水森英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水森 英夫(みずもり ひでお、1949年9月18日 - )は、日本歌手作曲家栃木県出身。京北中学校・高等学校卒。日本作曲家協会常務理事。門下生に氷川きよし森山愛子山内惠介音羽しのぶ三代目コロムビア・ローズ黒川真一朗小村美貴らがいる。

来歴[編集]

  • 敏いとうとハッピー&ブルーの初期のメンバーとして活動。
  • 三音たかお」の芸名で「たった二年と二ヶ月で」(作詞:阿久悠/作曲:水森英夫/編曲:小谷充)をリリース。全く売れなかったが曲が良かったため、「水森英夫」に改名して再リリースしヒットした。この曲はのちに唐木淳(現:黒木憲ジュニア)角川博らがカバーしている。
  • 1977年に歌手を引退し、作曲活動に入る。
  • 1995年12月、審査員をしていたNHK「BS歌謡塾あなたが一番」で氷川きよしをスカウト。「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」「きよしのズンドコ節」をはじめ数多くのヒット曲を作曲し、人気歌手に育てた。
  • 2017年12月31日、テレビ東京で放送された「第50回年忘れにっぽんのうた」にて美輪明宏のリクエストで40年ぶりの舞台に立つ。「たった二年と二ヶ月で」を披露した。

おもな作品(太字になっている名前は門下生)[編集]

幸田薫

  愛のゆくえ    西部警察挿入歌

出演[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]