石原詢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石原詢子
別名 美風(吟号)
いとう冨士子(ペンネーム)
生誕 (1968-01-12) 1968年1月12日(53歳)
出身地 日本の旗 日本  岐阜県
ジャンル 演歌歌謡曲詩吟
活動期間 1988年
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
事務所 石原音楽事務所
公式サイト 石原詢子公式サイト

石原 詢子(いしはら じゅんこ、1968年1月12日 - )は日本の演歌歌手。本名・石原 悦子(いしはら えつこ)。岐阜県揖斐郡池田町出身。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

詩吟家元の家庭に生まれ、自身も4歳から詩吟を習い始めた[1]。早朝の発声練習、学校から帰宅後約4時間の練習を続け[1]、数々のコンクールで入賞[2]。12歳で師範代となり、指導も行っていた[注釈 1]。一方で小学校高学年になると、五木ひろしの大ファンだった母親の影響、石川さゆりへの憧れから歌手になる夢を抱きはじめた[3][4]

上京[編集]

石原が歌手を目指すことに対し、父親は猛反対であった[1]。数年にわたる説得の結果、「①新聞配達をする②自活する③毎日実家に電話を入れる④20歳までにチャンスを掴めなければ実家に戻る」という条件を提示されたため、石原はこれに従って高校卒業と同時に上京する[3][4]。上京後は朝3時半に起床し新聞配達、午前中はうどん屋で働き、午後からは歌や芝居のレッスンを受けつつ、その合間を縫ってコンビニ、居酒屋、レンタルビデオ店のアルバイトという生活を送った[1]

歌手デビュー[編集]

1988年10月、CBSソニーより「ホレました」でデビュー。キャッチフレーズは「演歌のアイドル(演ドル)誕生」で、衣装も着物ではなくミニスカートだった。石原自身は王道の演歌を希望していたため、アイドル的な路線には違和感があったという[5]。デビュー後の数年間はテレビ出演もほとんどなく、全国のカラオケスナック、カラオケ喫茶をまわる日々を過ごした[6]

転機[編集]

1994年、「三日月情話」が第27回日本作詩大賞優秀作品賞を受賞。翌1995年に「夕霧海峡」がヒットし頭角を現した[7]。しかし念願のヒットの裏で、同曲の発売日を挟んだ約2週のあいだに両親が相次いで死去。帰る場所をなくしたことで、歌手としての決意を新たにしたという[4]

以降順調に人気を伸ばし、1997年長山洋子の後任としてNHKどんとこい民謡』の司会に抜擢[注釈 2]1998年より『コメディーお江戸でござる』に準レギュラー出演。娘役だけでなく、男役「詢吉」、タヌキ、天邪鬼などもコミカルに演じた。

人気演歌歌手へ[編集]

1999年、悲恋を明るい曲調で歌う「みれん酒」がヒット[8]。同曲はロングセールスとなり、翌2000年NHK紅白歌合戦初出場を果たす。喜びの一方で、両親に晴れ姿を見せられない悔しさもあったと、のちに語っている。

2004年、第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会で国歌を独唱した。

2006年、「終着駅」(新宿スペース107)で舞台初主演。翌年は「東京」に主演。ハロー!プロジェクトのメンバーが多く出演しており、前後の公演では安倍なつみ後藤真希が主演を務めていた。

2007年、故郷である岐阜県の「飛騨・美濃観光大使」第1号に就任した。

2011年、初の自作詞シングル「逢いたい、今すぐあなたに…。」を発表。「母が生きた証を形に残したい」との思いから、作詞・作曲の際は母親の旧名をペンネームとして用いている[注釈 3]

2018年、生前の父親との約束を受け、詩吟揖水流詢風会を発足[2]9月には全曲詩吟のアルバム『詢風(じゅんぷう)~吟詠の世界~』を発売した。中野サンプラザホールで開催されたデビュー30周年記念コンサートでは、演歌のみでなく詩吟、歌謡浪曲ピアノ弾き語りも披露した[9]

人物[編集]

特徴[編集]

詢子の「」の字は「まこと」という意味。詩吟のほかに、詩舞剣舞の師範代でもある[10]。微笑むと口元にえくぼが出来る。

性格は本人いわく頑固、おっちょこちょい。一方で先輩歌手の伍代夏子は、石原を生真面目だと評する[11]坂本冬美によれば「色気がないから、私が兄で詢子ちゃんは弟だと言われている」[11]

嗜好[編集]

好きな食べ物はラーメン。アルバイト時代は給料日にラーメンを食べに行くことが楽しみだった[12]。最後の晩餐に食べたいのは東京都『えぞ菊』の味噌ラーメンである[12]

