あなたの街に住みますプロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あなたの街に“住みます”プロジェクト」(あなたのまちにすみますプロジェクト)は、吉本興業が「地域密着型プロジェクト」として、2011年4月27日から開始したプロジェクトである。

概要[編集]

吉本興業(現吉本興業ホールディングス)が、子会社・よしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)所属のタレント芸人)を「住みます芸人」と銘打ち、全国47都道府県に派遣している。各県に実際に移住させた上で[注 1]、地域に密着した芸能活動を行わせ、地域に貢献しようという趣旨で行われている。

テレビ番組への出演やお笑いイベントへの出演などが主たる活動である。地方によっては、いわゆる「お笑いタレント」が存在しなかったことが多く[注 2]、かつ業界大手である吉本興業所属という点もあり、幅広く活動することが期待されている。

吉本興業は「観光名所・特産品のPR」「お祭りの盛り上げ役」などの活動を想定している[1]

また芸人だけでなく、各都道府県でタレントのマネージメントを行う「エリア担当社員」も1人ずつ採用されている[2]

2015年、農林水産省の「こくさんたくさん週間」(国産農林水産物拡大に向けた取組強化週間、11月1日から8日)の応援団に住みます芸人が就任[3]

2016年、アジア版が発足し、東南アジアを中心とした諸国への派遣が始まった。また、吉本興業による農業プロジェクト「よし農」が発足し、その一環として「農業で住みます芸人」がスタート。自治体より農業協力隊員に委嘱され、芸人・タレント活動と並行して農業活動も行う。仙台市太白区新潟県長岡市などで導入されている。

2017年、大阪市24区住みます芸人が発足。

2019年5月より、新発足した株式会社よしもとエリアアクションの事業となる。

住みます芸人[編集]

派遣されるタレント「住みます芸人」は、東京大阪で活動していたコンビの若手芸人が多く、殆どは派遣される地域の出身者である。北海道愛知県広島県福岡県沖縄県といったもともと支社や事務所が置かれていた地域では、派遣ではなく支社の管内で活動していた芸人を後追いで任命するケースがみられる[注 3]秋田県に派遣されていた桂三若は、大阪でキャリアを重ねた中堅の上方落語家でありながら、縁のなかった秋田に派遣されており、「住みます芸人」のうちではレアケースであった[注 4]。派遣期限は特に公式発表されておらず、住みます芸人の交替や異動が行われた地域もある。

各都道府県1組ずつが基本であるが、派遣期限に区切りがないため追加派遣される都道府県も増えており、最多は神奈川県埼玉県新潟県の4組である。岐阜県のように卒業した芸人が復帰するというレアなケースもある。住みます芸人在任中にコンビ解散して片割れのみピン芸人として継続する例や、新潟県のように住みます芸人が集まってユニット化する例、神奈川県の堤下敦インパルス)や山梨県のティ・カトウ(チャド・マレーン)のようにコンビの片方が単独で就任する例もある。

香川県梶つよしは、自ら祭りをプロデュースし、地元と協力して経済を動かすなど、ソーシャルビジネスを推進する「住みます芸人」の成功例としてしばしば語られる[4]。福岡県初代住みます芸人の山田貴正(レモンティー)のように政治家に転向した例もある[5]

市町村単位(北海道陸別町下川町秩父別町福井県坂井市沖縄県恩納村など)の派遣も行われており、とりわけ香川県丸亀市では派遣にあたって丸亀に因んだ芸名に変更するしきたりが出来ている[注 5]

現在の「住みます芸人」一覧[編集]

