神野美伽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神野美伽
生誕 (1965-08-30) 1965年8月30日(53歳)
出身地 日本の旗 日本, 大阪府貝塚市
学歴 相愛高等学校
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1984年 -
レーベル キングレコード
事務所 TOI LA VIE(トワラヴィ)
共同作業者 神野美伽+後藤次利
神野美伽 with 古市コータロー+クハラカズユキ
神野美伽 with Janis Siegel+大江千里
アントニオ古賀
小原孝
公式サイト 神野美伽 オフィシャルウェブサイト

神野 美伽(しんの みか、本名: 荒木 美佳(あらき みか)、1965年8月30日 - )は、大阪府貝塚市出身の演歌歌手相愛高等学校出身[1]。男歌・女歌両方を唄い、演歌歌手としては珍しくロックフェスや海外の音楽イベントにも出演している。

経歴[編集]

NHKのテレビ『アンニョンハシムニカ・ハングル講座』に、スナックのママのスタイルで出演した実績がある。KBS「歌謡舞台」など韓国のTV番組にも出演
趣味:芝居歌舞伎鑑賞、読書少林寺拳法(二段)、書道二段、ハングル能力検定3級、日本舞踊名取「花柳糸美之」、1級船舶操縦免許 取得。1999年に作詞家荒木とよひさと結婚、22歳の年の差婚で話題を呼んだ。2015年8月12日に離婚へ向けての合意成立を発表[3]。同月中旬に正式に離婚成立[4]
  • アルバムなどにも収録されている村田英雄の「無法松の一生〜度胸千両入り〜」は村田自身のお墨付きがあり現在もなお神野が歌い継いでいると言われている。
  • 2009年新国劇を継承する劇団若獅子公演「王将〜坂田三吉の生涯〜」(国立劇場ほか)に出演。2011年再演。
  • 2011年8月24日、大阪府貝塚市観光大使に就任した。
  • 2012年4月「吉本百年物語」第一弾「大将と御寮ンさん 二人の夢」に出演。共演に国仲涼子陣内智則
  • 2012年、「神野美伽+後藤次利」名義で連続配信アルバム「SPICE UP!」を発表。
  • 2016年7月30日 夏フェス「オハラ☆ブレイク」にて、神野美伽with古市コータローThe Collectors)+クハラカズユキThe Birthday)として出演。
  • 2017年 クラブクアトロで共演した仲井戸"chabo"麗市アレサ・フランクリンと神野を評した
  • 2018年1月1日 演歌歌手として初めて世界120各国で音楽配信される
  • 2018年3月 アメリカテキサス州オースティンで行われた世界最大級の音楽イベントSXSWに日本人演歌歌手として初めて出場。
  • アラバキロックフェス18に演歌歌手として初参加。
  • 2018年7月 フジテレビ「ノンストップ!」で特集

人物[編集]

  • ペットの保護・里親探し活動に力を入れている。現在飼っている犬1匹と猫1匹も、保健所及び被災地から保護されたペットである。
  • エンジン01動物愛護委員会会員
  • アメリカニューヨークのジャズライブハウスで定期的に演歌のライブを行っている
  • 雑誌企画の女性演歌歌手歌唱力ベストテンでは常に上位に位置している
  • 杉本彩からの紹介で、加圧式トレーニングを長年行っている。