岐阜の実家では犬、東京の自宅では猫を飼っていた(里親として引き取った雑種)。「愛猫との別れがあまりに悲しかったので、もう飼うことはできません」とコメントしている[13][14]。2020年夏から、兄弟ネコ「だいず」と「きなこ」を飼い始めた[15]。 そのほかに好きな動物はフクロウクジラ

ジャージに凝っており、外出用のジャージと部屋着用のジャージがあるという。

好きな男性のタイプは、優しくて何事も一生懸命な人。芸能人では西田敏行をあげている。

趣味[編集]

趣味は絵画。NHKハート展に参加したことがあるほか、シングル作品には盤面に石原の描いた絵を施した物もある。

また料理好きで、仕事場に弁当を持参する際はスタッフの分まで手作りしている[16]。大家族で母親の手伝いをして育ったため、煮物などの家庭料理が得意である[17]

歴史小説や歴史関係の本が好きでよく読んでおり、特に戦国時代が好きであるという[18][19]推理小説も大好きで[18]、デビュー当時、赤川次郎のファンであると公言していた[20]

2008年当時、毎晩布団に入ってからモバイル版『桃太郎電鉄』をプレイしていた[21]。毎日日記をつけるのが長年の日課である。

交友関係[編集]

歌謡浪曲では二葉百合子に師事。同じく二葉門下生の原田悠里坂本冬美藤あや子島津亜矢と「二葉組」を結成し、定期的に集まっている。また、石原が歌手を志したきっかけである石川さゆりも姉弟子にあたる。石原と同じく未婚の坂本は「私が結婚しないとお嫁に行けないということなんですよ。私のことは気にしないでご自由にどうぞ。先に!」と述べている[22]。島津は「緊張の私の心を和らげようと、優しく手を握ってくれた」と、舞台裏での石原とのエピソードを明かしている[23]。2017年に入籍した藤をのぞき、二葉組のメンバーは未婚である。

後輩歌手の大石まどかとは一緒に旅行をしたり、北海道にある大石の実家に泊まったりする間柄である[16]

ストレスで声が出なくなったために長期休養し、のちに歌手復帰を果たした岩本公水[24]「私が苦しい時・・・・、いつも、どんな時も支えて下さった詢子さん。一生忘れません。」と述べ、石原を慕っている[25]

その他[編集]

1日警察署長を務めた際の女性警察官のほか、これまでにバスガールセーラー服ブレザー、陸上部員、女教師眼鏡OLハリーポッターといった衣装を歌番組などで着用している。本人はコスプレの演出も楽しんでいるとのこと[26]

