イオンモール四日市北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール四日市北
ÆON MALL YOKKAICHI KITA
AEON yokkaichikita.JPG
店舗概要
所在地 510-8016
三重県四日市市富州原町2番40号
座標 北緯35度0分28.1秒 東経136度39分25.6秒 / 北緯35.007806度 東経136.657111度 / 35.007806; 136.657111座標: 北緯35度0分28.1秒 東経136度39分25.6秒 / 北緯35.007806度 東経136.657111度 / 35.007806; 136.657111
開業日 2001年1月27日[1]
施設所有者 株式会社アヤハディオ[4]
三菱UFJ信託銀行株式会社[4]
施設管理者 株式会社アヤハディオ
イオンリテール株式会社
敷地面積 115,703 m²
延床面積 57,278 m² (容積率50%)
商業施設面積 42,020 m²
※イオン四日市北店:15,500m2[1]
  ディオワールド:10,500m2[1]
中核店舗 イオン(旧ジャスコ)四日市北店
ディオワールド四日市店
店舗数 ÆONと81の専門店
駐車台数 3,000台
前身 東洋紡績富田工場[2][1]

イオン四日市北ショッピングセンター[3]
商圏人口 約370,000人
最寄駅 富田駅
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール四日市北(イオンモールよっかいちきた)は、三重県四日市市にあるショッピングセンターである[2]

概要[編集]

松原地区富州原町にあった東洋紡績(現:東洋紡)富田工場が繊維業界の低迷を受けて1997年(平成9年)に閉鎖され[2]、その跡地に2001年(平成13年)1月27日にジャスコ四日市北ショッピングセンターとして開業した[1]施工は大林組[要出典]

開業時には「ジャスコ四日市北店」を核店舗、ホームセンター「ディオワールド四日市店」を準核店舗として約60店舗の専門店が出店していた[1]

その後、核店舗の「ジャスコ四日市北店」は2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[5]ことに伴って「イオン四日市北店」に改称した。

当施設の名称も、同年から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[6]に伴い、同年11月21日よりショッピングセンターの名称も「イオンモール四日市北」に変更された[3]

また、2013年(平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをイオンモールの運営に委託することになった[6]ことに伴って同社の管理運営に移行している。

当施設の一角には、2000年(平成12年)4月に文化庁登録有形文化財に登録された煉瓦造りの原綿倉庫(長さ55m、幅20m、高さ10m)があり、内側から鉄骨で補強されて飲食店や簡易保育所、体操教室などが入居した[2]

なお、この倉庫の両脇には外観を似せた煉瓦風の建物が各々1棟ずつ計2棟立てられ、それらを合わせてレンガ棟としており、レンガ棟全体が古い登録文化財ではない[2]

駐車場の一角には、東洋紡績富田工場の時代に神社であった地区があり、その社寺林跡を活用して潜在自然植生を考慮した草木の他に鳥類の餌となる実のなる木を植栽をすることで「ビオトープ公園」として整備された[7]。 なお、この公園の整備に伴い、神社関連の祠はすべて撤去されており、神社としての機能は失われている[7]

また、地元の松原の石取祭の際には当施設の駐車場が祭車の出発点となっている[8]

改装前の様子

テナント[編集]

レンガ練・別練のうち中央の1棟は国登録有形文化財である、旧東洋紡績株式会社富田工場原綿倉庫はレンガの建築物で、改装されて店舗となっている[2]

レンガ棟のうち両脇の2棟はそれに合わせた形でショッピングセンターの開設時に造られた新しい建物となっている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g “ジャスコ、四日市北SCオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年2月9日)
  2. ^ a b c d e f g 荒川盛也 (2013年2月7日). “産業遺産を歩く(第2部)旧東洋紡績富田工場原綿倉庫<5>”. 読売新聞 (読売新聞社)
  3. ^ a b 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  4. ^ a b 『平成24年度 大規模小売店舗立地法 法第6条第2項(変更)届出の概要 2014年3月末』 (経済産業省) (2014年5月1日)
  5. ^ “新生イオン誕生控え、サティとジャスコが合同で「入社式」/茅ケ崎”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2011年2月28日)
  6. ^ a b “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)
  7. ^ a b 『ピオトープ事例紹介』 三重のビオトープ 第8号 (三重県環境保全事業団) (2002年3月29日)
  8. ^ 『松原の石取祭り』 富洲原地区市民センターだより 平成25年7月5日号 (富洲原地区市民センター) (2013年7月5日)

参考文献[編集]

  • イオンモール四日市北パンフレット

関連項目[編集]