上方漫才協会大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上方漫才協会大賞(かみがたまんざいきょうかいたいしょう)は、上方漫才協会吉本興業の主催で行われている演芸の賞。2014年12月1日よしもと漫才劇場開館とともに発足された上方漫才協会に所属する芸歴おおよそ10年の若手漫才師を対象に、毎年1月に開催されている。舞台やメディアなどでの活躍を総合的な評価や、コンテスト形式をとった一般からの投票や芸人からの投票で選出する部門賞など様々な形で選出される。

概要[編集]

賞の名称 概要
大賞 大賞ノミネートに選出された中より決定。

各分野での1年間の活躍や上方漫才への貢献など様々な視点で上方漫才協会大賞の審査会で審査し決定。

新人賞 芸歴5年目以下のコンビによるネタバトルで当日受賞コンビを決定。

ノミネートはよしもと漫才劇場で毎月行われているネタバトル「kakeru翔GP」の審査結果により決定。

話題賞 1年間各メディアで話題になり、その活躍で上方漫才の発展に貢献したコンビが受賞。

審査会により1組を決定。

文芸部門賞 審査会によりノミネート者を決定。

ネタの台本や表現方法など文芸部の視点で特に優れているコンビが受賞。

トータルコーディネイト賞 審査会によりノミネート者を決定。

舞台衣装や髪型、所作など舞台でのコンビのコーディネイトに関わる部分で特に優れているコンビが受賞。

オープニングアクト(第一回) 1年間よしもと漫才劇場「Kiwami極LIVE」でおこなわれた全てのオープニングアクトから、事前観客投票により1位を決定。
男前ランキング 事前お客様アンケートでの投票結果を集計。得票数のランキングを当日コーナーで発表。
ブサイクランキング(第二回 -) 事前お客様アンケートでの投票結果を集計。得票数のランキングを当日コーナーで発表。

歴代出演者[編集]

司会・アシスタント[編集]

司会 アシスタント
1 ハイヒールリンゴ(ハイヒール) スーパーマラドーナ
2
3 かまいたち

新人賞審査員[編集]

審査員
1 中田ボタン(上方漫才協会副会長)、大池晶(漫才作家)、片山良文(漫才作家)、金山敏治(漫才作家)、新田敦生(なんばグランド花月支配人)
2
3 中田ボタン(上方漫才協会副会長)、大池晶(漫才作家)、高見孔二(漫才作家)、片山良文(漫才作家)、金山敏治(漫才作家)、新田敦生(なんばグランド花月支配人)

第一回[編集]

2016年1月11日なんばグランド花月にて第一回上方漫才協会大賞が行われた[1]

賞の名称 受賞者
大賞 アインシュタイン
特別賞 バンビーノ
新人賞 ミキ
話題賞 8.6秒バズーカー
文芸部門賞 マルセイユ 「海外恋愛ドラマ」

シンクロック 「異性のキュンとする仕草」

コマンダンテ 「女心がわからない」

吉田たち 「赤色と青色」

トータルコーディネイト賞 祇園

ダブルアート

トット

マルセイユ

ミキ

ゆりやんレトリィバァ

オープニングアクト K-POP芸人

(祇園木崎、マユリカ中谷、サンディエゴ大村ジーニアス、数学ABコメ、イブンカテジュ)

男前ランキング 祇園木崎

第二回[編集]

2017年1月9日、なんばグランド花月にて第二回上方漫才協会大賞が行われた[2]

賞の名称 受賞者
大賞 吉田たち
特別賞 コマンダンテ
新人賞 マユリカ
話題賞 尼神インターミキ
文芸部門賞 トット「反抗期」

見取り図「サプライズプレゼント」

てんしとあくま「輪唱」

デルマパンゲ「3+0=4」

トータルコーディネイト賞 いなかのくるま

コマンダンテ

プリマ旦那

男前ランキング コマンダンテ石井
ブサイクランキング アインシュタイン稲田

第三回[編集]

2018年1月8日、なんばグランド花月にて第三回上方漫才協会大賞が行われた。今回からは、よしもと漫才劇場所属芸人だけでなく、ヨシモト∞ホール所属芸人も対象となる[3]

賞の名称 受賞者
大賞 トット
特別賞 ゆりやんレトリィバァ
新人賞 ゆにばーす
話題賞 ニューヨーク
文芸部門賞 てんしとあくま「おしおき」

プリマ旦那「クラブ活動」

さや香「歌のお兄さん」

トータルコーディネイト賞 おかずクラブ

十手リンジン

男前ランキング トット多田
ブサイクランキング アインシュタイン稲田

脚注[編集]

  1. ^ 「上方漫才協会大賞」初代大賞はアインシュタイン、バンビーノには特別賞”. お笑いナタリー (2016年1月12日). 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ 吉田たちが「上方漫才協会大賞」大賞に輝く「見てくれている人がいるんだな」”. お笑いナタリー (2017年1月10日). 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ トットが大賞に輝く「上方漫才協会大賞」ゆにばーすは新人賞獲得”. お笑いナタリー (2018年1月9日). 2018年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]