幼少期は近所の子供たちと岐阜の野山を駆け回っていたが、中学以降は一変して「大人しかった」「クラスの男子と話した記憶がない」と、自身を振り返っている[27]都市部の実態を知らなかったため、上京当初は路上で寝ているホームレス酔っ払いを見つけるたびに「大丈夫ですか?」と声を掛けていた[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
CBS・ソニー
1 1988年
10月21日
A面 ホレました 山本伊織 長沢ヒロ 07SH-3115
B面 はんぶん東京人
2 1989年
6月21日
A面 あなたにとまれ 松本礼児 むらさき幸 馬場良 07SH-3299
B面 夢落葉 高田弘
3 1990年
4月8日
01 恋岬 水木れいじ 四方章人 斉藤恒夫 CSDL-3069
02 今夜だけ泣いて 松本礼児 むらさき幸 前田俊明
4 1991年
3月21日
01 残り紅 吉岡治 弦哲也 桜庭伸幸 CSDL-3236
02 月見草 水木れいじ 四方章人 斉藤恒夫
Sony Records
5 1992年
2月21日
01 雨の居酒屋 たきのえいじ 叶弦大 前田俊明 SRDL-3438
02 道しるべ 市川昭介
6 1993年
6月21日
01 北しぐれ 北野彩 叶弦大 丸山雅仁 SRDL-3687
02 北の帰り道 五番町与一 森幸生
7 1994年
9月21日
01 三日月情話 岡田冨美子 川口真 川村栄二 SRDL-3911
02 夜汽車
8 1995年
8月2日
01 夕霧海峡 水木れいじ 岡千秋 丸山雅仁 SRDL-4046
02 祝い節
9 1996年
10月21日
01 桟橋 たきのえいじ 四方章人 SRDL-4275
02 明日坂 里村龍一 叶弦大 前田俊明
10 1997年
6月21日
01 手鏡 たきのえいじ 山口ひろし 丸山雅仁 SRDL-4379
02 浮世舟
11 1998年
4月22日
01 人恋しぐれ 里村龍一 水森英夫 馬場良 SRDL-4505
02 花暦 たきのえいじ 四方章人 丸山雅仁
12 1999年
4月21日
01 みれん酒 里村龍一 水森英夫 石倉重信 SRDL-4624
02 えにしの糸 たきのえいじ 四方章人 丸山雅仁
13 2000年
4月19日
01 おんなの涙 麻こよみ 岡千秋 南郷達也 SRDL-4688
02 夜泣き鳥
14 2001年
2月21日
01 浜唄 たきのえいじ 池多孝春 SRDL-4699
02 ふるさと恋唄 麻こよみ 石倉重信
ソニー・ミュージックレコーズ
15 2002年
2月20日
01 あなたと生きる 麻こよみ 水森英夫 石倉重信 SRDL-4711
02 明日坂 (詩吟「宝船」入り) 里村龍一 叶弦大 前田俊明
16 2002年
8月21日
01 きずな酒 SRDL-4714
02 おんなの春 水森英夫 伊戸のりお
17 2003年
5月21日
01 ふたり傘 叶弦大 石倉重信 SRDL-4721
02 ほたるのふる里
18 2004年
1月21日
01 明日坂 前田俊明 SRCL-6099
02 明日坂 (詩吟「宝船」入り)
19 2004年
8月18日
01 紅い月 仁井谷俊也 五木ひろし 池多孝春 SRCL-6112
02 春の恋唄 荒木とよひさ 前田俊明
20 2005年
1月26日
01 おもいでの雨 三浦康照 影山時則 SRCL-5876
02 この世で一番好きな人 伊戸のりお
21 2005年
8月24日
01 あまやどり 永井龍雲 矢野立美 SRCL-5958
02 桜貝のかほり 岡田冨美子 永井龍雲 石川鷹彦
22 2006年
4月26日
01 ふたり川 麻こよみ 岡千秋 南郷達也 SRCL-6271
02 散るは涙か花びらか
23 2007年
3月7日
01 淡墨桜 下地亜記子 徳久広司 SRCL-6507
02 迷い蛍 四方章人 前田俊明
24 2008年
3月5日
01 なごり雨 たきのえいじ 徳久広司 南郷達也 SRCL-6743
02 一人静
25 2008年
9月3日
01 寿 契り酒 下地亜記子 SRCL-6855
02 (詩吟「結婚を賀す」入り)
26 2009年
5月27日
01 風よ吹け 仁井谷俊也 弦哲也 前田俊明 SRCL-7000
02 月のエレジー 弦哲也
27 2010年
1月27日
01 ひとり日本海 弦哲也 前田俊明 SRCL-7211
02 港が見える丘[28] 東辰三 矢田部正
03 リンゴの唄[29] サトウハチロー 万城目正
ソニー・ミュージックダイレクト
28 2011年
4月13日
01 逢いたい、今すぐあなたに…。 いとう冨士子 国安修二 若草恵 MHCL-1894
02 アカシアの雨がやむとき[30] 水木かおる 藤原秀行 矢田部正
03 上を向いて歩こう[31] 永六輔 中村八大
29 2011年
9月21日
01 しあわせの花 水木れいじ 市川昭介 石倉重信 MHCL-1967
02 ふたりづれ
30 2012年
9月19日
01 よりそい草 森坂とも 水森英夫 MHCL-2137
02 一途 いとう冨士子 前田俊明
31 2013年
7月3日
01 さよなら酒 森坂とも 水森英夫 石倉重信 MHCL-2295
02 蘇州夜曲[32] 西條八十 服部良一 矢田部正
03 東京ブギウギ[33] 鈴木勝
32 2014年
4月23日
01 濃尾恋歌 冬弓ちひろ 吉幾三 京建輔 MHCL-2439
02 千年先まで… 石原詢子
33 2015年
4月8日
01 港ひとり 下地亜記子 四方章人 丸山雅仁 MHCL-2510
02 おんな雨 前田俊明
34 2016年
3月9日
01 化粧なおし たきのえいじ 杉本眞人 宮崎慎二 MHCL-2575
02 すみだ川夜曲 冬弓ちひろ
35 2017年
2月22日
01 女の花舞台 さくらちさと 四方章人 石倉重信 MHCL-2676
02 春航路 幸田りえ
36 2017年
9月6日
01 雪散華〜ゆきさんげ〜 冬弓ちひろ 徳久広司 前田俊明 MHCL-2707
02 涙に抱かれて 下地亜記子 南郷達也
37 2018年
4月11日
01 遥かな道 冬弓ちひろ 岡千秋 MHCL-2743
02 細石〜さざれいし〜
(詩吟「細石」入り)
鮫島琉星
38 2019年
5月15日
01 通り雨 冬弓ちひろ MHCL-2804
02 こころに春を 小金井一正 若草恵
39 2019年
12月11日
01 ひとり酔いたくて 吉井省一 南郷達也 MHCL-2836
02 大阪おかん 茂木けんじ
40 2021年
5月19日
01 ただそばにいてくれて 古内東子 河野伸 MHCL-2901
02 ひと粒

