ミルクボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミルクボーイ
メンバー 駒場孝
内海崇
結成年 2007年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2007年 -
出身 大阪芸術大学落語研究会
旧コンビ名 ジン・ウォッカ
同期 GAGタナからイケダトットなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2019年 第8回関西演芸しゃべくり話芸大賞グランプリ
テンプレートを表示

ミルクボーイは、吉本興業(正式にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部)に所属するお笑いコンビ2007年7月結成。baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。大阪市天王寺区住みます芸人

メンバー[編集]

  • 駒場 孝(こまば たかし (1986-02-05) 1986年2月5日(33歳) -、大阪府出身)ボケ担当。B型。愛称「駒ちゃん」。
    • 大阪芸術大学放送学科卒業。
    • 普段は暇さえあればジムに通うほどの筋肉バカ。目つきが悪いため睨んでいると勘違いされる事がある。目が細く、ネタ合わせのときに寝ているか起きているか分からない。
    • 特技はボディービルダーや長渕剛の物真似。口笛。指パッチン。
    • 多田智佑(トット)、松尾充駿(ビーフケーキ)、藤本聖(ジュリエッタ)、池田周平(タナからイケダ)とルームシェアしている。

概要[編集]

  • 高校時代はお互いに違うコンビを組んでM-1甲子園に出場しており、駒場は「レペゼンズ」、内海は「コスモス」というコンビで活動していた。
  • 共に大阪芸術大学の落語研究会出身。大学祭の漫才大会で初舞台を踏む。ななまがりは落研の後輩。
  • 2007年7月にbaseよしもとのオーディションを受けるにあたって正式にコンビ結成。2008年1月にオーディションに初合格、2010年5月にbaseメンバー入り。オーディション組で複雑なデビュー経緯だったため、大阪NSC27期生扱いとなっているが、本当は29~30期生扱いであると本人たちは話している。
  • 関西のお笑いインディーズライブ『キタイ花ん』では3回優勝経験がある。
  • 食事に行くとご飯を5杯はおかわりしてしまう。
  • 単独ライブに来るお客さんは、年齢層がちょっと高めである。

人物[編集]

駒場の特徴[編集]

  • サドルを高くして自転車に乗る。自転車運が悪く、よく盗まれる。
  • エアコンが嫌いで、なかなかエアコンを付けたがらない。
  • 散髪によく行く。何故かABCお笑い新人グランプリの大会直前にメッシュを入れることがある。
  • トイ・ストーリー』のエイリアンのキャラクターが好きで、グッズ等を集めている。
  • 相方とはメールでネタの作成をする事もあり、メールを打ちながら後輩芸人に『良いネタが出来そうや!』とジャックダニエルを飲みながら、得意顔をしたことがある。
  • ボディービルの大会に出場する際に体の調整のためたんぱく質を多く摂取する事から、屁が尋常ではないほど臭くなる。
  • キレイ好き。常に部屋はピカピカ。
  • 日本一大きい金魚を飼っている。
  • ファンからのバレンタインデーチョコは、女性からよりゲイの方が多い。

内海の特徴[編集]

  • 幼少期に寝言で「アイアイアイアイ」と言う癖があり、祖母を心配させた。
  • パチンコが趣味。パチンコの大当たりの光で眩暈を起こしたことがある。
  • 下着はボクサーパンツ派。
  • お腹周りに生える毛が、大便のような形に生えている。
  • 大学時代に友達が少なく、大人数でやるべき卒業制作を女の子と二人でやり、成績は『可』だった。
  • 口のまわりに、正露丸と見間違うほどの大きなホクロがある。
  • 頭が禿げている。
  • 早食いが得意とされているが、実はそれほどでもない。
  • バイトをすぐ辞める。
  • 両親が毎週姫路から舞台に通ってくれている。
  • ななまがり・初瀬悠太への面倒見がいい。

賞レースでの戦績[編集]

Mー1グランプリ

年度 結果 会場 日時
2006年 2回戦進出[1] baseよしもと 2006/11/21
2007年 1回戦敗退[2] baseよしもと 2007/10/21
2008年 不出場
2009年 3回戦進出[3] 京橋花月 2009/11/28
2010年 準々決勝進出[4] なんばグランド花月 2010/12/04
2015年 3回戦進出 よしもと漫才劇場 2015/10/26
2016年 準々決勝進出 なんばグランド花月 2016/11/07
2017年 準々決勝進出 メルパルクホール大阪 2017/11/02
2018年 準々決勝進出 なんばグランド花月 2018/11/05
2019年 決勝進出 テレビ朝日 2019/12/22

芸風[編集]

  • 「リターン漫才」と称する漫才を得意とする。駒場の振る話題に対して内海が強烈な偏見を持った肯定と否定を交互に繰り返して、笑いを増幅してゆく。
  • 漫才の際は、筋肉・デブキャラを一切使わない。

主な出演[編集]

交友関係[編集]

  • 女と男の市川義一と仲が良く、家族ぐるみの付き合いもある。現在週一回放送しているネットラジオ「市川ラジオ」も、市川がミルクボーイに直々に声をかけスタートした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ M-1GPアーカイブ - M-1GP2006”. www.m-1gp.com. 2019年12月6日閲覧。
  2. ^ M-1GPアーカイブ - M-1GP2007”. www.m-1gp.com. 2019年12月6日閲覧。
  3. ^ 日程・結果 - オートバックスM-1グランプリ2009公式サイト”. www.m-1gp.com. 2019年12月6日閲覧。
  4. ^ 日程・結果 - M-1GP2010”. www.m-1gp.com. 2019年12月6日閲覧。
  5. ^ 準々決勝進出者速報! - キングオブコント2017”. www.king-of-conte.com. 2019年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]