都道府県 住みます芸人
北海道 オジョー(2015年8月 - )、コロネケン(2020年2月 - )、スクランブル(2020年7月 - )
青森県 ノーストン(2022年4月 - )
岩手県 アンダーエイジ(2011年4月27日 - )
宮城県 バクコメ(2013年7月18日 - )、けせんぬまペイ!気仙沼市、2022年 - )
秋田県 ちぇす(2012年 - 2016年1月・2016年7月 - )、きり亭たん方(2019年4月 - )
山形県 ソラシド(2018年10月 - )
福島県 ぺんぎんナッツ(2011年4月27日 - )
群馬県 アンカンミンカン(2011年4月27日 - )、岩瀬ガッツ(2019年1月20日 - )、チョッキGT5000(2020年10月 - )
栃木県 上原チョー(2011年4月27日 - )、ベリーズ(2018年8月8日 - )、似関本賢太郎(2021年1月6日 - )
茨城県 オスペンギン(2011年4月27日 - )
東京都 キャベツ確認中(2012年7月5日 - )[6]ゆったり感(2019年5月 - )
神奈川県 囲碁将棋(2011年4月27日 - )、坂本雅仁(2016年6月13日 - )[7]堤下敦インパルス、2018年10月23日 - )、アルバトロスしん(2019年1月 - )[8]
埼玉県 こりゃめでてーな(2019年1月26日 - )、北条ふとし(2019年1月26日 - )、カートヤング(2019年1月26日 - )、おだいらつかさ(えりんぎ、2022年11月8日 - )
首都圏 天狗ボヨンボヨン(2021年10月 - )※埼玉県住みます芸人からの転任
千葉県 もぐもぐピーナッツ(2018年4月 - )[注 6]
山梨県 いしいそうたろう(2011年4月27日 - )、ティ・カトウ(チャド・マレーン、2020年9月30日 - )
新潟県 大谷哲也(2011年4月27日 - )、関田将人(2013年7月 - )、いっすねー!山脇(2017年 - )、チカコホンマ(2019年4月 - )
長野県 こてつ(2011年4月27日 - )、ゆでたかの(2020年1月20日 - )
静岡県 富士彦(2014年7月7日 - )、さこリッチ (「ちゅ~りっぷ前迫.」改め)(2014年7月7日 - )、ぬまんづ(2014年7月7日 - )
岐阜県 ますっち(2021年10月 - )、森貴史(2022年3月 - )
愛知県 小鈴木(2020年4月 - )
三重県 カツラギ(2014年3月26日 - )、田中哲也(オレンジ、2020年9月 - )
富山県 伊藤もとひろ(2019年11月12日 - )、ノビ山本(2019年7月2日 - )、吉田サラダ(2021年4月 - )
石川県 ぶんぶんボウル(2011年4月27日 - )、月亭方気(2018年4月1日 - )
福井県 笑福亭笑生(2011年4月27日 - )、飯めしあがれこにお(2014年 - )、モグモグパクパク(坂井市・2019年4月 - )、カリマンタン(2019年4月 - )
滋賀県 ファミリーレストラン(2011年4月27日 - )、ノーサイン(2021年4月1日 - )
京都府 タナからイケダ(2011年4月27日 - )、きゃろっときゃべつ(2017年4月16日 - )、木下弱(2020年4月 - )
大阪府 span!(2012年4月2日 - )
奈良県 十手リンジン(2015年1月 - )、桂ちきん(2018年11月 - )
和歌山県 わんだーらんど(2011年4月27日 - )
兵庫県 山田スタジアム(2014年5月10日 - )[9]モンスーン(2016年10月17日 - )
鳥取県 ほのまる(2012年12月27日 - )、山田ちゃーはん(2021年1月 - )
島根県 奥村隼也(2015年4月 - )
岡山県 江西あきよし(2011年4月27日 - )、ハロー植田(2020年11月1日 - )
広島県 藩飛礼(2019年2月15日 - )
山口県 どさけん(2012年2月14日 - )、山口ふく太郎・ふく子(2016年12月19日 - )、ぶるぼん(柳井市平郡島・2019年10月1日 - )
徳島県 中山女子短期大学(2018年4月1日 - )、みっとしー(2019年5月 - )
香川県 梶剛(2012年1月9日 - )、大木亀丸(2020年4月 - )
愛媛県 ひめころんきづたく(2016年3月 - )、うっつん(2018年 - )
高知県 淀家萬月(2011年4月27日 - )、シナモン(2020年9月 -)
福岡県 やまだなおき(2012年3月7日 - )、マサル(2017年3月15日 - )、カイキンショウ(2021年8月 - )
佐賀県 ひのひかり智(2011年4月27日 - )、メタルラック(2013年11月12日 - )
長崎県 長崎亭キヨちゃんぽん(2011年4月27日 - )
大分県 野良レンジャー(2011年4月27日 - )
熊本県 もっこすファイヤー(2011年4月27日 - )
宮崎県 嫁恐竜(2011年4月27日 - )、チキンナンゴー(2018年4月 - )
鹿児島県 パイナップルつばさ(2014年12月 - )、キカンタレ(2018年6月 - )
沖縄県 ありんくりん(2016年6月 - )、カシスオレンジ(2020年5月 - )、ハイビスカスパーティー(2020年 - )、ゲラゲラ星人宮古島、2021年6月 - )
大阪市24区住みます芸人
北区 木尾モデル
都島区 ボロボロバイセコー
福島区 月亭八織
此花区 かりんとう
中央区 kento fukaya
西区 ツートライブ
港区 ガチャガチャ
大正区 ZUMA
天王寺区 ミルクボーイ
浪速区 チャイルドプリンス
西淀川区 スキンケア大学
淀川区 バッハの休日
東淀川区 福人
東成区 相乗効果
生野区 田津原理音
旭区 マイスイートメモリーズ
城東区 ドランケン
鶴見区 国道アリス
阿倍野区 ビコーン!
住之江区 セカンドブラウン
住吉区 ダブルヒガシ
東住吉区 アンビシャス
平野区 翠星チークダンス
西成区 ガオ〜ちゃん