企画シングル[編集]

  • 「夜のおとぎばなし」(内藤国雄とデュエット);1991年(平成3年)9月21日発売
  • 「郡上の詩」、「長良川」;1992年(平成4年)12月12日
  • 「三人の女」(浜圭介とデュエット);1999年(平成11年)11月20日発売
  • 「何も始まらないなら」、「Tokyo」(石原じゅんこ名義;国安修二とのデュエット);2010年(平成22年)10月27日発売

アルバム[編集]

  • 「日本の祭り」(2003年)
  • 「デビュー20周年記念スーパーシングルコレクション『源風』」(2007年)
  • 「しあわせ演歌・石原詢子です」(2008年)
  • 「日本名曲集」(2009年)
  • 「石原詢子デビュー25周年記念カバー・アルバム我がこころの愛唱歌〜夢と希望に満ちてたあの時代〜」(2013年)
  • 「我がこころの愛唱歌Ⅱ」(2015年)
  • 「詢風~吟詠の世界~」(2018年)

ほか多数。

DVD[編集]

  • 『ふたり傘』2004年(平成16年)1月21日発売
  • 『デビュー 15周年記念 石原詢子リサイタル“花咲きそめし・祭りうた”ライブ』2004年(平成16年)2月18日発売
  • 『昭和歌謡シアター 終着駅』2006年(平成18年)8月30日発売
  • 『美人演歌ビデオ特選2007』2006年(平成18年)12月13日発売(特典映像として「石原詢子の故郷おもひで巡り」収録)
  • 『昭和歌謡シアター 東京』2007年(平成19年)9月発売
  • 『石原詢子ビデオ全曲集 2009』2008年(平成20年)9月24日発売
  • 『デビュー20周年記念 石原詢子リサイタル〜今・感謝を込めて〜』2009年(平成21年)3月11日発売
  • 『石原詢子ビデオヒットコレクション』2016年 (平成28年) 1月6日発売
  • 『石原詢子 30周年記念リサイタル〜遥かな歌の道〜』2019年 (平成31年) 1月16日発売

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 回数曲目 出演順 対戦相手
2000年(平成12年)/第51回 みれん酒 03/28 DA PUMP
2003年(平成15年)/第54回 2 ふたり傘 10/30 堀内孝雄

ラジオ[編集]

など。

CM[編集]

  • セネファせんねん灸」2001年-(本人出演、CMソングを歌唱)
  • JR東海「ぎふデスティネーションキャンペーン」2007年(CMソングを歌唱)

主題歌[編集]

