ネイビーズアフロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネイビーズアフロ
NAVYS AFRO
メンバー 皆川(皆川勇気)
はじり(羽尻紘規)
別名 ネイビーズ
結成年 2011年
事務所 吉本興業
活動時期 2011年12月 -
出身 吉本興業の劇場オーディション
出会い 京都市立堀川高等学校の同級生
芸種 漫才コント
ネタ作成者 2人で一緒に
現在の代表番組 さや香・ラニーノーズ・ネイビーズアフロのバツウケテイナーR
同期 コロコロチキチキペッパーズカミナリ男性ブランコ霜降り明星ゆにばーすハナコ
公式サイト 吉本興業株式会社芸人プロフィール
受賞歴
2018年 第7回 ytv漫才新人賞決定戦 準優勝
2019年 第8回 ytv漫才新人賞決定戦 3位
テンプレートを表示

ネイビーズアフロ(Navys afro)[1]は、吉本興業(旧よしもとクリエイティブエージェンシー大阪)所属のお笑いコンビ。大阪NSC33期生扱い。これは吉本の養成所である大阪NSC出身ではなく、一般オーディションから勝ち上がって劇場所属となった為、33期生“扱い”。よしもと漫才劇場なんばグランド花月、京都よしもと祇園花月などに出演中。「ネイビーズ」と略されることもある。

メンバー[編集]

  • 皆川(みながわ)本名:皆川 勇気(みながわ ゆうき)、1992年9月22日 - )(27歳)
ボケ担当(立ち位置 左)
京都府京都市上京区出身
京都市立堀川高等学校普通科、神戸大学発達科学部(現 国際人間科学部)出身
身長183cm※本人ツイッター記載。吉本所属後も身長が伸びたので吉本のプロフィール182cmと違う[1] 体重62kg 血液型A型
兄弟関係は、兄9歳上・兄6歳上・姉3歳上がいる、4人兄弟の三男末っ子で、4人の平均身長は185.25cm[2]
趣味はカラオケ、フルマラソン(自己ベスト記録3時間46分22秒[3])、サッカー
中学、高校ではサッカー部でゴールキーパーをしていた
神戸大学在学中の一時期、陸上部に所属していた
コブクロMr.Childrenが好きで、歌詞を見ずに歌える。
飛行機が好き。大阪国際空港でのイベント「ナイトフライト笑わナイト」のネイビーズアフロ出演回は、「芸人と一緒に夜の飛行機を見よう」というイベントが開催され、客は皆川の解説を聞きながら展望デッキで飛行機を見ることができる。(2018年9月12日、2019年5月15日) 2019年5月15日のイベントでは、偶然客の中に非番中の大阪国際空港管制官がいて、皆川の解説が管制官に褒められた。
NON STYLE石田、ブラックマヨネーズ吉田軍団に入っていて[4]その関連でライブやテレビに出演していることもある。
2017年の単独ライブ企画で漢字検定に挑戦していた。(2017年2月22日に二級取得)[5]
2018年の単独ライブ企画で毎月全ての日の出来事の暗記に挑戦。
中学高校の時にモテていて、高校3年生の時には校内にファンクラブがあったり校門で出待ちする後輩がいたと相方で高校の同級生のはじりがラジオで話したことがある[6]
よしもと漫才劇場男前ランキング 2017年17位、2018年6位、2019年9位、よしもと漫才劇場ブサイクランキング 2019年34位。
よしもと男前ランキング2019 35位。
よしもと漫才劇場オシャレランキング 2020年19位。
  • はじり (はじり)本名:羽尻 紘規(はじり ひろき)、1992年7月16日 - )(27歳)
ツッコミ担当(立ち位置 右)
京都府京都市右京区出身
京都市立堀川高等学校普通科、神戸大学工学部出身
身長169cm[1] 体重59kg 血液型O型
兄弟関係は、妹10歳下・弟12歳下がいる、3兄弟の長男
趣味はAKB48等アイドル全般、バドミントン卓球、ゲーム(太鼓の達人)
中学では卓球部、高校ではバドミントン
特技は暗記。2018年の単独ライブ企画で毎月全ての日の有名人の誕生日の暗記に挑戦。
2017年の単独ライブ企画ではクジ引きによって選ばれた検定に挑戦していた。(あいさつ検定5級、コロッケ検定、声優検定5級、ホームパーティー検定3級、ハワイスペシャリスト検定、ビール検定、日本化粧品検定3級、似顔絵検定6級、七転び八起き検定、ジグソーパズル達人検定、漢字検定六級、カレーパン検定、からあげ検定取得済)
女優の吉岡里帆は同じ幼稚園の同級生。小学生になってから、バレンタインデーに吉岡が家族と自宅に訪ねて来たことがあるという話題が、2016年11月19日のトークライブ「ネイトークアフロvol.2」で出た。2017年8月25日深夜放送読売テレビ「マヨなか笑人」ではバレンタインデーに吉岡が訪ねて来た話とともに一緒に撮った当時の写真を公開[7]。吉岡も2017年4月3日に映画『名探偵コナン から紅の恋歌』の舞台挨拶や2017年7月6日TBSテレビ「櫻井・有吉THE夜会」で、幼稚園時代の初恋の人の家に小学校に上がってからチョコレートを渡しに行ったと話している[8]
2017年8月9日MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」初出演時、浜村淳に「歌舞伎俳優の尾上松也に似た男前」と言われる。
2019年5月15日からKBS京都ラジオ「‪ネイビーズアフロの聴けばミヤコ!」‬ ‪で、自身のファンのことを「はじリスナー」と呼ぶ。
よしもと漫才劇場男前ランキング 2018年27位、2019年14位。
よしもと男前ランキング2019 63位。
よしもと漫才劇場ダサいランキング 2020年26位。