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1980年代
1 1984年
3月10日
カモメお前なら 鳥井実 市川昭介 池多孝春
2 1984年
7月21日
なみだ川 吉岡治 市川昭介 京建輔
3 1985年
2月5日
男船 やしろよう 市川昭介 池多孝春
4 1986年
2月21日
じょっぱり船 やしろよう 市川昭介 池多孝春
5 1986年
9月5日
連絡船恋唄 星野哲郎 市川昭介 池多孝春
6 1987年
3月21日
浪花そだち たかたかし 市川昭介 京建輔
7 1988年
2月21日
春の雨 たかたかし 市川昭介 斉藤恒夫
8 1988年
9月28日
無我夢中 阿久悠 市川昭介 丸山雅仁
9 1989年
3月21日
春夏秋冬 屋形船 深野義和 野村豊
1990年代
10 1990年
5月2日
人生夜汽車 荒木とよひさ 弦哲也 前田俊明
11 1991年
3月6日
男夢まつり 松井由利夫 市川昭介 馬場良
12 1992年
3月21日
北海まつり船 松井由利夫 市川昭介 南郷達也
13 1992年
11月1日
酔守唄 荒木とよひさ 都志見隆 川村栄二
14 1993年
4月7日
恋隠し 荒木とよひさ 山崎一稔 馬飼野俊一
15 1994年
2月2日
浪花八景 荒木とよひさ 浜圭介 前田俊明
16 1994年
12月16日
なにわ援歌 星野哲郎 浜圭介 丸山雅仁
17 1995年
10月21日
恋唄流し 荒木とよひさ 市川昭介 池多孝春
18 1996年
4月24日
私の一番きれいだった頃
〜白線流し〜
東海林良 三枝成彰 千住明
19 1997年
3月5日
女もつらいよ 荒木とよひさ 聖川湧 前田俊明
20 1997年
9月26日
釜山海峡 荒木とよひさ 浜圭介 前田俊明
21 1998年
4月22日
夢勝負 吉岡治 市川昭介 南郷達也
22 1999年
4月2日
夜桜善哉 荒木とよひさ 金賢奎 南郷達也
23 1999年
9月22日
たかたかし 岡千秋 丸山雅仁
2000年代
24 2000年
3月3日
花ごころ たかたかし 岡千秋 馬場良
25 2000年
9月21日
帰れないんだよ 星野哲郎 臼井孝次 南郷達也
26 2001年
3月16日
波止場にて 荒木とよひさ 船村徹 蔦将包
27 2002年
1月26日
浪花の春 もず唱平 市川昭介 前田俊明
28 2002年
4月24日
2002年ばあちゃん音頭[5] 荒木とよひさ サスケ 川村栄二
29 2002年
7月24日
男節 石本美由起 岡千秋 池多孝春
30 2003年
2月25日
浮雲ふたり 荒木とよひさ 岡千秋 前田俊明
31 2004年
4月7日
あかね雲 荒木とよひさ 岡千秋 前田俊明
32 2004年
6月23日
手紙 荒木とよひさ 宮川彬良
33 2005年
2月2日
めおと雲 荒木とよひさ 岡千秋 前田俊明
34 2005年
8月24日
雪簾 荒木とよひさ 岡千秋 蔦将包
35 2006年
5月3日
日本の男 荒木とよひさ 岡千秋 池多孝春
36 2007年
1月24日
番屋 荒木とよひさ 浜圭介 前田俊明
37 2007年
7月11日
ふたりの旅栞 荒木とよひさ 岡千秋 南郷達也
38 2008年
2月21日
若狭の女 水木れいじ 岡千秋 南郷達也
39 2008年
9月10日
鴎を売る女 荒木とよひさ 羽場仁志 伊戸のりお
40 2009年
1月1日
汽笛 荒木とよひさ 鈴木直哉 蔦将包
41 2009年
7月8日
お・ん・な 吉田旺 岡千秋 南郷達也
2010年代
42 2010年
3月24日
みさお酒 水木れいじ 水森英夫 前田俊明
43 2010年
9月8日
あんたの大阪 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵
44 2011年
5月25日
桜みち 荒木とよひさ 弦哲也 前田俊明
45 2012年
2月8日
黒髪 荒木とよひさ 弦哲也 前田俊明
46 2012年
8月22日
おんなの波止場 荒木とよひさ 市川昭介 池多孝春
47 2013年
2月27日
北港 荒木とよひさ 弦哲也 蔦将包
48 2013年
9月4日
海猫 荒木とよひさ 弦哲也 丸山雅仁
49 2013年
10月23日
もう一度恋をしながら 荒木とよひさ 杉本眞人 矢野立美
50 2014年
5月21日
浮草の川 荒木とよひさ 弦哲也 丸山雅仁
51 2015年
4月22日
風岬 麻こよみ 弦哲也 蔦将包
52 2016年
1月13日
男の海峡 荒木とよひさ 弦哲也 伊戸のりお
53 2016年
9月21日
命の恋 石原信一 岡千秋 蔦将包
54 2017年
5月17日
石狩哀歌 吉幾三 南郷達也
55 2018年
1月1日
千年の恋歌 荒木とよひさ 弦哲也 蔦将包
56 2018年
6月27日
いちから二人 荒木とよひさ 弦哲也 南郷達也

アルバム[編集]