  • NHK総合『サンデー経済スコープ』(1994年、エンディング・テーマ「予感」)
  • タカラ『新DX億万長者ゲーム』(2003年、オープニング・テーマ「浮世物語」、エンディング・テーマ「ラビリンス」)
  • NHK教育中学生日記』(2004年4月19日、エンディング・テーマ「ガンバレ!ワタシ」)※番組開始以来初のボーカル入りエンディング・テーマ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 受賞歴は「第19回中部9県詩吟大会」幼少年の部優勝(7歳)、「日本コロムビア詩吟音楽会全国大会」最優秀賞(11歳)など。当時の教え子達は、石原がサブ司会を務めた歌番組にサプライズ出演した。
  2. ^ 長山は1968年1月13日生まれで、1968年1月12日生まれの石原と生年月日が1日違いである。
  3. ^ いとう冨士子名義。父親については、吟号である「源風(げんぷう)」をデビュー20周年記念アルバムのタイトルとして用いた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「スターの修行時代スペシャル!上京物語」『月刊 カラオケファン』2008年10月号、ミューズ、17-21頁。
  2. ^ a b 「石原詢子さんの詩吟教室 目指すは武道館!」『吟と舞 vol.8』2019年、舵社、70-71頁。
  3. ^ a b 〈私の一枚〉父は家元、朝4時半起きで稽古漬け 石原詢子さん”. 朝日新聞デジタル (2016年6月6日). 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ a b c 2014年6月23日『宮本隆治の歌謡ポップス一番星』(歌謡ポップスチャンネル)
  5. ^ 「巻頭インタビュー 『さよなら』からはじまる『酒』」『月刊 歌の手帖』2013年9月号、マガジンランド、10頁。
  6. ^ 第9回コラム 独立の条件は新聞配達をすること~歌手 石原詢子さん”. 新聞奨学生通信. 2017年12月22日閲覧。
  7. ^ 『読売新聞』2002年4月13日。
  8. ^ 「スペシャルインタビュー 石原詢子」『月刊 カラオケ大賞』2002年7月号、中村出版社、11-14頁。
  9. ^ 石原詢子30周年記念リサイタルでピアノの弾き語り”. 日刊スポーツ新聞社. 2018年9月7日閲覧。
  10. ^ 「glory interview 石原詢子」『カラオケ伝言板』2016年5月号、イー・ヴォイス、6頁。
  11. ^ a b 2018年9月19日『せんねん灸プレゼンツ しあわせ演歌・石原詢子です 』(ラジオ大阪
  12. ^ a b 『朝日新聞』2017年10月6日。
  13. ^ イオンモール与野”. 詢子のひとりごと (2016年7月31日). 2018年10月15日閲覧。
  14. ^ お初!猫カフェ”. 詢子のひとりごと (2019年4月24日). 2019年5月1日閲覧。
  15. ^ “(私の描くグッとムービー)石原詢子さん「魔女の宅急便」:朝日新聞デジタル”. (2021年3月26日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14848534.html 
  16. ^ a b 「UT探偵!あの人の素顔」『歌の手帖』2013年2月号、マガジンランド、124-125頁。
  17. ^ 「歌を支えた!そうめん七変化物語」『食彩浪漫』2005年8月号、日本放送出版協会、45-51頁。
  18. ^ a b タイトルなし”. 詢子のひとりごと (2009年9月11日). 2017年12月22日閲覧。
  19. ^ パティオ池鯉鮒”. 詢子のひとりごと (2013年12月7日). 2017年12月22日閲覧。
  20. ^ 『読売新聞』1989年11月2日。
  21. ^ 『石原詢子ビデオ全曲集2009』、2008年9月24日、ソニー・ミュージックレコーズ。
  22. ^ 2015年4月9日『ほんまもん!原田年晴です』(ラジオ大阪
  23. ^ BS日本のうたin常陸太田②”. 島津亜矢公式ブログ (2014年4月25日). 2017年3月1日閲覧。
  24. ^ 「巻頭インタビュー 岩本公水」『月刊 歌の手帖』2016年9月号、マガジンランド、9頁。
  25. ^ 「想い」”. 岩本公水 公式サイト (2015年5月16日). 2017年12月22日閲覧。
  26. ^ 常滑は雨”. 詢子のひとりごと (2014年7月3日). 2017年12月22日閲覧。
  27. ^ 2017年10月27日『おはよう歌一番 』(ラジオ日本
  28. ^ 平野愛子の同名曲のカバー。
  29. ^ 並木路子の同名曲のカバー。
  30. ^ 西田佐知子の同名曲のカバー。
  31. ^ 坂本九の同名曲のカバー。
  32. ^ 渡辺はま子霧島昇によるデュエット曲のカバー。
  33. ^ 笠置シヅ子の同名曲のカバー。

参考文献(新聞を除く)[編集]

  • 「月刊カラオケfan」No.179、1997年9月、(株)コインジャーナル(巻頭インタビューほか)
  • 「ステラ」1997年、10月10日号、NHKサービスセンター
  • 「ステラ」1998年、10月2日号、NHKサービスセンター
  • 「月刊歌の手帖」No.86、2000年12月号、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「ふれあい」No.210;2001年11月、(社)日本躾の会
  • “Yomiuri Weekly”、2002年6月9日、週刊読売(グラビア 美女最前線 CMの主役たち)
  • 「月刊カラオケfan」No.246、2003年5月、(有)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.117、2003年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊カラオケONGAKU」2003年8月、(株)颯爽社
  • 「流行歌通信」2003年9月、日刊スポーツグラフ
  • 「週刊大衆」2003年9月8日号
  • 「週刊釣場速報」2004年1月9日号、明光通信社
  • “Eye-Ai”324,March 2004、(株)リバーフィールド社 (英文)
  • 月刊カラオケファン」No.265、2004年12月、(株)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「月刊エンジャル」通巻179、2005年10月、(株)ユーズミュージック(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.153、2006年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「週刊女性」2006年9月5日号、主婦と生活社
  • 「月刊カラオケファン」No.295、2007年6月、(株)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.165、2007年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「カラオケ伝言板」Vol.17、2012年11月、(株)イー・ヴォイス(石原詢子表紙、巻頭インタビュー)

外部リンク[編集]