相愛中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相愛中学校・高等学校
Soai Junior & Senior High School.JPG
過去の名称 相愛女学校
相愛高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人相愛学園
設立年月日 1888年明治21年)
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 特進科普通科音楽科
学科内専門コース 普通科特進コース
普通科専攻選択コース
学期 3学期制
高校コード 27535C
所在地 541-0053

北緯34度41分2.1秒 東経135度29分58.3秒 / 北緯34.683917度 東経135.499528度 / 34.683917; 135.499528座標: 北緯34度41分2.1秒 東経135度29分58.3秒 / 北緯34.683917度 東経135.499528度 / 34.683917; 135.499528
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

相愛中学校・高等学校(そうあいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大阪市中央区にある私立女子中学校高等学校

概要[編集]

仏教西本願寺派門主により1888年に設立された学校であり、日本人による私立女子校として有数の歴史がある。北御堂境内に所在する。龍谷総合学園加盟校。

校名および建学の精神は、大乗仏教経典仏説無量寿経』の一節「當」(とうそうきょうあい、=まさにお互いが、愛に敬いを伴わなければ、まことの生き方ではない[1])に由来する。

高等学校では普通科のほか、音楽科が設置されている。また中学校にも音楽コースが設置されている。音楽科を設置する高等学校は、大阪府下では大阪府立夕陽丘高等学校と相愛高等学校の2校のみ、また近畿圏の私立高等学校でも神戸山手女子中学校・高等学校と相愛高等学校の2校のみとなっている。

音楽科は1906年に設立された大阪女子音楽学校をルーツに持ち、作曲・声楽・器楽など多彩な専攻を選択可能である。

2019年、全日本学生音楽コンクールで大阪1位に入賞している。

沿革[編集]

親鸞上人の教えを実践する学校として[2]西本願寺第21代明如上人により設立。

学制改革により、1947年に新制の相愛中学校、1948年に新制の相愛高等学校を設立した。1953年には高等学校に音楽科を開設した。

2019年、大阪の中学・高校で初めて国連グローバル・コンパクト (UNGC) に加盟した[1]

年表[編集]

出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]