略歴・芸風[編集]

  • 2011年11月11日結成。高校大学の同級生コンビ。小学生の頃から漫才師を目指していた皆川が、神戸大学1年生の時に、羽尻を誘った[9]。コンビ名の由来については後述。高校の文化祭の漫才コンクールではお互い別の相手とコンビを組んでいて、羽尻は1年生の時に、皆川は2年生の時に優勝している[10]
  • 2人の最初の舞台は2011年12月11日5upよしもとのオーディションライブ「サードチャレンジ」
  • 結成から約1年後の2012年11月28日によしもと漫才劇場の前身5upよしもとの「サードバトル」に初出場。バトルで勝ち残りサードメンバー入りをして劇場所属となった。しかし翌月同バトルで落ちて以降、常にオーディションライブは受け続けて一時的に劇場に上がることもあったが定着はしなかった。劇場メンバーに定着したのは、2014年12月16日「Kakeru翔LIVE」から。それ以降劇場メンバーから落ちたことはない。※エントリー日が事前にある為、2015年2月6日まではオーディションライブの「UP TO YOU」にも出ていた。
  • コンビ名の由来は、2011年11月11日、2人が好きなトータルテンボスの単独ライブ後のサイン会でコンビ名を名付けてもらったことから。皆川が「NAVY」と書かれたTシャツを着ていたのを見たトータルテンボス藤田が「ネイビーズ」と提案し、当時藤田がアフロだったので「ネイビーズアフロ」となった。その後オーディションを経てよしもと漫才劇場に所属。2016年3月25日祇園花月での単独ライブにトータルテンボスをゲストに呼んで当時のことを語り合っている[11]
  • 出囃子は「Pink Prisoner」コブクロがカバーしたユニコーンの曲。アルバム「ALL COVERS BEST」収録。
  • 主に漫才。結成当初から正統派しゃべくり漫才や動きの多い漫才をしていたが、2016年頃からは賢いキャラを皆川が演じる知的な漫才コントや歌うネタ、2017年からは知的なネタの他に知識を見せつける嫌なキャラ、2018年からは知識も関係なくちょっと嫌な性格のキャラを皆川が演じるネタもするようになった。2019年秋頃からはツッコミはじりボケ皆川の役割にこだわらない漫才もしている。
  • 2018年はイベント主催者のリクエストやテレビ番組のコンセプトに合わせて「古墳漫才」「就活漫才」「消費者問題漫才」「新聞漫才」を作ってしたことがある(2018年3月11日ABCラジオ「ラジオ演芸もん」での話)
  • 2019年は消費者庁主催「エシカル・ラボin京都」でエシカル消費に関する漫才を披露。
  • 2020年は兵庫県提供MBSラジオ ‪「~ひょうごe-県民プレゼンツ~ネイビーズアフロの淡路島へLET'S GO!」‬で淡路島紹介漫才を披露。
  • 2018年8月27日、初めてなんばグランド花月で単独ライブ「いとをかし in NGK」を開催。キャパ858席に対し、先行抽選発売に2000件を超える申込があった。[12]
  • 2018年秋から初冠ラジオ番組を含めた3つのレギュラーラジオ番組「ネイビーズアフロの聴けばミヤコ!」「メッセンジャーあいはらの夜はこれから!」‬ 「ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO」が始まった。2019年1月12日朝日新聞全国版朝刊の芸能コメンテーター中西正男の連載「TV笑ケース」で「話芸が問われるラジオで若手がこれだけレギュラーを持つのは異例中の異例だ」と評価される。
  • 2019年5月19日、よしもと漫才劇場LINE LIVE配信にて、大阪チャンネルで2017年11月から配信中の公開収録番組「もっともっとマンゲキ」MCの交代が発表された。それまでの4MCアインシュタイン・トット吉田たち令和喜多みな実から、9月以降はネイビーズアフロ・さや香からし蓮根ラニーノーズがMCとなり、2019年よしもと漫才劇場の8月夏フェスや12月カウントダウンライブはこの新MC4組を中心に開催された。

