えなりかずき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えなり かずき
本名 江成 和己
(えなり かずき)
生年月日 (1984-11-09) 1984年11月9日(33歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
身長 167 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1988年(子役として) -
著名な家族 江成正元(実弟)
主な作品
テレビドラマ
渡る世間は鬼ばかり
情報番組など
コメディーお江戸でござる
えなりかずき!そらナビ

えなり かずき1984年11月9日 - )は日本俳優タレント。本名・江成和己(えなりかずき)。東京都世田谷区出身。俳優・江成正元は弟。

略歴[編集]

父は元ミュージシャンで、ジャズバンドのパーカッショニスト[2]

3歳の頃に『志村けんのだいじょうぶだぁ』で子役デビュー。

幼少期より出演した『渡る世間は鬼ばかり』での演技で「橋田ファミリー」の主要メンバーと認知され、ブレイク。

東海大学付属望星高等学校通信制課程を卒業後、1年浪人し、成城大学文芸学部文化史学科へ進学。浪人時は代々木ゼミナールに通い一般入試を受け合格。入学後はほぼ毎日通学し最前列で講義を受ける[注 1]。2008年3月に成城大学を卒業。

当初は「江成和己」で活動していたが「こうせいかずみ」などと誤読されることが多く「えなりかずき」に変更[4]

俳優以外の活動[編集]

2001年につんく♂によるプロデュースでシングル「おいらに惚れちゃ怪我するぜ!」で歌手デビュー。同年の『第52回NHK紅白歌合戦』にも出場した。

2005年4月から、『サタデー生ワイド そらナビ』の司会を務め、2007年4月から、『うふふのぷ』の司会を務めた[注 2]。『サタデー生ワイド そらナビ』は、金曜午後の全国ネット番組『えなりかずき!そらナビ』へのリニューアル(2009年4月)を経て、2010年9月まで通算で5年半にわたって放送された。

2011年4月1日に放送された『人志松本のいっぱい○○な話〜ヨダレも決めても豪華有名人SP〜』出演時に、表参道駅構内のトイレ事情について東京地下鉄に抗議電話を入れたエピソードを語った。その結果、同駅のトイレ改修工事を実施することになった[5]

人物[編集]

趣味ゴルフアマチュア無線識別信号は7L4UPM)[6]。ゴルフには幼少のころから親しみ、スパルタ教育でゴルフを教えることで有名な坂田塾の塾生でもあった。大学在学中もゴルフ部に所属するなどゴルフ歴は長く、ゴルフボールでリフティングすることができる。好きなゴルフ選手には杉原輝雄田中秀道を挙げている[7]。なお、小学校5年生で空手初段を取得している[8]

子役時代から服装・言動・趣味などにおいて年齢不相応に成熟している「若者らしくないキャラクター」がウケている[要出典]。服装はシャツは襟付きで、ボタンは一番上まで止め、必ずベルトを締めて、体調管理のためにズボン下まで履くという。ゴルフウェアも着ることも多いという[9]。『ごめんね青春!』では主人公演じる錦戸亮の兄役を演じたが、2人は同い年でさらに錦戸の方がえなりよりも6日誕生日が早い。携帯電話も持たず、いわゆる「アナログ派人間」であると公言している[10]。ただし、2009年11月18日よりブログ『えなリズム』を開始した。年金医療問題に詳しく、『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』にマニフェスト提出者としてたびたび出演していた。

チャーリー・チャップリンの映画が好きで、同じ作品を100回見るほどだという。小学3年生の時に『黄金狂時代』を観たのが最初で、大好きな作品に『独裁者』『ライムライト』を挙げている[11]。『ドラゴンボールマニアでもある[6]

自宅にはテレビを何台も並べて全テレビ局を同時に見ている。一台だけ音を出し、他は映像を流しているだけで気になったものを一台のもので音を出す。分配がかなり大変らしく、混線しないようにブースターを付けるなどしている。

芸歴が長いため、同世代から敬語を使われるがそれを嫌っており「同世代として仲良くやりたいんですよ!」と述べている。

自身のモノマネをされる事は嫌っておらず、むしろ自らモノマネしている人に寄せてくるため「えなりくんのモノマネのマネをするえなりくん」という奇妙な状況になる事がある。本人は「せっかく来てくれたから迎えに行かないと」とモノマネを歓迎している。

松下由樹のファンで、東尾理子も気になる存在と述べている[12]由紀さおり長山洋子とはメル友同士という。二人とも『コメディーお江戸でござる』(NHK総合)で共演した関係である[13]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組など[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2001年(平成13年)/第52回 おいらに惚れちゃ怪我するぜ! 01/27 松浦亜弥
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

報道・情報番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

音楽CD[編集]

  • 「おいらに惚れちゃ怪我するぜ!」(2001年8月8日シングル東芝EMI
    作詞/作曲・つんく。オリコン最高93位。カップリング曲は「えなりかずきの子守唄」。
    後に、つんく♂は、シャ乱Qまこと、元LOWDOWNのこーじと「THE つんくビ♂ト」として、コンサートで熱唱した。
  • 「温泉に行きたい」(2002年7月10日、シングル、東芝EMI)
    作詞・麻こよみ、作曲・水森英夫
  • 「おーい空よ/だから毎日おもしろい」(2008年2月27日、シングル、バウンディ)
    根本美緒とのデュエット。作詞/作曲・村上明彦
    「おーい空よ」はCBC『サタデー生ワイド そらナビ』→『ひるおび!・えなりかずき!そらナビ』テーマソング。「だから毎日おもしろい」はノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」CMソング。

ゲーム[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 枡田絵理奈[3]平松千花は同学部で同期生だった。
  2. ^ 毎週土曜日には、午前中に大阪市内の同局本社スタジオで『うぷぷのぷ』へ出演してから、夕方に名古屋のCBC本社スタジオで『サタデー生ワイド そらナビ』の生放送へ臨んでいた。なお、『うふふのぷ』は2008年3月で終了。

出典[編集]

  1. ^ 日本タレント名鑑
  2. ^ 読売ウイークリー 2002年7月14日号 39ページ
  3. ^ 枡田絵理奈アナ卒業!大学の同級生・えなりかずきとオムライス作り『チューボーですよ!』”. テレビドガッチ (2013年11月14日). 2014年10月10日閲覧。
  4. ^ FLASHダイアモンド(光文社、増刊)2016年10月27日号 特集「あの改名タレントの今」より。
  5. ^ 2011年4月1日放送『金曜プレステージ』”. TVでた蔵 (2011年4月1日). 2014年10月9日閲覧。
  6. ^ a b えなりかずきに初の交際報道、お相手は年上の妹系フルート奏者。”. ナリナリドットコム (2007年4月5日). 2014年10月9日閲覧。
  7. ^ 『えなりですどうも!』146-152ページ
  8. ^ 『えなりですどうも!』156-157ページ
  9. ^ 『えなりですどうも!』130-132ページ
  10. ^ 『えなりですどうも!』153ページ
  11. ^ 『えなりですどうも!』208-209ページ
  12. ^ 『えなりですどうも!』170-171ページ
  13. ^ 『えなりですどうも!』68-69ページ
  14. ^ タモリ、実写版『バカボン』主題歌を担当「受けない訳にはいかない」”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  15. ^ “こじるりドラマ初挑戦で刑事役 「ついに来たか!」 柄本佑演じる“コック警部”相棒に”. ORICON STYLE. (2016年8月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2077427/full/ 2016年8月29日閲覧。 
  16. ^ 11/15(火)今朝のピンチヒッターはえなりかずきさん!!”. TBSラジオ (2011年11月15日). 2017年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]