東急不動産ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東急 > 東急不動産ホールディングス
東急不動産ホールディングス株式会社
Tokyu Fudosan Holdings Corporation
TokyuLandLogotype.svg
渋谷ソラスタ.jpg
本社ビル(渋谷ソラスタ
種類 株式会社
市場情報
略称 東急不HD[1]
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目21番1号
渋谷ソラスタ
設立 2013年10月1日
業種 不動産業
法人番号 2011001096933 ウィキデータを編集
事業内容 グループ会社の経営管理
代表者 代表取締役社長 西川弘典
資本金 775億6,200万円
(2021年3月31日時点)
売上高 連結:9,077億3,500万円
(2021年3月期)
営業利益 連結:565億1,700万円
(2021年3月期)
経常利益 連結:465億5,500万円
(2021年3月期)
純利益 連結:216億6,800万円
(2021年3月期)
純資産 連結:6,087億2,300万円
(2021年3月31日時点)
総資産 連結:2兆6,522億9,600万円
(2021年3月31日時点)
従業員数 連結:23,411人
(2021年3月31日時点)
決算期 3月末日
主要株主 東急 15.90%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)13.11%
日本カストディ銀行(信託口)6.70%
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 2.40%
三井住友信託銀行 2.22%
第一生命保険 2.07%
(2021年9月30日時点)[2]
主要子会社 東急不動産 100%
東急コミュニティー 100%
東急リバブル 100%
外部リンク https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/
テンプレートを表示

東急不動産ホールディングス株式会社(とうきゅうふどうさんホールディングス、: Tokyu Fudosan Holdings Corporation)は、東急グループ不動産事業を統括する日本持株会社である。日経平均株価の構成銘柄の一つ[3]。傘下の事業者を含めて「東急不動産グループ」と称する。

概要[編集]

持株会社体制移行前の東急不動産グループは、東急不動産が子会社の東急コミュニティー東急リバブルを傘下に持つ体制であったが、子会社の二社とも東京証券取引所第一部に上場しており、東急不動産の二社株式の保有割合はいずれも50%台にとどまっていた。持株会社体制への移行によりグループ連携強化を図るべく、2013年10月、東急不動産・東急コミュニティー・東急リバブルの3社が共同株式移転により設立した。

直接の子会社は設立母体の3社、東急住宅リースのみであり、それ以外の三社の子会社は、東急不動産ホールディングスの孫会社となっている。

沿革[編集]

  • 2013年平成25年)10月1日 – 東急不動産株式会社・株式会社東急コミュニティー・東急リバブル株式会社の三社が共同株式移転を行い持株会社東急不動産ホールディングス株式会社設立[4]。三社に代わり東京証券取引所一部に上場[5]
  • 2014年(平成26年)4月1日 – 三社から株式会社東急ハンズの株式を取得し、同社を直接子会社化[6]
  • 2022年令和4年)3月31日 - 東急ハンズの全株式をカインズに売却[7][8]

主なグループ企業[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 基本情報 2021年3月9日閲覧
  2. ^ 株主の状況
  3. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  4. ^ 東急不動産株式会社、株式会社東急コミュニティーおよび東急リバブル株式会社の持株会社設立(共同株式移転)による経営統合に関するお知らせ”. 東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブル (2013年5月10日). 2014年4月3日閲覧。
  5. ^ 「東急不動産ホールディングス株式会社」設立のお知らせ”. 東急不動産ホールディングス (2013年10月1日). 2014年4月3日閲覧。
  6. ^ 子会社株式配当による株式会社東急ハンズ(孫会社)の子会社化について”. 東急不動産ホールディングス (2014年3月27日). 2014年4月3日閲覧。
  7. ^ 連結子会社の異動(株式譲渡)及び債権譲渡に関するお知らせ”. 東急不動産ホールディングス株式会社 (2021年12月22日). 2022年1月18日閲覧。
  8. ^ 東急ハンズ、カインズ傘下に…将来は名称も変更へ”. 読売新聞 (2021年12月22日). 2021年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]