(米国)株式会社 TOYOBO U.S.A., INC.(ニューヨーク)
    • 東洋紡高機能製品貿易(上海)有限公司 TOYOBO (SHANGHAI) CO., LTD.(上海)
    • 台灣東洋紡股份有限公司 TOYOBO (TAIWAN) CO., LTD.(台北)
    • 東洋紡(タイ)株式会社 TOYOBO (THAILAND) CO., LTD.(バンコク)
    • 東洋紡ブラジルホールディングス有限会社 TOYOBO DO BRASIL PARTICIPACOES LTDA.(サンパウロ)
    • 東洋紡ケミカルズヨーロッパ有限会社 TOYOBO Chemicals Europe GmbH(デュッセルドルフ)

グループ企業[編集]

繊維の製造販売関連[編集]

サービス関連[編集]

その他製造販売[編集]

過去のグループ企業[編集]

スポンサー番組(全て過去)[編集]

歴代キャンペーンガール[編集]

社会人スポーツ[編集]

1961年(昭和36年)に女子バレーボール部が発足する。1967年(昭和42年)から日本リーグに参戦して、一時期不安定になりながらも、強豪として数々の実績を残す。1994年(平成6年)にVリーグに移行(東洋紡オーキス・バレーボール部)してからも、大林素子などの活躍により2回の優勝を果たすが、本業の不振などの理由により2002年(平成14年度)をもってチームは解散して、40年余に渡る活動の幕を下ろした。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b かつての三菱レイヨンとの提携事業の一環。

出典[編集]

  1. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  2. ^ a b 東洋紡績(株)『百年史 : 東洋紡. 下』(1986.05)渋沢栄一社史データペース
  3. ^ a b c d e 東洋紡 井波、入善工場を休止 24年春庄川工場に集約 富山新聞DIGITAL(北國新聞社)、2021年11月2日。
  4. ^ 東洋紡、2013年末でポリエステルタイヤコード事業から撤退” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2021年6月6日閲覧。
  5. ^ 東洋紡/ペットボトル用樹脂の製造中止とポリエステル樹脂原料事業から撤退|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット” (日本語). 通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット. 2021年6月6日閲覧。
  6. ^ 東洋紡、ブラジル繊維事業「改善メド立たず」撤退”. www.logi-today.com. 2021年6月6日閲覧。
  7. ^ 香港の当社グループ会社の事業撤退に関するお知らせ | ニュースリリース | 東洋紡”. www.toyobo.co.jp. 2021年6月6日閲覧。
  8. ^ 東洋紡の岩国事業所から薬液流出 海上汚染は確認されず:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月30日閲覧。
  9. ^ 東洋紡 敦賀のエアバッグ原糸工場が火災 | 繊研新聞”. senken.co.jp. 2021年1月30日閲覧。
  10. ^ 当社敦賀事業所における酵母流出事故について | ニュースリリース | 東洋紡”. www.toyobo.co.jp. 2021年6月6日閲覧。
  11. ^ 三重・四日市の倉庫で火災 10時間後鎮火 けが人なし:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月30日閲覧。
  12. ^ 架空発注で1560万円詐取容疑 東洋紡の元部長を逮捕:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年6月6日閲覧。
  13. ^ 東洋紡、品質管理の国際認証取り消し 樹脂部品の安全認証不正取得めぐり:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月30日閲覧。
  14. ^ 東洋紡の品質不正、4樹脂に拡大 米安全認証も取り消し” (日本語). 日本経済新聞 (2021年2月3日). 2021年6月6日閲覧。
  15. ^ 本社移転に関するお知らせ | ニュースリリース | 東洋紡

関連項目[編集]

外部リンク[編集]