1980年代
  • なみだ川(1984年8月)
  • 男船(1985年4月)
  • 演歌・男・こころ(1985年9月)
  • 演歌・ひとり旅(1985年12月) - ライブアルバム
  • じょっぱり船(1986年3月)
  • 演歌・波止場・こころ(1986年7月)
  • 炎歌十二唱(1986年11月)
  • 演歌・浪花・こころ(1987年5月)
  • 春の雨/神野美伽ベストヒット(1988年3月)
  • 無我夢中/神野美伽最新ヒット集(1988年11月)
  • 春夏秋冬 屋形船/神野美伽ベストヒット(1989年5月)
  • こころの歌・昭和歌謡史を歌う 〜 芝郵便貯金(1989年9月)
1990年代
  • [浪漫情歌]人生夜汽車(1990年7月21日)
  • GOLD PACK/神野美伽ベスト(1990年12月5日) - ベストアルバム
  • 男夢まつり/神野美伽オリジナルヒット集(1991年7月21日) - ベストアルバム
  • 男夢まつり/神野美伽ベストヒット(1991年11月25日) - ベストアルバム
  • 北海まつり船(1992年4月21日)
  • 夢酔女(1993年4月21日)
  • 大全集(1994年2月23日) - ベストアルバム
  • 浪花八景(1994年6月22日)
  • NEW BEST なにわ援歌/浪花八景(1994年12月16日)
  • 恋唄流し〈NEW BEST'96〉(1995年12月16日)
  • 恋唄流し〜熱唱彩々〜(1996年2月21日)
  • 「憧れて…」悲しい酒 神野美伽/美空ひばりを歌う(1997年7月24日)
  • ニューベスト/釜山海峡(1997年12月3日) - ベストアルバム
  • 海峡をこえて…名歌彩々(1998年8月21日)
  • NEW BEST 夢勝負(1998年11月21日) - ベストアルバム
  • 海峡をこえて…「名歌彩々」〈韓国語バージョン〉(1999年5月28日)
  • 演歌の真髄(1999年9月22日)
2000年代
  • 浪花演歌集(2000年1月28日) - ベストアルバム
  • 神野美伽 男心を唄う(2000年11月22日)
  • 船村徹を唄う…波止場にて(2001年6月6日)
  • 〜夢彩歌〜浪花の春(2002年6月26日)
  • 2002年 アーティスト全曲集 神野美伽(2002年9月4日)
  • 〜彩歌全集〜神野美伽のすべて(2003年3月26日) - ベストアルバム
  • 特選・歌カラベスト3 道/花ごころ/帰れないんだよ(2003年6月4日)
  • 特選・歌カラベスト3 男船/春夏秋冬屋形船/恋唄流し
  • 心歌彩々〜あかね雲・浮雲ふたり(2004年7月22日) - ベストアルバム
  • 特選・歌カラベスト3 浮雲ふたり/浪花の春/男節(2004年8月4日)
  • ベストセレクション 2枚組(2004年12月1日)
  • 「演歌ひとすじ」雪簾(2005年9月22日)
  • スーパーベスト(2005年12月11日) - ベストアルバム
  • 神野美伽ベストセレクション(2006年4月5日) - ベストアルバム
  • 〜まいどおおきに〜浪花演歌集(2007年2月21日)
  • 演歌一本勝負(2007年2月21日)
  • そして…私(2008年8月6日)
  • 神野美伽ベストセレクション2010(2010年4月7日) - 2枚組ベストアルバム

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 回数曲目 出演順 対戦相手 備考
1987年(昭和62年)/第38回 浪花そだち 14/20 村田英雄
2003年(平成15年)/第54回 2 浮雲ふたり 09/30 鳥羽一郎
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

レコード大賞・音楽祭[編集]

1984年  第3回メガロポリス音楽祭 新人賞

     ABC新人賞 審査員特別賞

     あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭 新人賞

     第14回銀座音楽祭 銀賞

     第17回新宿音楽祭 銀賞

     第11回横浜音楽祭 特別賞

     第15回日本歌謡大賞 新人賞

     第17回日本有線大賞 新人賞

1985年  第16回日本歌謡大賞 放送音楽賞

     第27回日本レコード大賞 金賞 受賞曲「男船」

     第18回全日本優先有線大賞 敢闘賞

1987年 第13回日本演歌大賞 演歌スター賞

1989年 第31回日本レコード大賞 美空ひばり賞ノミネート

1990年 第17回横浜音楽祭演歌選奨

1998年 第40回日本レコード大賞 企画賞

2003年 第45回日本レコード大賞 金賞 受賞曲「浮雲ふたり」

2004年 第46回日本レコード大賞 金賞 受賞曲「あかね雲」

2007年 平成19年度 藤田まさと賞 受賞曲「ふたりの旅栞」

2016年 第58回日本レコード大賞 作曲賞 受賞曲「命の恋」 

出演[編集]

テレビ[編集]

歌番組以外のものに限る。

ラジオ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本タレント名鑑(1992年版)発行:VIPタイムズ社「女性部門471頁」より。
  2. ^ デビューのプロモーションの一環として水着姿になるのはその後、大石円(現・大石まどか)や林あさ美(水牧あさ実)などの例がある
  3. ^ “神野美伽 荒木とよひさ氏と離婚へ”. デイリースポーツ online. http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/12/0008297947.shtml 
  4. ^ “神野美伽、荒木とよひさ氏と正式に離婚「とても幸せな時間でした」”. SANSPO.COM. (2015年8月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150827/div15082705060001-n1.html 2015年8月27日閲覧。 
  5. ^ NHKの音楽番組「みんなのうた」で使用された。