賞レース[編集]

賞レース成績[編集]

賞レースキャッチフレーズ[編集]

※2017年5月6日 第52回 上方漫才大賞は特に無し

  • 2017年10月27日 漫才Loversytv漫才新人賞選考会ROUND2「嫌味なアイツに釘付け!」「スタイリッシュな若手実力派!」
  • 2018年2月25日 第7回漫才Lovers ytv漫才新人賞決定戦「インテリの雑草魂」「蒼い新星」
  • 2018年4月7日 第53回 上方漫才大賞「お笑い偏差値トップクラス」「知的漫才 難関突破」
  • 2018年7月14日 漫才Loversytv漫才新人賞選考会ROUND1「目指すは“優勝”のみ」
  • 2018年11月3日 漫才Loversytv漫才新人賞選考会ROUND2「目指すは“優勝”のみ」
  • 2019年3月1日 第49回 NHK上方漫才コンテスト「高学歴芸人のスマート漫才」
  • 2019年3月3日 第8回 ytv漫才新人賞決定戦「いざ、リベンジの時」「雪辱を果たす時が来た」
  • 2019年4月13日 第54回 上方漫才大賞「頭脳派漫才 放つ異彩」「緻密な計算で新人賞の頂へ」
  • 2019年7月21日 第40回 ABCお笑いグランプリ 「饒舌アップビート漫才」
  • 2019年8月3日 漫才Lovers NEXT ytv漫才新人賞選考会ROUND1「暴走する賢者」「他を凌駕する高速漫才」
  • 2019年11月16日 漫才Lovers NEXT ytv漫才新人賞選考会ROUND2「暴走する賢者」「他を凌駕する高速漫才」
  • 2020年1月25日 漫才Lovers NEXT ytv漫才新人賞選考会ROUND3「暴走する賢者」「他を凌駕する高速漫才」
  • 2020年4月11日 第55回 上方漫才大賞は「漫才マンtheゴールド」のネタを放送の為特に無し

出演[編集]

テレビ[編集]

現在のレギュラー番組

終了したレギュラー番組

  • ロケ方NMB48 (KawaiianTV、2018年7月26日・8月9日23日・9月6日20日・10月4日18日25日・11月1日29日・12月13日27日・2019年1月10日24日・2月4日18日・3月7日21日・4月4日18日・5月2日16日・6月13日27日・7月11日25日・8月8日22日・9月5日19日・10月3日31日・11月14日28日) - MC

その他の番組

ラジオ[編集]

現在のレギュラー番組

終了したレギュラー番組

過去の冠番組

  • ネイビーズアフロのそれほんま?(ABCラジオ、2018年8月26日)※初冠番組
  • ネイビーズアフロのそれほんま??(ABCラジオ、2018年11月25日)
  • ネイビーズアフロのそれほんま???(ABCラジオ、2019年5月25日)