過去[編集]

現在の「住みますアジア芸人」一覧[編集]

動画配信[編集]

プロジェクト開始当初、各芸人は、おおむね22時から1時間、Ustreamを用いた配信「YNN[注 26]」を行うこととなっていた[注 27]Twitterを活用し、視聴者とコミュニケーションしながら番組を進める。YNN公式WEBサイトでは、47都道府県すべての配信番組を視聴することが出来、また各県の情報発信のほか、アクセス数のランキングも競われた。

2015年3月をもって定期的な動画配信は行わないこととなり、現在は一部の芸人がYouTubeで不定期動画配信を行うのみとなっている。

2022年3月からは「BSよしもと」を拠点としている。

住みます芸人の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2011年4月28日
  2. ^ 産経新聞2011年4月2日
  3. ^ 早大出身しまぞうZ、早実活躍に大喜び「サラダチキン差し入れたい」”. サンスポ (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ 山里亮太「うちの会社っていい会社だったんだ」 吉本興業のソーシャルビジネス推進にボケ
  5. ^ この人!:お笑い芸人 山田貴正さん /福岡” (日本語). 毎日新聞. 2021年10月29日閲覧。
  6. ^ よしもとニュースセンター (2012年7月5日). “2代目東京都“住みます”芸人にキャベツ確認中が就任!初仕事は八丈島で!”. 2012年7月11日閲覧。
  7. ^ 「インパルス」堤下が活動再開 17年に自動車事故2度で謹慎”. スポーツ報知 (2018年10月24日). 2018年10月29日閲覧。
  8. ^ 【新 住みます芸人就任】神奈川県に新しい仲間が加入!”. よしもと住みます芸人47web 神奈川. 2019年1月26日閲覧。
  9. ^ Twitter・かわばたくん@karikari0717 - 2014年5月10日 12:58
  10. ^ かわばた くん@masa_hihi - 2015年3月31日 0:59
  11. ^ よしもとニュースセンター (2012年3月29日). “「宮城県住みます芸人「スーパーギャルズ」改め「おくとぱす85」が、南三陸町に移住”. 2012年6月21日閲覧。
  12. ^ 3代目「住みます芸人」に就任 - ゆりやんレトリィバァさん/吉本興業”. 奈良新聞 (2014年2月24日). 2020年9月13日閲覧。
  13. ^ フィッシュ&チップス コンビ解散の御報告と御礼”. よしもと住みます芸人47web 富山. 2020年1月3日閲覧。
  14. ^ 二代目 福岡県住みます芸人「ぶんぶん丸」本日付で解散となります”. よしもと住みます芸人47web 福岡. 2020年7月8日閲覧。
  15. ^ 「静岡県住みます芸人」ちゅ~りっぷ解散…企業に就職、ピン芸人で別々の道も共に「静岡県住みます」継続”. LOOK. 静岡朝日テレビ (2020年11月19日). 2020年1月13日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 担当地域への居住は基本的に原則であるが、神奈川県囲碁将棋佐賀県メタルラックなど、実際は居住していないことを明かしている者もいる。
  2. ^ 漫談師」「司会者」「ローカルタレント」とは異なる。
