えなりかずき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
えなり かずき
本名 江成 和己
(読み同じ)
別名義 江成 和己(旧芸名)
生年月日 (1984-11-09) 1984年11月9日(38歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
身長 167 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1988年(子役として) -
著名な家族 江成正元(実弟)
テンプレートを表示

えなり かずき1984年11月9日 - )は、日本俳優タレント、司会者。本名及び旧芸名は江成 和己(読み同じ)。東京都世田谷区出身。江成正元は弟。愛称はえなりくん

略歴[編集]

父は元ミュージシャンで、ジャズバンドのパーカッショニスト[2]

3歳の頃に『志村けんのだいじょうぶだぁ』にて、子役としてデビューを果たす。

幼少期より出演した『渡る世間は鬼ばかり』での五月・勇夫婦の長男眞役の演技で「橋田ファミリー」の主要メンバーと認知され、ブレイク。

東海大学付属望星高等学校通信制課程を卒業後、1年浪人[3]し、成城大学文芸学部文化史学科へ進学。浪人時は、代々木ゼミナールに通い一般入試を受け合格。入学後はほぼ毎日通学し最前列で講義を受ける[注 1]。2008年3月、成城大学を卒業。

当初は本名の「江成和己」名義で活動していたが誤読されることが多かったため、芸名を平仮名の「えなりかずき」に改名した[5]

2007年4月11日付日刊ゲンダイでの記事に、えなりは事実無根とし名誉毀損として約1100万円の損害賠償と謝罪記事の掲載を求めて東京地裁に提訴し半年後に和解した。日刊ゲンダイは記事は全て捏造であったと認め「本紙2007年4月11号に掲載したえなりかずき氏に関する記事で、同氏の発言として報じた部分及び 同氏支援者が同氏を接待する方法について述べた部分は、いずれも事実に基づかないものでした。 この記事により、同氏の名誉を侵害し、同氏に多大なご迷惑をおかけしたことを謹んでお詫びいたします」と10月7日付で謝罪した。

俳優以外の活動[編集]

2001年、つんく♂によるプロデュースでシングル「おいらに惚れちゃ怪我するぜ!」で歌手デビュー。同年の『第52回NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。

2003年8月25日・26日めざましテレビ(フジテレビ系)にて、軽部真一の休暇期間中の代理キャスターとして出演。

2005年4月から、『サタデー生ワイド そらナビ』の司会を務め、2007年4月から、『うふふのぷ』の司会を務めた。毎週土曜日には、午前中に大阪市内の同局本社スタジオで『うぷぷのぷ』へ出演してから、夕方に名古屋のCBC本社スタジオで『サタデー生ワイド そらナビ』の生放送へ臨んでいた[注 2]。『サタデー生ワイド そらナビ』は、金曜午後の全国ネット番組『えなりかずき!そらナビ』へのリニューアル(2009年4月)を経て、2010年9月まで通算で5年半にわたって放送された。

2016年4月よりNHK Eテレの『コレナンデ商会』において、メインキャラクターであるブルブルの声優を2022年3月の番組終了まで担当した。

人物[編集]

  • 趣味ゴルフアマチュア無線識別信号は7L4UPM)[6]。ゴルフには幼少のころから親しみ、坂田塾の塾生でもあった。大学在学中もゴルフ部に所属するなどゴルフ歴は長く、ゴルフボールでリフティングすることができる。好きなゴルフ選手には杉原輝雄田中秀道を挙げている[7]。2016年のザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメントでは2位に入賞した。なお、小学校5年生で空手初段を取得している[8]
  • 子役時代から服装・言動・趣味などにおいて年齢不相応に成熟している「若者らしくないキャラクター」が評判である[要出典]。服装はシャツは襟付きで、ボタンは一番上まで留め、必ずベルトを締めて体調管理のためにズボン下まで履き、ゴルフウェアも着ることも多い[9]
  • 携帯電話を持たず、いわゆる「アナログ派人間」であると公言している[10]。しかし、2009年11月18日にブログ『えなリズム』を開設した。
  • 年金医療問題に詳しく、『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』にマニフェスト提出者としてたびたび出演していた。
  • チャーリー・チャップリンの映画が好きで、同じ作品を100回見るほどだという。小学3年生の時に『黄金狂時代』を観たのが最初で、大好きな作品に『独裁者』『ライムライト』を挙げている[11]。『ドラゴンボールマニアでもある[6]
  • 自宅ではテレビを複数台並べて全テレビ局を同時に見る習慣がある。一台だけ音を出し、他は無音で映像を流しているだけで、気になった番組が流れている1台だけで音を出す。アンテナ線の分配がかなり大変らしく、分配による信号減衰に対抗してブースターを付けるなど、工夫して視聴システムを構築している。
  • 芸歴が長いため、同世代から敬語を使われるがそれを嫌っており「同世代として仲良くやりたいんですよ!」と述べている。
  • 自身のモノマネをされる事は嫌っておらず、むしろ自らモノマネしている人に寄せてくるため「えなりのモノマネのマネをするえなり」という奇妙な状況になる事がある。本人は「せっかく来てくれたから迎えに行かないと」とモノマネを歓迎しており、坂本ちゃんらが熊谷真美の前で渡鬼登場人物のモノマネしている時にえなり本人が登場している。
  • 松下由樹のファンで、東尾理子も気になる存在と述べている[12]。『コメディーお江戸でござる』で共演した由紀さおり長山洋子とはメル友同士という[13]。逆に、『渡る世間は鬼ばかり』で長年共演した泉ピン子は苦手としている。
  • 赤穂浪士47人の全員の名前を暗記しているという特技を持っている。
  • 大学受験では、法政大学と成城大学に合格し、成城大学に進学した。
  • 大学での同期である枡田絵理奈とは在籍学部こそ異なるものの、在学中から共通の知り合いを通じて面識があった。枡田が4年半アシスタントを務めてきた『チューボーですよ!』を卒業する際にはゲストで登場し、枡田の卒業を祝した[14]
  • 上田晋也とはドラマ『天才バカボン』での共演がきっかけで親友となった[15]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組など[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2001年(平成13年)/第52回 おいらに惚れちゃ怪我するぜ! 01/27 松浦亜弥
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