その他の番組

主な出演ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • ネタライブ ※2016年12月以降毎月実施
    • 「夢のまんましんでいける」- 2015年6月14日
    • 「夢のまんましんでいける〜君がいた夏〜」- 2015年8月12日
    • 「夢のまんましんでいける〜夜風のしわざ〜」- 2015年10月3日
    • 「夢のまんましんでいける〜SNOW SMILE〜」- 2015年12月6日
    • 「夢のまんましんでいける in 祇園花月〜故郷で、新衣装で、ゲストを呼んで〜」- 2016年3月25日※シークレットゲスト:トータルテンボス
    • 「夢のまんましんでいける in よしもと漫才劇場」- 2016年6月26日
    • 「夢のまんましんでいける in 祇園花月〜真夏のネタ10連発〜」 - 2016年8月21日
    • 「夢のまんましんでいける in よしもと漫才劇場」- 2016年10月2日
    • 「夢のまんましんでいける in よしもと漫才劇場」- 2016年12月25日
    • 「いとをかし2017」(よしもと漫才劇場)- 2017年1月22日、2月18日、3月25日、4月15日、5月27日、6月24日、7月22日、8月25日、9月30日、10月26日、11月24日、12月16日
    • 「いとをかし2018」(よしもと漫才劇場)- 2018年1月28日、2月17日、3月13日、4月13日、5月20日、6月16日、7月20日、9月29日、10月30日、11月20日、12月16日※8月はなんばグランド花月
    • 「参勤交代2018」(渋谷ヨシモト∞ホール)- 2018年1月21日
    • 「いとをかし in NGK」(なんばグランド花月初単独) - 2018年8月27日※シークレットゲスト:ブラックマヨネーズ
    • 「参勤交代2019」(渋谷ヨシモト∞ホール、7月のみルミネtheよしもと)- 2019年1月27日、3月31日、5月26日、7月29日、9月29日、11月24日
    • 「いとをかし2019」(よしもと漫才劇場)- 2019年1月19日、2月18日、3月18日、4月15日、5月19日、6月18日、7月15日、9月22日、10月27日、11月16日、12月15日
    • 「いとをかし2019 in なんばグランド花月」(なんばグランド花月) - 2019年8月27日※シークレットゲスト:NON STYLE石田
    • 「いとをかし2020」(よしもと漫才劇場)- 2020年1月25日、2月29日※3月29日と4月28日と5月は新型ウイルスの影響で劇場休館の為中止
    • 「参勤交代2020」(渋谷ヨシモト∞ホール)- 2020年2月2日※3月15日と5月は新型ウイルスの影響で劇場休館中止
  • 単独トークライブ「ネイトークアフロ」(道頓堀ZAZA HOUSE)- 2016年4月21日、11月19日、2017年3月20日、9月5日、11月11日、2018年1月12日、3月12日、5月2日、7月13日、9月21日、11月8日、2019年1月17日、3月25日、5月13日、7月22日、9月6日、11月23日、2020年2月19日※4月22日は新型ウイルスの影響で劇場休館中止
  • 「ネイビーズアフロはじりのはじりっぱなし」(1〜3回目道頓堀ZAZA Pocket's、4回目以降道頓堀ZAZA HOUSE) - 2018年2月4日、4月14日、6月9日、9月10日、12月13日、2019年6月11日、8月22日、10月15日、12月9日

企画ライブ[編集]

  • 「4×30〜東京、大阪、期待の若手4組×30分の単独ライブ〜」(ルミネtheよしもと) - 2017年10月1日※TEAM BANANAキンボシさや香・ネイビーズアフロがミニ単独
  • 「マツリノマエ」(道頓堀ZAZA HOUSE)- 2018年8月12日、2019年8月6日※毎月単独は全新ネタだが、8月のなんばグランド花月単独のみ全新ネタではないので新ネタをする為のライブ
  • 「ネイビーズ幕張アフロ」(よしもと幕張イオンモール劇場)- 2019年5月5日

雑誌[編集]

  • 『Myojo』(2018年1月23日、集英社)
  • 『Leaf 4月号』(2019年2月25日、株式会社リーフ・パブリケーションズ)※皆川のみ
  • 『Leaf 5月号』(2019年3月25日、株式会社リーフ・パブリケーションズ)※はじりのみ

脚注[編集]

外部リンク[編集]