  3. ^ 2011年4月開始の「初代住みます芸人」でいえば、北海道のクマップ(札幌吉本所属)、愛知県サムタイムズ名古屋吉本所属)、広島県フリータイム広島吉本所属)、福岡県レモンティー(福岡吉本所属)がそれに該当した。静岡県カズ&アイは、吉本がプロデュースする伊豆・三津シーパラダイスアシカショーのタレントユニットから結成されたコンビで、「住みます芸人」プロジェクト発足前の2004年からすでに類似の活動を行っていたところを後追い任命された珍しい例である。また、沖縄県初代住みます芸人の空馬良樹は、沖縄事務所開設前から1人で沖縄に駐在していた。愛媛県3代目住みます芸人のフジノミヤのように、地元のフリー芸人を住みます芸人として現地採用した例もある。
  4. ^ 三若はその立場上、関西圏に頻繁に帰りながら仕事をしていた。これも「地域密着」を謳い地元から離れることのない、他の「住みます芸人」では見られない特徴である。
  5. ^ 着任に伴って改名した丸亀じゃんごは、住みます芸人を離れた後もその名を継続して名乗り続けている。
  6. ^ もぐもぐピーナッツメンバーのうっほ菅原は、2017年4月まではゴールデンボーイズのメンバーとして、2018年4月まではピン芸人として千葉県住みます芸人で活動。
  7. ^ 2015年4月からは故郷である北海道に拠点を移して活動している。
  8. ^ 実質的には2004年6月より同様の活動をしていた。
  9. ^ カズは吉本を引退、アイはピン芸人として活躍している。なお静岡市着任の住みます芸人はその後空位である。
  10. ^ 2014年3月31日までは、宮本昌彦とのコンビ・かりんとうが担当。コンビ解散後は、かわばたくんのみ継続。
  11. ^ 解散後、小野竜輔は東京で「ダイヤモンド」として活動。
  12. ^ 2014年7月31日までは、湊ゆかりとのコンビ・ビューティーメーカーが担当。コンビ解散後は、竹之内雄太のみ継続したが派遣終了と同時に吉本を引退し、地元に残る。現在はMBCタレントとしての活動が中心。
  13. ^ スーパーギャルズから、2012年3月29日に改名。
  14. ^ 2012年11月まではモストデンジャラストリオ。ウルフ(現・浜辺のウルフ)の脱退に伴い改名。
  15. ^ 宮城県を離れた後も、レギュラーコーナーを担当していた『OH!バンデス』(ミヤテレ)や『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のミヤテレ部分を担当するなど、テレビ出演を中心に、定期的に宮城県で仕事をしている。
  16. ^ 解散により派遣終了したが、その後メンバーの交代を経て再結成し「シンポジウムR」に改名、2014年5月より再び住みます芸人に戻っている。
  17. ^ 2013年1月21日から2014年4月1日までは、東京都住みます芸人。三浦友加の後任として、山形県へ異動。
  18. ^ 就任に伴いコンビ名を笑照から改名。
  19. ^ 就任に伴いコンビ名を鴨川じゃんごから改名。
  20. ^ 解散。メンバーのうっほ菅原は千葉県住みます芸人を継続。
  21. ^ 就任に伴いコンビ名をハイエナブルクから改名。
  22. ^ 2017年5月までは愛知県住みます芸人で、着任に伴いコンビ名を「いわしてんぐ」から変更
  23. ^ 着任時に芸名を「ハンガリアン」から変更。
  24. ^ 引退のため。前迫は継続。
  25. ^ 旧コンビ名は「からくりタンバリン
  26. ^ よしもとネタネットワークの略だが、ロゴは「CNN」をもじったものが使われている。
  27. ^ 日によっては活動により休止することがある。また22時に限らず、特別企画として配信を行うことも少なくない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]