軽部真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かるべ しんいち
軽部 真一
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1962-10-08) 1962年10月8日(59歳)
血液型 O型
最終学歴 早稲田大学法学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局 アナウンス室[1]
職歴 統括担当部長、室長代行(現職)
活動期間 1985年 -
ジャンル 情報・バラエティ
配偶者 既婚
公式サイト 軽部真一
出演番組・活動
出演中めざましテレビ
ミュージックフェア
出演経歴メディア見たもん勝ち!ゼルマ
エンタ!見たもん勝ち
アゲるテレビ
その他 「めざましクラシックス」(高嶋ちさ子と共演)

軽部 真一(かるべ しんいち、1962年10月8日 - )は、フジテレビエグゼクティブアナウンサー

来歴[編集]

東京都出身。

早稲田大学高等学院早稲田大学法学部卒業。

高校ではグリークラブ、大学では男声合唱団早稲田大学コール・フリューゲルアナウンス研究会に所属。圭三プロダクションが運営する「圭三塾」でも、高橋圭三などに師事しながらアナウンス技術の研鑽を積んだ。

早稲田大学卒業後の1985年4月、アナウンサーとしてフジテレビへ入社。同期入社は、三宅正治永麻理長野智子松田朋恵小田多恵子

入社後は『おはよう!ナイスデイ』や『FNNスーパータイム』などのリポーターを皮切りに、怪奇現象関連の特別番組などで司会を担当。

『おはよう!ナイスデイ』の総合司会などを経て、1994年から『めざましテレビ』のエンタメコーナーを担当。

2016年4月以降は、フジテレビの現役アナウンサーでは初めて、『ミュージックフェア』の総合司会を担当。

フジテレビ医務室勤務の女性医師と2004年5月に結婚。2007年に女児、2012年に男児をもうけた。

ORICON STYLE』が発表する「好きな男性アナウンサー」ランキングでは、2010年版に2位となった。

2022年10月に定年(60歳)を迎える予定だが、同年7月1日付の人事異動を機にエグゼクティブアナウンサー(役員待遇)へ移行する。

人物・エピソード[編集]

  • 身長174.5cm。

著書[編集]

  • 『シネマ見たもん勝ち!』(1998.12、光進社) - ISBN 4877610219

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

  • 瞳見つめて(1994年、工藤哲也とデュエット、NIGHTHAWKS featuring S.KARUBE名義)
  • スマイル&ビギン(2000年、白田由布子とデュエット、withラフ名義)
  • 君の好きなヒト(2003年、高島彩とデュエット、K&T名義)

アルバム[編集]

  • 才色兼備(1996年)
  • 才色兼備II(1997年)
  • あっぱれ! 才色兼備(1999年)

いずれもオムニバス盤。

同期[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “組織図”. フジテレビ. (2021年7月1日). https://www.fujitv.co.jp/company/info/soshiki.html 2022年6月4日閲覧。 
  2. ^ アナウンサー 軽部真一 (早稲田大学:1985年法学部卒業) NIKKEI STYLE(2018年9月14日)
  3. ^ めざましクラシックス 〜since 1997〜”. めざましクラシックス 公式サイト. 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ アナウンサーが明かすTUBEと高嶋ちさ子のコラボ、山下達郎と竹内まりやのデュエットなど超豪華結婚式を挙げた人物とは?”. TALENTBANK. 2020年7月29日閲覧。
  5. ^ 日曜邦画劇場 - 日本映画専門チャンネル公式サイト

外部リンク[編集]