報道・情報番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

音楽CD[編集]

  • 「おいらに惚れちゃ怪我するぜ!」(2001年8月8日シングル東芝EMI
    作詞/作曲・つんく。オリコン最高93位。カップリング曲は「えなりかずきの子守唄」。
    後に、つんく♂はTHE つんくビ♂トとして、コンサートで熱唱した。
  • 「温泉に行きたい」(2002年7月10日、シングル、東芝EMI)
    作詞・麻こよみ、作曲・水森英夫
  • 「おーい空よ/だから毎日おもしろい」(2008年2月27日、シングル、バウンディ)
    根本美緒とのデュエット。作詞/作曲・村上明彦
    「おーい空よ」はCBC『サタデー生ワイド そらナビ』→『ひるおび!・えなりかずき!そらナビ』テーマソング。「だから毎日おもしろい」はノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」CMソング。

ゲーム[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 枡田絵理奈[4]平松千花は同学部で同期生だった。
  2. ^ 『うふふのぷ』は2008年3月で終了。

出典[編集]

  1. ^ 日本タレント名鑑
  2. ^ 読売ウイークリー 2002年7月14日号 39ページ
  3. ^ その罰ゲーム(日帰り)的なもので、札幌藤野リュージュ・コースを滑らされた。『発見! タカトシランド』(2023年3月17日放送回)での自身の発言による。
  4. ^ 枡田絵理奈アナ卒業!大学の同級生・えなりかずきとオムライス作り『チューボーですよ!』”. テレビドガッチ (2013年11月14日). 2014年10月10日閲覧。
  5. ^ FLASHダイアモンド(光文社、増刊)2016年10月27日号 特集「あの改名タレントの今」より。
  6. ^ a b えなりかずきに初の交際報道、お相手は年上の妹系フルート奏者。”. ナリナリドットコム (2007年4月5日). 2014年10月9日閲覧。
  7. ^ 『えなりですどうも!』146-152ページ
  8. ^ 『えなりですどうも!』156-157ページ
  9. ^ 『えなりですどうも!』130-132ページ
  10. ^ 『えなりですどうも!』153ページ
  11. ^ 『えなりですどうも!』208-209ページ
  12. ^ 『えなりですどうも!』170-171ページ
  13. ^ 『えなりですどうも!』68-69ページ
  14. ^ ますだえりなのerinavi(アーカイブ)
  15. ^ 上田晋也が親友えなりかずきに語った「テレビでの勝ち方」”. Smart FLASH (2017年12月7日). 2021年12月26日閲覧。
  16. ^ タモリ、実写版『バカボン』主題歌を担当「受けない訳にはいかない」”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  17. ^ “こじるりドラマ初挑戦で刑事役 「ついに来たか!」 柄本佑演じる“コック警部”相棒に”. ORICON STYLE. (2016年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2077427/full/ 2016年8月29日閲覧。 
  18. ^ “北川景子、初の弁護士役!北村一輝がバディのSPドラマ「指定弁護士」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102843 2018年8月14日閲覧。 
  19. ^ “えなりかずき、波瑠の新たな恋の相手役? キラキラのなかの「異物感」をアピール”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2148079/full/ 2020年1月11日閲覧。 
  20. ^ “相葉雅紀主演ドラマ『ひとりぼっち』にえなりかずき、角野卓造ら『渡鬼』メンバーが集結”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年3月8日). https://realsound.jp/movie/2023/03/post-1275218.html 2023年3月8日閲覧。 
  21. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / FMシアター「柿の木の下で」(1998年12月5日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月8日閲覧。
  22. ^ 11/15(火)今朝のピンチヒッターはえなりかずきさん!!”. TBSラジオ (2011年11月15日). 2017年10月23日閲覧。
  23. ^ J-Wave Sounds of Story 〜Asada Jiro Library〜「悪魔」(2014年3月15日放送)”. J-WAVE. 2022年11月8日閲覧。
  24. ^ NHK オーディオドラマ過去作品アーカイブ / FMシアター「隣の魔女」(2022年2月19日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年11月8日閲覧。
  25. ^ ゆりやん、初共演・えなりかずきは「最高すぎてコンビ組みたい」”. マイナビニュース (2021年4月22日). 2021年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]