チョーヒカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

チョーヒカル趙 燁(ちょう ひかる、1993年3月29日 - )は日本アーティストクリエーター東京都出身[1]

人物[編集]

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科[1]卒業[2][3]。UNUSUAL(非日常)ARTをテーマに掲げ、ボディペイントや衣服のデザイン、イラスト、立体、映像作品などを制作。衣服ブランドやタイツブランドとのコラボレーション、ポスター、スマートフォン向けアプリのイラストやキャラクターグッズのデザインも行っている[1]。国籍は中国[4][5]だが、中国語は話せない[6]

体にリアルな目や物を描くボディペイントが国際的に注目を浴び[2][7][8][9]、国内外の多数のメディアで取り上げられた[4]

ボディペイントを始めたきっかけは、そのとき家に紙がなく、試しに自分の手に書いたところ周りの評判が良かったから[2][7][8][9]。美大入学後に描いたものをTwitterで公開し注目された[9]

主な制作[編集]

  • 『スーパーリアリズム』2015年(ウソツキ
    • アルバムのアートワーク全般を担当[11]
    • アルバム収録の「旗揚げ運動」ミュージックビデオのディレクション[12]
ジャケットの「第3の眼」のボディペイントを担当[13]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c チョーヒカル. “Profile”. 公式サイト. 2015年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c 体に描く「非日常」異色アーティスト、ハロウィーン用に本気ペイント”. withnews. 朝日新聞社 (2015年10月22日). 2015年11月27日閲覧。
  3. ^ 本人のツイート” (2016年3月18日). 2016年11月4日閲覧。
  4. ^ a b EXCLUSIVE INTERVIEW チョーヒカル”. 学芸カフェ. フレーズクレーズ (2015年7月). 2015年11月27日閲覧。
  5. ^ 趙 燁(ちょうひかる)ストーリー”. Artfully Connected. スウェーデン大使館 (2015年). 2015年11月27日閲覧。 スウェーデン大使館で開催された「Artfully Connected」展に参加した際に寄稿したもの。
  6. ^ 本人のツイート (632966219981656065) ※あくまで母語日本語という意味で、中国語英語も多少は話せる。
  7. ^ a b 趙 燁 (Hikaru Cho) インタビュー”. Rooftop. ロフトプロジェクト (2015年3月24日). 2015年11月27日閲覧。
  8. ^ a b アートの力で人間を越える生物に!ボディペインター「チョーヒカル」の動画作品がスゴイ”. MOBERCIAL. 2015年11月27日閲覧。
  9. ^ a b c まるで寄生獣!? 現役女子大生アーティスト・趙燁、世界が注目する超現実アートとは”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年12月14日). 2015年11月27日閲覧。
  10. ^ カワイイ動画・カワイイBlog グランプリ発表!”. 日本カワイイ博 (2013年4月9日). 2015年11月27日閲覧。
  11. ^ 1st Full Album『スーパーリアリズム』詳細発表!”. ウソツキオフィシャルサイト. 2015年11月27日閲覧。
  12. ^ 「旗揚げ運動」MV〜ウソツキとダンス編〜公開!”. ウソツキオフィシャルサイト. 2015年11月27日閲覧。
  13. ^ 公式Twitter(648751799503945728)

外部リンク[編集]