東洋紡STC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東洋紡STC株式会社
TOYOBO STC CO,.LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
530-0004
大阪府大阪市北区堂島浜2-2-8
設立 2008年平成20年)4月1日
業種 卸売業
法人番号 9120001130288 ウィキデータを編集
事業内容 ファイバー・ヤーン(原糸)、テキスタイル(生地)から、アパレル(製品)までの衣料用繊維の企画、販売、輸出入
代表者 代表取締役社長 西山 重雄
資本金 25億円
売上高 738億8400万円(2021年03月31日時点)[1]
営業利益 9億1200万円(2021年03月31日時点)[1]
経常利益 5億9300万円(2021年03月31日時点)[1]
純利益 2億9100万円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 349億0500万円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 262名
主要株主 東洋紡株式会社(100%)
外部リンク http://www.stc.toyobo.co.jp/
テンプレートを表示

東洋紡STC株式会社(とうようぼう エス・ティー・シー)は大阪市北区にある繊維系会社。

1936年に新興産業同名の建材メーカー<倒産して消滅>とは無関連)が発足し、繊維商社として日本国外にも展開していた。

その後、筆頭株主であった東洋紡績(現・東洋紡)により完全子会社化され、繊維専門卸事業に完全特化した。2008年度に東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社に業務が引き継がれ、新興産業は解散した。

2013年10月1日付をもって社名を「東洋紡STC株式会社」に変更した。

沿革[編集]

  • 1936年11月 - 新興産業が設立される。
  • 1947年2月 - 東洋紡績株式会社の関係会社となる。
  • 1961年10月 - 東京大阪証券取引所に第2部上場。
  • 2003年8月 - 上場廃止(東洋紡績の完全子会社化)。
  • 2008年4月 - 東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社を設立し、フィルム・機能樹脂、産業マテリアル、ライフサイエンス及び衣料繊維事業を移転[2]
  • 2008年度中 - 新興産業は解散[2]
  • 2013年10月 - 東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社が、東洋紡STC株式会社へ商号変更[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 東洋紡STC株式会社 第13期決算公告
  2. ^ a b 子会社の事業休止及び解散に関するお知らせ 東洋紡 2008年8月25日付プレスリリース
  3. ^ 「東洋紡STC株式会社」に商号変更 東洋紡 2013年10月1日付プレスリリース

外部リンク[編集]